ハローワークでは新卒向けセミナーもある!職業訓練やジョブカードをうまく活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒向けのハローワークについて

ハローワークというと、ある程度の年齢が上の人が利用するイメージかもしれませんが、新卒の学生などに関してもハローワークを利用するケースは多々あります。
それはハローワークがそういった人たちに向けたサービスもしているからということが言えますけど、今は若い人たちも職を探すためにハローワークを利用する時代なのです。

実際、ハローワークでは学生や卒業後3年以内などの人たちに対しての支援を行っており、そういったケースは「新卒応援ハローワーク」と呼ばれていたりします。
こうした新卒向けのハローワークを利用することで、仕事を見つけられる可能性が高まると言えますから、若い人たちにとってもハローワークという存在は非常に大きいと言えると思います。


ハローワークのセミナーとは

新卒向けのハローワークで行われているセミナーはいろいろな種類のものがあります。
一般的な新卒の就活におけるセミナーと大差はないかもしれませんが、それがハローワークでも受講できるということで、チャンスが増えるのは意味があると言えるのです。
それにセミナーの種類自体は類似のものがいくつかあっても、こういったところでしか得られない情報もあるかもしれませんから。

よくある内容としてはカウンセリング、マナー講座、面接対策、適性検査などのもので、こういったセミナーに参加することで、就活をしていくうえで必要な心構えや考え方に関して知識を深めることができると思われます。
ちなみにハローワークでのセミナーに関しては服装は必ずしもスーツでなくても良いので、そこは参加しやすい雰囲気というのがあると言えます。

ハローワークの職業訓練などの訓練について

ハローワークで行われている職業訓練は在職者、離職者などに対するものもありますが、学卒者向けのものも存在しています。
ハローワークでの職業訓練については、就職に有利になるような資格を取ること、または実技を身に付けることを目的としています。

職業訓練というのは、職探しをする際に確率を少しでも上げられるようにという目的があるので、そういった点について特に重きが置かれています。
具体的な取り組み方としては、資格取得などが可能な学校に通ったりして、そこで講習を受けて特定の資格、技能を身に付けるということが行われています。
ハローワークの訓練施設があるので、そこに通いながら自らの能力面を高めていくということになるのです。

ハローワークで職業訓練の講習を受けて、そこから勉強をして特定の資格や技能を身に付けることができれば、その資格や技能に直結する業界への就職がしやすくなると言えるでしょう。
したがって、職業訓練を受けることで自分の就職への道がより開かれる可能性があるわけですから、本気で就職をしたいと考えている人に関しては、利用価値は高いと言えるのではないか?と思います。

また、ハローワークで職業訓練を受けている人は多くいるため、同じ目標に向かって同じような努力をしている人が他にも大勢いることが分かります。
だからこそ、そういった状況が自分にとって訓練を受ける際のモチベーションのアップにつながる可能性もあるのです。
真面目に訓練を受けて、自らの価値を高めようと思えるのではないでしょうか?


ハローワークのジョブカードとは?

ジョブカード制度というのは、求職者のこれまでの職歴、職業訓練の実績、免許や資格など、就職をするために評価される可能性がある要素についてまとめたカードであり、就職活動をする際に自らのアピールをすることができるとされています。
ジョブカードを作るためには、ジョブカフェやハローワークに行って、そこでキャリアコンサルティングを受ける必要がありますが、発行自体は難しいものではありません。

そして、ジョブカードの発行とは別に職業能力形成プログラムを受けることができるケースもあり、それを利用することで実際に企業で実務を積むことができるのです。
企業で実際に働く経験ができれば、それ自体が1つのキャリアにもなるので、求職者にとっては非常に重要な意味を持つとされています。
さらに企業から評価ポイントなどが送られてきて、それもジョブカードに反映させることにより、より充実した職務経験を積み重ねていくことができます。

ジョブカード制度の内容は割と幅広いのですが、自分自身のアピールポイントとなる点をまとめることがまず重要で、さらに就職するのに有利な職務を経験することが可能になるという点も見逃せません。
ジョブカード制度を利用すると、少なからず就職に有利になることは言えると思いますから、ハローワークやジョブカフェを利用してジョブカードを発行してみるということも考えてみると良いと思います。

厚生労働省のホームページにアクセスして、必要な書類を見つけて記入をしたら、ハローワークやジョブカフェでキャリアコンサルティングを受けましょう。
ジョブカードから就職先が見つかるということもありますから、これは多くの求職者がぜひ有効活用してもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。