OutlookのHotmailとは?使い方、設定について説明します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hotmail(Outlook)について

HotmailというのはMicrosoftが運営する無料の個人用Webメールサービスで、以前の呼称で、今は「Outlook.com」に名前が変わりました。

Microsoftは、クラウド型メールサービス「Outlook.com」を正規サービスとして提供を開始し、Hotmailを利用していたユーザーは、Outlook.comのwebサービスにグレードアップされましたが、今もHotmail のメールアドレス(1年以上サインインしていないと削除されています)で、Outlook.comにログインして利用する事ができます。

このメールソフトの特徴は他のマイクロソフトの純正ソフトと連携の相性がいいということ、多くのメールチェックをこなすユーザーにとって会社でも自宅でも使い慣れているので不便を感じにくいところがメリットです。

Outlookで管理できるマイクロソフトのメールサービスとしてユーザーが取得できるメールアドレスは、主にドメイン部分が”hotmail.com”あるいは”outlook.com”と”outlook.jp”となります。

マイクロソフトのサイトで作成したメールアドレスや、フリーメールはメールソフトであるoutlockで複数のアドレスの送受信を管理することができます。

270日以上サインインしない場合は一時的にメールアドレスが利用できない状況になり、メールボックスのメールも自動的に削除されるようになり、また更にそこから1年サインインしない場合はアカウントを削除されてしまいます。アカウントが削除されると永久的にそのメールアドレスは使う事が出来なくなります。なお、有料版のアカウントを利用しているのであれば、この制限はありません。

また最近では、ブラウザでサインインすることでいつもとは違うパソコンでも送受信が簡単にできるweb版のoutlockもあります。

スマートフォンやタブレットなどメールソフトをインストールしていない端末でも、メールの作業がやりやすくなっているのです。

web版ではログインできるアカウントは基本的に1つですが、その他のアドレスを登録することができ、ブラウザ環境下でも複数のアドレスの管理が手軽にできるようになっているのです。


Hotmailの使い方

使用に関しては、個人の私的な使用に限られていますので、使用条件を良く見てから利用しましょう。

インターネットに接続できるパソコンさえあれば、家族一人に一つずつ個別のメールアドレスを取得できます。無料で登録、利用ができますが、有料版にすることでウイルス対策、容量を増やす、広告を非表示にできるなどのサービスも用意されています。

利用するには、ブラウザから使えるのと同時に、今お使いのメールソフトでメールの送受信を行う事ができます。

また、スマートフォンやタブレットの標準のメールソフトでも使う事ができます。登録すると固定メールと同じようにホットメールを扱う事が出来るようになるので、固定メールは標準メールソフトで、フリーメールはブラウザで使うといった使い分けも必要なくなります。


Hotmailの設定

基本的な設定方法は以下

・Hotmailを使いたいデバイスのメールアプリを起動し、設定画面を呼び出します

・「アカウントの追加」をクリックします

・HotmailのID(メールアドレス)とパスワードを入力してサインインします

パソコンのメールソフトなどで必要な情報は以下

・IMAP

サーバ名  imap-mail.outlook.com

ポート    993

・POP

サーバ名  pop-mail.outlook.com

ポート   995

・SMTP

サーバ名  smtp-mail.outlook.com

ポート   587

2016年6月ごろから、メールソフトでの受信(POP)が繋がらなくなる現象が発生しているようですが、Outlook.comのアップデートに伴い設定が変更されてしまい起きているようなので、もしPOP を使用してメッセージを取得するときに、エラーが表示される場合はまずOutlook.comのwebサイトにサインインしてPOP 設定を有効にしてください。

また、覚えがないのに広告メールが届いたりするなど、迷惑メールの受信を防ぎたい場合には、受信拒否の設定も出来ます。「受信拒否リスト」にメールアドレスを登録すると、登録したメールアドレスからのメールは、迷惑メールと判断され、自動的に削除されるようになります。


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。