ゴールデンウィークに行きたいおすすめの日帰り旅行先を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気候のよい時期になり、行楽にはピッタリの季節となるゴールデウィークは、みんなが待ちに待ったお正月以来の大型連休です。早くから楽しみにして予定を立てている方もおおいのではないでしょうか?そんなゴールデンウィークに旅行に行くにも予約のタイミングを逃してしまった、皆が一斉に移動するので遠隔地ではなく近場で済ませたいetcと言った方にぴったりの近場の日帰りで行ける観光スポットをご紹介させて頂きます。今回は関西近郊の日帰りスポットのご紹介です。

有馬温泉

大阪の中心から2時間もかからな程で行ける距離にあります。アクセスは有馬温泉行きのバスが大阪駅周辺から出ていたりしますので、交通の便は至って便利です。日本の三古湯に入る温泉で、古くは枕草子の三名泉に数えられ江戸時代には温泉番付の西の大関と格付けされたほど歴史ある温泉です。有馬温泉に行くと旅館やホテルが並ぶ温泉街になっています。ホテルや旅館は日帰りのプランを用意していますので、内湯に入ってそれからホテルや旅館で食事をとってゆっくりすることもできます。

そんな予約が捕れなかった方もご心配なく。有馬温泉では宿泊者の方も、日帰りの人も楽しめる外湯があります。お湯には「金泉」と「銀泉」の二種類があり、それぞれ特徴があるようなんです。「金泉」は色が茶褐色でタオルをお湯につけると赤褐色に染まってしまうほどです。鉄分を多く含み、腰痛や冷え性・関節痛・筋肉痛・末梢血行障害などに効果があり、

また塩分を含んでいるため肌の保湿効果が高いとされています。「銀泉」の方は炭酸ラジウム泉で血行改善をする効果があり、毛細血管の拡張により血流が増加する効果があると言われています。

また肌が滑らかなになる効果もあること、これは見逃せません。温泉街では入浴が終わった後には様々な店舗が並ぶ街で飲食やお買い物が楽しめます。家族連れで是非行ってみたいところです。便利でアクセスも良いので、移動しやすいスポットですね。


世界遺産 姫路城

2015年に平成の大修理を経て、大天守閣が新しく塗りなおした漆喰に包まれ、美しい姿に生まれ変わりました。江戸時代の創建当時はその美しい姿から別名「白鷺城」と呼ばれたほど美しい姿だったのです。が、長い時間改修前の黒く汚れた漆喰に覆われたお城の姿を見てきた市民からは、美しく改修したお城の姿があまりに白いので、「シロスギ城」と呼ばれたというエピソードがあるほど、姫路城は美しく生まれ変わりました。江戸時代初期に建築された天守閣や櫓が現存しているお城は日本には少なく、姫路城は国宝や重要文化財に指定をされています。門をくぐり、お城に近づいて行く道中は、まさに江戸時代へタイムスリップをした気分になることでしょう。

天守までの通路にはお城を守る仕掛けは随所にあり、江戸時代の城の様子が伺えます。あの徳川家康が一番可愛がった千姫も住んだ姫路城で江戸時代へタイムスリップしてみませんか?JR姫路城から見える距離にある姫路城はアクセスもよく、駅から目正面に見えるお城の姿は圧巻です。家族連れで是非訪れてほしいゴールデンウィークの日帰りオススメスポットです。

近江八幡商家建造物群

あまり有名ではない近江八幡ですが、とても由緒のある街となっています。近江八幡の街には古い商家が並ぶ街並みを後世している地域です。街の中にはお堀があり重要伝統的建造物群保存地区に指定をされています。豊臣秀吉の弟である秀次によって開かれた近江八幡は、楽市楽座が開かれ商業を発展させていったことに始まります。商家街の近くの八幡山のふもとには日牟禮八幡宮があり、この境内も八幡の伝統的建造物群を構成する要素の一つなって文化財に指定されています。

また商家の街並みの中に美しい洋館が時折見つかります。滋賀県で学校や様々な公共建築を建築したヴォーリズが設計をした洋館です。デザイン性に優れ、近江八幡の街並みに溶け込んでいます。商家巡りを終えたら、近くにある「ラコリーナ近江八幡」へ是非いってみてください。屋根には草が生えている独特の意匠を持つ建物はある滋賀県のお菓子屋さんの工房兼お店になっています。中では子供たちが喜ぶお菓子や軽食が販売されているので、家族みんなで楽しめる場所となっています。
ゴールデンウィークの日帰りスポットとして、とてもオススメの場所です。


大阪城

今世界一、世界中から観光客が訪れている街大阪です。その大阪の中でも、外国人観光客から人気なのが大阪城なのです。世界からくる観光客のみならず、日本人の観光客も楽しめるように近年ではドンドンと新しい施設をオープンさせてバージョンアップしている大阪城は目まぐるしく変貌を遂げています。

昨年オープンした様々な店舗が入る新施設「JO-TERACCE OSAKA」は飲食もお買い物も楽しめる施設になっています。中にはコスプレもできるお店も入っており、舞妓さんになったり、忍者になったり、変装をして大阪城を見学できすそうです。ここ最近にオープンした施設が「MIRAIZA OSAKA」です。こちらは旧第四師団司令部庁舎であった歴史的建造物である洋館をリノベーションをして、レストランやショッピングも楽しめる施設として生まれ変わりました。当時のインテリアがそのまま意匠に活かされていますので、とてもレトロな雰囲気のある施設になっています。

大阪城は姫路城ほど古い建築物ではないのですが、豊臣秀吉のいたころの時代を彷彿とさせる空間になっていますので、是非訪れてみてください。こちらもゴールデンウィークの日帰りスポットとして超オススメの場所です。

天王寺動物園


こちらも大阪城同様、近年の運営方式が替わりバージョンアップが著しい動物園です。動物クイズ王選手権で優勝をされた方(それも元官僚)が園長さんをされており、次々と新しい企画で動物園のイベントを開催していっています。中でもイチオシなのが「ナイト・ズー」です。海外の動物園では動物は夜行性のものがほとんどだそうで、本来の生態が見られる夜の動物の姿を見て楽しむというアトラクションが非常に人気なのです。

残念ながらこのゴールデンウィークの期間には「ナイト・ズー」は開催されないのですが、ゴールデンウィークは子供の日が入っていることもあり、天王寺動物園では子供達が喜びそうな楽しい動物イベントが沢山用意されています。動物本来の生態を見たり、感じたりできるように、見学施設にも様々な、工夫が随所に施されており、子供だけではなく大人も楽しめる動物園になっています。カバが水中で泳ぐ様子など水の中から見た様な仕掛けがされているという施設などとても面白い展示などがあります。

また動物園から出れば、天王寺公園と呼ばれた施設が「てんしば」と呼ばれ、美しくリニューアルされています。こちらも家族みんなでのんびり過ごせる公園となっていますので、是非立ち寄ってみてください。近くには通天閣のある新世界もあるので、帰りには串カツなどのB級グルメの食べ歩きが楽しめます。もうまるまる一日が楽しめる新しく変化した天王寺エリアは是非おススメのスポットです。

ゴールデンウィークは思いっきり外で楽しもう!

いかがでしたか?一斉に国民が移動するゴールデンウィークですが、遠隔地に行かなくても楽しめるスポットが関西近郊には沢山存在しています。ご紹介させて頂いたスポットはどちらもアクセスが良く、時間もかからずに行ける距離にあります。車で移動される場合、多少の渋滞に引っかかるかもしれませんが、家族みんなで過ごす休日の時間は貴重です。

是非皆で外にお出かけして様々なスポットを訪れてみてください。きっと楽しいゴールデンウィークの一日なると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。