ゴールデンウィーク(GW)は北海道にいきたい!天気や気温は?混雑しない穴場の旅行先やツアーをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークの北海道のおすすめの旅行先は?

ゴールデンウィークで時間がある時こそ満喫できる旅行先はズバリ北海道です。羽田空港からは飛行機で約1時間半程度であるにもかかわらず、広大な自然を満喫できる非日常を体感することが出来るでしょう。

では広い北海道の中からおすすめを幾つか紹介しますと、まずは旭川エリア。
日本の動物園の常識を変えた存在として世界的にも有名な旭山動物園はいかがでしょうか?ちょうどゴールデンウィークから夏季営業がスタートし、野外の展示スペースで多くの動物がご覧になれるほか、クジャクやカピバラなど冬には見ることが出来なかった動物を間近で見学することが可能です。

次は一気に知床まで足を伸ばすのも良いでしょう。世界自然遺産の知床ではゴールデンウィークでもまだ雪が残っている箇所があり、知床五湖や知床連山など澄んだ空気の中で絶景を楽しむことが出来ます。運が良ければ移動中にキタキツネやエゾシカを見ることが出来るかもしれません。

もう1つはちょうどゴールデンウィーク頃が桜の見ごろとなる北海道、南部の静内町にある二十間道路桜並木はいかがでしょうか?直線7キロに渡る桜並木は日本一とも言われており、約3,000本もの桜は圧巻です。


ゴールデンウィークの混雑しない北海道の穴場の旅行先は?

ところで広い北海道とは言えゴールデンウィークには前述のエリアですと混雑していることが多く、付近では渋滞もあちこちで見られます。混雑しない穴場をお探しの方におすすめの情報をお知らせしましょう。

まずは札幌エリアで穴場と言えるところから、北海道開拓の村です。厚別区の野幌森林公園内にあるこちらの施設は明治から昭和へタイムスリップできるような景色が広がっております。その広さは東京ドーム約15個分であり、北海道の開拓時代の歴史的建造物が再現されているのです。朝の連続テレビ小説(朝ドラ)のロケ地にも使われており、馬車鉄道も運行しており落ち着いた雰囲気に包まれています。

次は十勝エリアで優雅に過ごせる十勝千年の森です。広大な自然をバックにセグウェイで散策できるのが魅力であり、雪解けで動植物の活動が開始したばかりの元気な様子をご覧になれます。

もう1つ、混雑しない穴場の中には春スキーという選択肢もあります。ニセコエリアのスキー場ならば広大な敷地でありますので混み合うことなくゆったりとスキーを満喫出来ます。

例年ゴールデンウィークまでは営業しておりますが、雪の状況など事前に確認してからお出かけになってください。


ゴールデンウィークの北海道の気温について

ではこの時期の北海道の気温はどうなのでしょうか?本州では夏のような暑さの日もあるだけに、軽装で良いのかと思ってしまいますがそこはやはり北の大地です。

まず注意していただきたいのが北海道の中でも気温差が大きいということ。天気予報では札幌を中心に紹介されますが、道東エリアや道北エリアでは気候が全く異なりますので必ずネットなどでピンポイントに訪れる場所の気温を確認しましょう。なお札幌の平均気温は5月上旬の場合に最高気温が15.9℃で、最低気温が6.9℃となっています。

日中は暖かく感じる日があるものの、朝晩は一気に気温が下がるというのがこの数字からもわかりますね。道東に行くとそれはさらに顕著になります。網走市の場合、同じく5月上旬の平均最高気温が13℃で、最低気温は3.9℃です。その年によっては雪がちらつく日もあるのが北海道のゴールデンウィークですので、事前の天気予報チェックは必須と言えます。

さすがにダウンコートまでは必要ありませんが、日中は軽装でも朝晩の為に羽織るものを用意しておくのがこの時期の北海道旅行では必須です。

ゴールデンウィークの北海道ツアーはある?


となるとゴールデンウィークの北海道ツアーはどのくらいあるのか気になるでしょうが、旅行会社では直前であってもすぐに予約できるほどたくさんのラインナップが用意されております。

例えば大手旅行代理店のツアーで3日間のプランでありながら、バスに乗って旭山動物園と富良野や美瑛エリアへ行きパッチワークの路を堪能。さらには札幌と小樽まで観光出来るという広大な北海道を一気に楽しめるツアーがあります。

次はひがし北海道エリアに特化したプラン。女満別空港に降り立ち、知床の大自然を堪能。ウトロ温泉に1泊し、知床半島クルーズ船に乗って遅い春を迎える世界自然遺産をご覧になり、その後は阿寒湖温泉へ。最終日には釧路湿原も見ることが出来る北海道の大自然を思う存分感じ取れる3日間です。

最後は南エリアのツアー。函館空港に降り立ち函館を観光して、松前城の桜を満喫。さらには五稜郭公園では五稜郭タワーの上から眺める桜も良いでしょう。本州とは1ヶ月から1ヵ月半ほど遅れて訪れるお花見シーズンだけに、今年2回目のお花見を北海道で楽しむというのも幸せですね。

また、飛行機移動の他に今では北海道新幹線を利用するツアーも多数ありますので、北海道旅行の楽しみ方はさらに多彩になったと言って良いでしょう。ゴールデンウィークだからこそ北海道で過ごしてみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。