2018年のゴールデンウィークはどこに旅行する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク 2018について

2018年、ゴールデンウィーク期間中の気象庁の予測によると全国的に気温は平年を上回る予想がされていて、春のお出かけにぴったりな気象状態になりそうです。今年のゴールデンウィークの期間は、4月28日土曜日から4月30日月曜日までの3日間と、5月3日木曜日から5月6日日曜日までの4日間で、あいだの2日間が休める方は最大9連休の大型連休を取ることができます。
全国ではたくさんのイベントが行われる見込みで、例えば九州の福岡県福岡市では、博多どんたく港まつりが行われますし、中之島まつりが行われますし、他にも地域の地区レベルから、市のレベルでもたくさんのお祭りが行われます。


2018年ゴールデンウィークの過ごし方は?

さて、ゴールデンウィークといえば普段地元を離れ県外で働く東北や四国や九州と沖縄県などの地方出身の人たちにとっては数少ない里帰りの機会です。里帰りすれば同じく里帰りで戻ってきた、幼なじみや小中高の同級生たちと再開して食事に行ったり遊びに行くこともあるとのではないでしょうか?。

また、家族連れの場合は子供を連れてイベントや遊園地や水族館などに出かけたり、親を連れて自然の多い地域へ観光へ行きゴールデンウィークを利用した親孝行をする機会であるかもしれま

2018年ゴールデンウィーク海外旅行はどこへ行く


日本人の海外旅行と言えば昔からハワイが定番ですが、最近では日本人の海外旅行の嗜好の多様化や、アジア各国の発展による観光地の多様化の為、海外旅行をする人たちの目的地は分散化する傾向にあります。
2018年ゴールデンウィーク、どこを訪れたら良いかいくつか例を出してみましょう。
「台湾をおすすめする理由」日本人にとって台湾は訪れやすいアジアの国です。まず食べ物が美味しいという点で、台湾では日本人がイメージする中華料理の多くのメニューを食べることができるのが大きなおすすめポイントになります。また、日本と比べると為替の都合で物価が安いので同じ金額でもたくさんの物を買えたり食べられたりするのでお得に感じるのもいいポイントです、そして同じ漢字圏ということもあり、町中の漢字やレストランでのメニューも読むことができるというのも観光客には嬉しいポイントです。

「ハワイをおすすめする理由」日本人にとっての憧れである、アメリカ文化と南の島のハワイアン文化という2つの文化が合わさった島々であるハワイ諸島は、昔から日本人にとっての夢の島だといえます。日本人が多く訪れる海外観光地でありハワイには毎年100万人以上の日本人が観光へ訪れています。ハワイ旅行の良いところはお手軽だという点で、日本からは毎日ハワイ行きの旅客機が飛び立っています。その為たくさんの選択肢の中から航空会社や好みの時間に出発する飛行機の便を選ぶことができます。ですから、ゴールデンウィークの前日の仕事終わりに空港へ向かい出発することも可能です。ハワイは小さな島ですが魅力は山盛りで、食事はアメリカの影響を受けているハワイ料理や、ステーキなどがおすすめで日本食を食べることも可能です。また、アクティビティも豊富でイルカウォッチング、シュノーケリング、ヘリコプターでの遊覧飛行が体験できます。あるいは単にビーチで寝転がるだけでも良いでしょう。


2018ゴールデンウィーク国内旅行のおすすめ

ゴールデンウィークは国内旅行もおすすめです、国内旅行のおすすめの場所は福岡と沖縄と鹿児島です。
この2つの地域は日本人以外にも人気の観光地で、ゴールデンウィークの思い出つくりにとてもいい場所だからです。
2018年のゴールデンウィークになぜ訪れるべきなのか、解説します。

福岡をおすすめする理由

今、福岡は日本で最も勢いのある街だと言われています。福岡には九州各地や中国地方から若者たちが進学や就職で流れ込み、福岡を若者の多い街にしています。福岡の繁華街である天神を訪れると若者たちが多いことに驚かされます。また、福岡は美食の街であることでも知られ、モツ鍋、トンコツラーメン、博多水炊き、焼き鳥などで知られています。

また、福岡市はコンパクトな街であり、観光で二泊三日で訪れて見て回るのにちょうどいい規模の街です。観光地としては九州随一の水族館であり素晴らしいイルカショーのあるマリンワールド海の中道、それから北九州市にあり、スペースワールド駅すぐそばにあり、子供の大好きな恐竜や哺乳類についての展示がとても詳しいのいのちのたび博物館がおすすめです。

また、ゴールデンウィーク期間中の5月3日と4日には博多どんたく港まつりが行われます。

沖縄をおすすめする理由


沖縄県は日本国内の南の島です。沖縄はとても温暖で3月にはすでに海開きが始まり、4月末には沖縄のほとんどすべてのビーチが海開きを終えます。
沖縄県はもともとアジアから影響を受けた食文化があり、豚肉を余すところなく使った料理でミミガーやチラガーなどの文化があり、ラフテーや沖縄そばなど、沖縄グルメがありました。

そしてアメリカの統治時代の影響によりさらに沖縄の食文化は影響を受け、アメリカのようにステーキを食べる文化やハンバーガーを食べる文化も沖縄の文化に溶け込んで来ました。現代の沖縄の食文化は多様性に富んでいて、アジアアメリカ日本の影響を受け、とても魅力的なものになっています。飲食店以外にも地元スーパーを訪れるというのがおすすめです。というのも沖縄は食文化で日本の他の地域と違い、地元の食品メーカーの作っている商品が他の地域と比べてたくさんあります。それらはお土産に買ったりあるいは見るだけでも楽しいです。

また、観光地も定番の首里城や美ら海水族館以外にもいろいろあります。ゴールデンウィークの機会を活かしてぜひ沖縄を訪れて見てほしいと思います、おすすめです。

鹿児島をおすすめする理由

 

鹿児島は今年の大河ドラマの舞台の県です。また、春の行楽シーズンに訪れるのにうってつけな、自然の魅力あふれる屋久島や霧島や奄美大島など、人間の手の入っていない自然が豊富な県です。また、他の旅人や人口の少ない離島がたくさんあり、世間の喧騒から逃れる事ができるのも魅力です。また、大河ドラマで舞台となった仙巌園や、鹿児島市の観光地や世界有数の活火山である鹿児島湾に浮かぶ桜島に約15分で行くことができる鹿児島市営のフェリーがあり訪れる事ができるのもなかなかできない体験でおすすめポイントです。
また、鹿児島県は、豚肉、黒毛和牛牛肉の生産量が1位の県であり有名な黒豚のしゃぶしゃぶや、生産地なので安く美味しい黒毛和牛の焼肉を食べることができます。また、温泉も有名で霧島温泉や、指宿温泉以外にも鹿児島県全域に温泉が存在していますから、旅の疲れや日頃の疲れを落とすのにいい場所だと言えます。

まとめ

ゴールデンウィーク期間中は観光地はどこも混み合いますが、ゴールデンウィーク期間中でないとなかなか休みが取れない人も多いと思います。今年のゴールデンウィークは全国的に天気に恵まれるという予測が出ていますので、今まで行きたいと思っていた場所にお出かけしてみてはどうでしょうか?春は行楽シーズンで、遠出するのにとても向いている季節です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。