2018年ゴールデンウィーク(GW)はいつ?終了日は?おすすめの海外旅行先や海外ボランティアとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークについて

ゴールデンウィークは、日本における大型連休のひとつです。
各年の4月下旬~5月上旬に集中している祝日に、土・日曜の休日を合わせ、長期的な休暇が生まれます。
ゴールデンウィークに含まれる祝日は、4月29日の昭和の日・5月3日の憲法記念日・5月4日のみどりの日・5月5日のこどもの日です。
合間に平日を挟んで休みが途切れるのを防ぐため、休暇を申請するケースもみられます。

また日曜日と祝日が重なった場合、振り替え休日となった平日も、ゴールデンウィーク期間に含むのが一般的でしょう。
以前は平日と祝・休日が交互に訪れるため、『飛石連休』ともよばれました。

しかし1985年、国によって5月4日が国民の休日(現在のみどりの日)と定められたことにより、休みが連なりやすくなり、飛石連休という表現は次第に減っていきました。
ゴールデンウィークという名付けに関しては、1951年のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画作品が大ヒットしたことに由来しているとする説。

または、ゴールデンウィーク期間のラジオの聴取率が非常に良かったため、その週を「黄金週間」とよび、後に英語読みに変えたとする説があります。
大型の連休が少ない日本では、1年間で最大の連休として扱われることが多く、ゴールデンウィークに長期的な旅行やボランティア活動を行う人も珍しくありません。


2018年ゴールデンウィークはいつ?終了日は?

ゴールデンウィークは、その年によって期間が異なります。

また平日に休暇を申請したり、個人の休暇の形態により期間はまちまちになりますが、目安となる開始日や終了日は存在します。

それでは2018年度の場合、ゴールデンウィークの期間はいつからいつまでになるのでしょうか。
2018年のゴールデンウィークの開始日は、4月28日の土曜日です。この翌日、29日の日曜日が昭和の日と重なっていますので、30日の月曜日は振り替え休日となります。
4月28日(土)~30日(月)までが3連休となり、5月1日(火)・2日(水)は平日。5月3日の木曜日は憲法記念日、4日の金曜日はみどりの日と祝日が並びます。そのまま5日・6日は土日に入りますので、5月3日(木)~5月6日(日)の期間は4連休ということになります。
5月7日の月曜日からは通常日程に戻るため、ゴールデンウィークの終了日は5月6日の日曜日です。
総合すると、2018年度のゴールデンウィークは4月28日から5月6日まで。中日の平日2日間を休みに出来るのであれば、最大9連休の取得が可能になります。

・4月28日(土)
・4月29日(日)/昭和の日
・4月30日(月)/振替休日
・5月1日(火)
・5月2日(水)
・5月3日(木)/憲法記念日
・5月4日(金)/みどりの日
・5月5日(土)/こどもの日
・5月6日(日)


ゴールデンウィークのおすすめの海外旅行先は?

ゴールデンウィークに、海外旅行をしようと考える人は多いでしょう。
候補地は多々ありますが、ゴールデンウィークだからこそ楽しめる、おすすめの旅行先がたくさんあります。

○オランダ

オランダのリッセにある『キューケンホフ公園』は、世界的に広く知られた観光スポットです。
3月中頃~5月中頃にのみ一般開園され、様々な球根花を見ることが出来ます。
4月後半辺りからチューリップが最盛期を迎えるので、ゴールデンウィークの旅行先に向いている場所です。
毎年モチーフを変えて造園が行われるので、ゴールデンウィークごとに、新しい景色を楽しめます。

○オーストラリア

ゴールデンウィーク期間である5月頃から、日本では夏に向かい、徐々に気温が上がっていきます。
一方、南半球のオーストラリアでは5月に秋を迎えるので、快適な気温で旅行を楽しむことが出来ます。
また日本との時差が少ないため、帰国後に時差ボケになる可能性も非常に低いです。

○タイ

ゴールデンウィーク期間のタイは暑気にあたり、気温が高く、降水確率が低くなります。
日本の夏と近い気温で雨が少ないため、ダイビングなど海に入ることが可能。
一足早くマリンレジャーを楽しめるうえ、比較的短時間で渡航出来る点も人気になっています。

ゴールデンウィークの海外ボランティア参加について


海外でボランティアに参加する場合、各国への渡航時間などを踏まえ、ある程度まとまった期間が必要になります。
ゴールデンウィークは日本最大級の連休ですので、学生や社会人にとっても、ボランティアを行うのには適しているでしょう。

ボランティア活動では、当然ですが報酬がないのに加え、渡航費などを自費で支払う必要があるため、ゴールデンウィーク前に資金を用意しておくことも重要になります。
一口に『海外でのボランティア』といっても種類があり、農村施設の修復や修繕・リノベ―ション、清掃活動に炊き出し、農作業や交流会、被災地支援など国や地域によって様々です。
ボランティア団体主催のものもあれば、ボランティア活動を趣旨とした旅行ツアーとしてプランが組まれているものもあります。

また海外ボランティアを目的とした渡航である場合、割引が適応されることもあるので、プランナーとの打ち合わせはしっかりと行った方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。