2018年ゴールデンウィーク渋滞予想をご案内します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク2018渋滞予想!

待ちに待ったゴールデンウィークが今年もやってきます。
4月に新学年、新社会人となり、溜まった疲れや緊張をほぐしたいという方も多いのでは?

しかし、楽しいはずの大型連休も、長い渋滞に悩まされてかえってグッタリ……となってしまっては本末転倒。
渋滞予想に関する情報はこまめにチェックし、快適なゴールデンウィークに向けて準備万端、整えていきたいところです。
そこで、この記事では最新の渋滞予想情報についてまとめたいと思います。


最新の渋滞予想を知るには?

渋滞予想を知る上で最も信頼がおけるのは、「JARTIC日本道路交通情報センター」の公式ホームページです。
(http://www.jartic.or.jp/jartic_web/info/congestions.html)
ラジオの交通情報などで、その名を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

この記事を執筆している2018年4月2日現在、4月30日(月・祝)までの渋滞予想が公開されています。
高速道路と一般道に分けて予測がまとめられているので、ご自分のプラン・ルートに沿って検索してみるといいでしょう。
ここでは、国内で遠出することを想定して、全国の高速道路の渋滞状況をチェックしていきたいと思います。

4月28日(土)の渋滞予想


今年のゴールデンウィークは、休みがカレンダー通りであれば一般に4月28日(土)からスタートするという人が多いことでしょう。
そこで早速、4月28日(土)の渋滞予想をチェックしてみたいと思います。
特に目立つ20km以上の渋滞予想はこちら。

・東名高速道路下り大和トンネル付近5:00~13:00ピーク:7時20km東京IC→海老名JCT

ゴールデンウィークの渋滞情報で必ずといっていいほど耳にする「大和トンネル付近」の渋滞ですね。
関東地方から西へ向かう人たちの混雑状況と思われます。
通常12分かかるところ、所要時間は48分となっています。

・名神高速道路(東名高速道路)下り尾西BS付近6:00~14:00ピーク:8時20km小牧JCT→(東名高速道路)岐阜羽島IC
・東名阪自動車道下り鈴鹿IC付近4:00~19:00ピーク:7時20km桑名IC→鈴鹿IC

こちらは中部、関西からの混雑状況です。
全国では、この東・名・阪の3箇所が最大20kmの予想となっています。

4月29日(日)の渋滞予想

続いて4月29日(日)の渋滞予想をチェックしてみます。
特に目立つのは下記の区間。

・東北自動車道上り加須IC付近15:00~21:00ピーク:17時25km岩舟JCT→加須IC
・関越自動車道下り高坂SA付近6:00~12:00ピーク:8時20km所沢IC→東松山IC
・常磐自動車道下り友部JCT付近7:00~13:00ピーク:10時20km土浦北IC→友部JCT
・中央自動車道上り高井戸出口付近15:00~20:00ピーク:16時20km八王子IC→高井戸IC
・中央自動車道上り小仏トンネル付近15:00~23:00ピーク:19時25km大月IC→八王子JCT
・中央自動車道下り相模湖IC付近5:00~13:00ピーク:8時25km国立府中IC→相模湖IC
・東名高速道路上り大和トンネル付近14:00~23:00ピーク:18時30km大井松田IC→横浜町田IC
・東名高速道路下り大和トンネル付近5:00~14:00ピーク:8時25km東京IC→海老名JCT

20kmを超える予想は以上の8件です。
5kmを超える渋滞の件数も、前日より多くなっています。
東名高速道路では上下線ともに25kmを超える渋滞が予想されており、覚悟が必要かもしれません。
しかも上り線では、次の区間でも15kmの予想が出ています。

・東名高速道路上り大井松田IC付近16:00~22:00ピーク:18時15km御殿場IC→大井松田IC

通行を予定されている方は、いっそうの注意が必要です。


4月30日(月・祝)の渋滞予想

さらに4月30日(月・祝)の渋滞予想も見ていきましょう。
この日は前日の「昭和の日」の振替休日であり、祝日がお休みでない方にとってはお仕事かもしれません。
果たして渋滞は緩和されているのでしょうか……?

・東北自動車道上り加須IC付近14:00~21:00ピーク:17時30km栃木IC→加須IC
・関越自動車道上り高坂SA付近14:00~22:00ピーク:17時35km本庄児玉IC→鶴ヶ島IC
・常磐自動車道上り千代田石岡IC付近16:00~21:00ピーク:18時20km友部JCT→土浦北IC
・京葉道路上り幕張IC付近14:00~21:00ピーク:18時20km蘇我IC→花輪IC
・中央自動車道上り小仏トンネル付近12:00~23:00ピーク:16時25km大月IC→八王子JCT
・東名高速道路上り大和トンネル付近14:00~23:00ピーク:18時35km御殿場IC→横浜町田IC

緩和されるどころか、悪化しているようです。
関越自動車道の上り、東名高速道路の上りではついに35kmに!
いずれも通過するには1時間、1時間半の忍耐が求められそうです。
翌日の5月1日(火)はメーデーでお休みという方もいらっしゃるかもしれませんが、暦の上では平日。
おそらく行楽に「行く」客に、行楽から「帰る」客も加わって、混乱を極めることになるのではないでしょうか。

なお、当然のことながら、この予想には偶発的な事故に伴う渋滞が含まれていません。
普段、運転するのに慣れていない人まで運転するとなれば、あなた自身がどれだけ気をつけていようと、どこか別のところで事故が起こらないとも限りません。
事故が起こった場合、さらなる長時間・長距離の渋滞が見込まれます。
常に最新情報のチェックを心がけてください。

結局、いつ行けばいいの?


この記事を執筆している現在、5月1日(火)以降の渋滞予想は、日本道路交通情報センターからは発表されていません。
お出かけ前には、5月1日以降の予想情報をチェックしていくといいでしょう。
前述したように5月1日(火)はメーデー、さらに5月2日(水)に休暇を取得することができれば、最大で9連休までの確保が見込める今年のゴールデンウィーク。
日を経るごとに、混雑状況はますます悪化の一途をたどることと思われます。

ただ、少しでも渋滞を回避するには、もう一つの手があります。
それは、平日である4月27日(金)に休暇を取得するか、仕事を終えた後に出発するパターンです。
この日の渋滞予想をチェックしてみると、なんと20km以上の予想が一件もありません。
目立つ渋滞は下記の通り。

・中央自動車道上り高井戸出口付近6:00~14:00ピーク:7時15km国立府中IC→高井戸IC
・東名高速道路上り東京IC付近5:00~11:00ピーク:7時10km横浜青葉IC→東京IC
・東名阪自動車道下り鈴鹿IC付近15:00~19:00ピーク:16時10km四日市東IC→鈴鹿IC
・東名阪自動車道上り鈴鹿IC付近14:00~20:00ピーク:16時10km亀山IC→四日市IC

前述した4月29日(日)の渋滞予想に比べると、だいぶマシに見えますね。
何事も「善は急げ」ということでしょうか。
ゴールデンウィークに旅行を計画されている方は、早めの出発をオススメします。

といっても、急ぎすぎてスピード違反にはくれぐれも注意してくださいね。
安全運転で楽しいゴールデンウィークを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。