知りたいことが分かるサイト

ゴルフパートナーの中古品買取、店舗と練習場について

ゴルフパートナーとは

株式会社ゴルフパートナー(Golf Partner Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置くゴルフ用品店チェーン「ゴルフパートナー」を展開する企業です。

正式社名「株式会社ゴルフパートナー」。英文社名「GOLF Partner CO., LTD.」。平成11年(1999)設立。ゼビオ子会社のゴルフショップチェーン。事業店舗数・売り上げトップクラス。直営およびフランチャイズ店を全国展開。インターネットを通じた販売やゴルフ練習場の運営なども手がけています。

ゴルフパートナーは、ゴルフ業界をも飛び出し、2020年東京オリンピックで活躍が期待できるプロサーファー「松田詩野(まつだ しの)プロ」「安室丈(あづち じょう)プロ」「西優司(にし ゆうじ)プロ」の3選手と2017年11月1日よりスポンサー契約を結びました。

ゴルフ界以外の選手をスポンサードするのは、プロスノーボーダーの「岩渕麗楽(いわぶち れいら)」を含めて4人になります。


ゴルフパートナーの中古

中古ゴルフクラブの買い取り、販売を手掛けるゴルフパートナーは、楽天市場の海外向け販売サイトでSEO対策を強化、売り上げを伸ばしている。SEO対策後には月間売上高が倍増。17年3月期のEC売上高は28億7300万円に達した。そのうち越境ECにおける売上高は約4%を占めている。

2016年1月には、楽天グローバルマーケットに「GOLF Partner Shop(ゴルフパートナーショップ)」を開設しました。

 

ゴルフパートナーの店舗

全国353店舗(2017年10月末日現在)でチェーン展開するゴルフパートナーですが、2017年にオープンした店舗は更にレベルアップしているようです。

・2017年11月23日オープン「ゴルフパートナー 横浜青葉台店」
中古クラブはもちろん、最新モデルやアクセサリー等豊富な品揃えです。また、クラブアドバイス量の豊富な店長をはじめ、さまざまなシチュエーションに合わせた相談ができるクラブセッティング診断士も常駐しているため、的確なアドバイスのもと、常時2,500本以上の在庫から納得するまでクラブ選びが可能です。

・2017年8月26日オープン「ゴルフパートナー 上板橋店」
クラブアドバイス年間3,000人以上を誇る店長をはじめ、クラブセッティング診断士も常駐しています。しかも、隣はなんと「上板橋ゴルフ練習場」なので、店内のクラブを試打することも可能です。

・2017年4月29日「ゴルフパートナー長崎小江原ゴルフセンター店」
長崎市にある練習場「長崎小江原ゴルフセンター」内にショップを併設しました。そこに置かれる中古クラブは全品試打が可能で、レンジでじっくりとクラブ選びができます。さらに今まで使っていたクラブはその場で売ることもできるゴルフパートナーならではのユーザビリティは健在で、リーズナブルな価格でクラブの買い替えが可能です。さらに、グループレッスンをはじめスクール系も充実しており、「レンジ、レッスン、ショップ」の三位一体のサービスが確立されたショップ併設型練習場です。レンジは全35打席、全長170ヤード。バンカー練習場も完備しています。

・2017年3月17日「ゴルフパートナー七里ヶ浜ゴルフ場店」
神奈川県鎌倉市にある「七里ヶ浜ゴルフ場」にショップを併設しました。サービスは「ゴルフパートナー長崎小江原ゴルフセンター店」と同様で、レンジは2F建て全132打席、全長280ヤード。ネット無しのオープン打席です。また、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。

 

ゴルフパートナーと練習場

1999年創業のゴルフパートナーは、2006年にゴルフ練習場事業に参入。ショップで販売するゴルフクラブを練習場で試打出来るビジネスモデルは、練習場業界からも支持され、わずか10年で76店舗まで伸ばし、ゴルフ練習場併設ショップ数として日本一になりました。

「杉田ゴルフ場」は年間来場者数約20万人を誇り神奈川県でも有数の超大型練習場です。そのエリア屈指の超大型練習場が今、次々とゴルフパートナーの展開するショップを導入しています。現在の練習場に対するゴルファーのイメージは「練習に行くだけ」の方が多く、ゴルフグッズの購入はゴルフショップでという方が殆どです。しかし「本格的なゴルフショップ」を練習場に入れることで、全てが一箇所で済む「ワンストップソリューション」が可能になります。

しかも、最後まで球筋が見える練習場でゴルフクラブを何本でも試すことが出来るため、ユーザーの納得度と安心感が全く違います。さらに、店内のクラブは試打し放題になっているため、メーカーが主催する「新商品試打会」では、好きな日時に人目を気にせず試打が出来る「プライベート試打会」への参加が可能です。


ゴルフパートナーでの買取

・安心感
全国に展開する総合ゴルフショップだけあって、大きな安心感があります。
大切なクラブを託すのです、その点ゴルフパートナーは高い知名度にともなう安心感があります。
信頼第一の買取の世界、最大の企業となった、全国に展開する店舗網からの高い相場。
ゴルフパートナーは全国に店舗を展開しており、それらの在庫を全店で共有しています。これは購入する側だけでなく、買取を依頼する側にとっても大きなメリットです。
お客さんが多いということは、買取ってもらったクラブが売れる可能性が高いということで、高い相場を付けられるということなのです。
自社で在庫を共有し、自社でさばける能力は高い相場に直結します。

・充実のオンライン査定
宅配買取を依頼する前に、オンラインでの無料査定が可能ですが、システムがとても充実しています。これだけのものを構築できるのも、ゴルフパートナーの強い企業力あってのことでしょう。
クラブの種類、ブランド、モデル、シャフト、状態を選択するだけで自動で査定をしてくれます。内容が非常に充実していますので、一度ぜひ体験してみるのもお勧めです。

・明確な査定基準
「状態が悪いので」の一言で、下がるのが買取価格、しかし多くは査定担当者のさじ加減一つです。しかし、ゴルフパートナーはクラブの状態を「N」から「E」そしてランク外まで7つに分類、その基準をHP上で明らかにしています。
この状態と相場に照らして買取価格が決まる仕組みです。
つまり、同じクラブは誰が査定しても同じ値段になるという安心感が、ゴルフパートナーならではです。

 

ゴルフパートナーでのグリップ交換

ゴルフパートナーの会員には無料でなれるので、会員になる事をお勧めします。

そうすれば、基本的には会員はグリップ交換工賃が無料になります。

ゴルフパートナーの非会員の場合は、翌日以降渡しのグリップ交換料金は324円ですので、

また、グリップを2本購入するごとに1本無料というキャンペーンを常時行っています。

なので、例えば、12本のクラブのグリップを交換する場合には、8本分の値段で交換ができてしまうことになり、多くの本数のクラブのグリップ交換が非常に安くできることになります。その分今までは手の届かなかった高級なグリップを選ぶことも可能になってきます。