偏差値の平均について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

 

 

偏差値の平均について

学力と偏差値は同じだと言われています。ですから、偏差値が高ければ高いほど優秀であり、人よりも秀でている証拠だと言えます。偏差値の平均とはを述べる前に1つの疑問があります。それは、偏差値に平均があるのかどうかと言うことです。単刀直入に言いまして、偏差値の平均はあります。例えば、数学で平均点が60点だとします。60点を取ったのでしたら偏差値の平均は50です。この偏差値の平均の50を基準として考えます。

もし数学で70点以上を取ったのでしたら偏差値は60以上が考えられます。80点以上ならば偏差値は70以上と言えます。偏差値が高ければ高いほど学力は比例して高くなります。

上記は数学についてですが、テストを受ける時は数学以外に英語や国語など複数の教科を受けます。その複数の教科の平均点を元に総合の偏差値の平均が決まります。

もし総合の偏差値の平均が50ならば人並みの学力であってあまり評価されません。それが60や70以上ならばそれだけ平均の偏差値が高く評価の対象になります。対象になることで志望校の選択が増えて、それだけ合格率も高くなります。すなわち、偏差値の平均を明確にすることで今の学力や将来入れる学校が分かってしまう客観的評価の材料と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。