ゴールデンウィーク(GW)は沖縄旅行!気になる混雑具合と天気・気温や格安ツアーなどを調べました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク沖縄の混雑しないスポットは?

毎年大型連休がとりやすいゴールデンウィークには、家族や友達同士のグループなどで沖縄旅行に出かけることもあるでしょう。

ゴールデンウィークには、沖縄にある観光スポットも大混雑が予想され、混雑というとその場所に大勢の人が集中して、見たいところや遊びたいことができないなどをイメージしますので、それなりの広さがあり、観光客が分散されるようなスポットを選ぶと集中した混雑をさけて楽しめます。

沖縄県うるま市にある「亜熱帯の森で遊ぶ、学ぶ」をコンセプトにしているビオスの丘がおススメです。
ビオスの丘は3世代で楽しめる大自然を活かした植物園で、約7万5千坪という大スケール敷地となっているため、一箇所に観光客が集中することがないので、のんびりと沖縄の自然に触れ合うことができます。

18種類ほどの見て、触れたり乗ったりできるなどさまざまな体験プログラムを用意しており、お子さんたちに人気の沖縄のヤギや牛などの動物と触れ合うコーナーもあるので、家族みんなで楽しめるのがポイントです。

中でも、ジャングルクルーズが一番人気のプログラムで、ユニークなガイドの説明を聞きながら、亜熱帯の植物や森に生息する動物を鑑賞でき、水牛車では話の愉快なガイドさんとともに沖縄ならではの体験ができます。


ゴールデンウィークの沖縄の天気・気温は?

沖縄県は、亜熱帯性の温暖湿潤気候なため、高温多湿で年間降水量は2,000mm以上、そして年間平均気温は約22°Cとなっているのが特徴です。
陸地面積が狭くを美しい海に囲まれていることから、亜熱帯性であっても真夏の時期でも、35℃を超えるような猛暑日がほとんどなく、むしろ大阪や東京などの都心部の方が猛暑日が多くみられます。

ゴールデンウィークは、基本的には21℃から25.5℃ほどが平均気温となっていて、最高気温でも24.5℃から29.5℃の範囲内で、雨が降った場合でもスコール程度なので、1日中降り続くということはほとんどない天候です。

そのため、旅行中の日中の服装は半袖と半ズボンなど夏のスタイルで過ごすことができ、日差しが強い場合や夜間に冷える場合もあるので、薄手のカーディガンを1枚用意しておくと、日よけにも使えるので便利です。

沖縄本島のほとんどのビーチでは、ゴールデンウィークの頃までには海開きを済ませているので、海水浴を楽しむ人の姿も多く、ひと足早く夏のビーチリゾートを満喫できるでしょう。


ゴールデンウィーク沖縄格安ツアーはある?

ゴールデンウィーク中の沖縄旅行には、旅行会社のパッケージツアーであれば、航空券とホテルとを別に予約するよりも安い旅ができます。
格安ツアーには、東京羽田発や大阪発などのLCC航空を利用し、少しランクの高いホテルがセットになったパッケージが人気です。

ツアーの中には、沖縄本島だけでなく、ミシュランガイドで3つ星に選ばれた美しい海が自慢の川平湾で有名な石垣島やロマンチックなサンセットを眺められるリゾートタイムを楽しめる宮古島、美しい光を発するクメジマボタルを鑑賞できる久米島などの離島への格安ツアーもあります。

そのほかにも、人気ホテルの珊瑚の石垣に囲まれた伝統建築を採用したラグジュアリーホテルの星のや竹富島や、露天風呂などの温泉が楽しめる琉球温泉瀬長島ホテル、目に前に青く輝く海を一望できるリゾートのザ・ブセナテラスなどのホテルをパッケージにしたツアーも注目です。

それぞれの旅行会社で、コストパフォーマンスに重視したお得なツアーやちょっとゴージャスなホテルと組み合わせたリッチなツアーなど、ゴールデンウィークの家族旅行や女子会旅行に最適なパッケージを用意しているので、自分の予算や目的にあったツアーを選択できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。