初めてのハローワークの持ち物や服装は?土日・休日・年末年始の営業や時間をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん。ハローワークも行かれたことあるでしょうか。
公共職業安定所、いわゆる職安と略されます。この言葉の方が馴染みのある方もいるかと思います。
現在ではネットを中心にハロワという略語も定着しつつあります。

また、ハローワークの頭文字のイニシャルを取って、HWと呼ばれることもあるようです。
今回は初めてハローワークに行かれる方に向けて、様々なことを書いていこうと思います。最後までお付き合いくださいませ。

初めてハローワークを利用する時の持ち物や服装は?

初めてハローワークに行かれる方、その理由は失業した、ブランクがあって就活したい、転職希望など、様々でしょう。
持ち物は筆記用具、運転免許証,健康保険証などといった自分の公的証明書も必要になります。
年金手帳でもOKです。退職した、失業した場合には退社した会社の離職票や雇用保険証も必要になってきます。

また、服装は本当に自由です。中にはジャージやスウェットっぽいスタイルの方もいらっしゃいますよ。
ただ、転職志望の方は男性女性ともにオフィスカジュアルが無難じゃないかな、と思います。


初めてハローワークを利用する時の注意点

特に重要なのが、自分の住んでいる地域の最寄のハローワークがどこになるのかです。政令指定都市の中でも住んでいる区によって場所が全く異なることもザラです。

また、○○市や○○町といったところが、同じ最寄のハローワークということもよくあります。この場合は、大抵隣町同士といったことが多いです。
また、同じ市でも住んでいる地区・地域でハローワークの担当地区が区切られることもあるので、要チェックですよ。

また、ハローワークは公共職業安定所というので、ズバリ、お役所と同じです。公務員や行政になります。縦割り行政かつ組織、お役所仕事になります。最悪の場合、手続きまで2時間かかることも珍しくはないです。なので、ある程度時間に余裕を持たせて利用したほうがいいと思います。

初めて利用する場合は雇用保険の手続きや離職の手続きのことも多いかと思うので、尚更です。書類を数枚書かされることも多いです。(例;求職手続きは前職何をしていたか、
希望職種についての記入もあります。転職活動に向け、プライベートの今後の予定を書かされたり(例えば、結婚や介護について聞かれます)退職後の直近の収入についての記入は大変重要です。)さらには、ハローワークに求職登録も転職活動を行う場合には、必要になってきます。これさえあれば、2回目以降は専門のパソコンでハローワーク求人の検索も自由です。

また、求職登録してすぐに、求人の検索のも可能ですよ。
タッチペンで求人を検索する形になります。インターネットでもハローワーク求人の検索は可能です。


ハローワークは土日・休日の営業について

土日・休日の営業については、場所によっては、月一度土日・休日の営業はある所はあります。
都市部ほど土日・休日の営業は多い印象はあります。ただ、基本は平日と思っていた方が良いですよ。

また、土日・休日は営業時間が短縮されていることもよくあるので、ハローワークのホームページでも確認は可能ですし、
土日・休日の営業は何月何日と指定していますよ。更には、土曜日が比較的多く営業されている印象は受けます。

ハローワークの営業時間について

営業時間は8:30~17:30のことが多いのですが、
地域によってもまちまちで、都市部ほど夜間も営業していることも多いです。

また土日・休日の営業に関しては、8:30~17:30の時間帯と比較して、時間短縮して営業していることの方が多いでしょう。午前中のみ、~14:00までのことも多々あります。

今回は初めてのハローワークの持ち物や服装は?土日・休日・年末年始の営業や時間をご紹介!について解説させていただきました。
参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。