グーグルマップ(googleマップ)の日本版ストリートビューの使い方は?地図や住所の検索について調べました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルマップ(日本版)のストリートビューについて

グーグルマップ(日本版)のストリートビューは、グーグルマップに表示される日本地図上のある地点を指定することでその場所の写真が見れるサービスです。
ただ単に地図を見るだけでなく実際の光景を確かめることができるので、行ったことのない場所のルート確認に活用できます。
また、日本全国のさまざまな場所をバーチャル旅行するという楽しみ方もできるでしょう。

見ることのできる写真は専用の自動車で巡回しながら撮影されたものです。
リアルタイムの様子が映っているわけではないので、撮影時期によっては現実の風景と違うこともあります。
実際に利用する際はその点を覚えておきましょう。

グーグルマップのストリートビューはインターネットに接続できる状況なら誰でも無料で利用できます。
利用料金がかかると聞いたことのある人もいるかもしれませんが、それはウェブサイトにグーグルマップを埋め込んで利用する場合のみです。
サイト運営者にしか関わりのない料金なので、ストリートビューをただ使うだけなら気にする必要はありません。
スマホから利用する場合はグーグルマップのアプリを無料ダウンロードして起動すればOKです。


グーグルマップのストリートビューの使い方

グーグルマップのストリートビューの使い方は意外とシンプルです。
まず、グーグルマップの画面をインターネットブラウザで開いて写真を見たい地点をクリックします。
すると写真がある場合にはサムネイル画像が表示されるので、そちらをクリックして拡大すればOKです。

ストリートビューを開いた後は写真が表示されている画面を操作することもできます。
「+」「-」のボタンをクリックすれば拡大・縮小ができますし、画面をドラッグ&ドロップすれば視点を360度自由に変更することも可能です。
横方向だけでなく縦方向にも視点は変えられるので覚えておきましょう。

また、画面内の矢印ボタンをクリックすれば、その写真から別の地点の写真へ移動したりもできます。
うまく操作すれば、実際に街の中を探索しているような気分が味わえるでしょう。

方角などがよくわからなくなったときはコンパスをクリックすることで北向きに戻せます。
また左上の戻るボタンや右上の×ボタンをクリックすればグーグルマップの画面に戻り、再度ストリートビューで見たい地点を指定することが可能です。


グーグルマップのストリートビューを使った地図(住所)検索について

グーグルマップのストリートビューを使って住所を検索するには、いくつかの方法があります。

まず、グーグルマップ上で入力欄に住所を直接入力する方法です。
正確な住所を入力してもよいですが、郵便番号だけでも地図上のおおよその場所は把握できます。
表示された場所の近くのストリートビューで移動や視点変更を駆使すれば、目的となる住所の外観をチェックすることもできるでしょう。
ただし、小道の奥にある建物などはカバーできないこともあるので注意してください。

次にペグマンを利用する方法です。
ペグマンとはグーグルマップの画面右下に表示されている人型のアイコンのことです。
グーグルマップで検索したい場所の付近を表示した後、ペグマンをドラッグ&ドロップすればその場所のストリートビューをすぐに見ることが可能です。
ストリートビューで見ることのできる写真がない場合には元の場所に戻っていきます。
ストリートビューの画面が表示された後は住所を入力した後と同様に操作すれば、目的の住所を確認できるでしょう。

なお、スマートフォンのアプリを使う場合には地図上の地点をタップし続けてピンをドロップするという方法もあります。
マウスで操作するか指で操作するかの違いはありますが、パソコンのブラウザで見る場合とそれほど違いはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。