グーグルマップ(googleマップ)は更新され続けているが古い航空写真は見ることができるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleMapの更新について

皆さんは、こちらの車を見かけたことはありませんか?

緑や黄色のラインが入った独特なデザインをしたこの車は、Googleの専用カーとして街中を走行しています。デザインは白地に複数の色の線が入り、GoogleMapを写したような塗装になっているのです。
このGoogleカーは、GoogleMapの制作・更新の作業のために必要な情報を集めるために街中を走っています。

私もよく遠出する際に車のナビを見たり、出かけ先で目的地に地図を見ながら歩いたりと、地図を確認することはありますね。こういった際にスマホやタブレットでその場でGoogleMapを開くということはあると思います。
Googleのストリートビューで目的地周辺を立体的に見ることもできます。
このようなニーズは世界中にあり、GoogleMapは世界中で使われている地図ソフトウェアといってもよいでしょう。

Googleカーは、そんなGoogleMapの刷新を維持する働きをしています。
車の屋根部分を見てみると、ミラーボールのような形をした物体が取り付けられています。これは、360度回転するカメラでGoogleカーはこのカメラで対象地域の画像を撮影する作業を行っているのです。
こういった画像と実際の衛生地図を当てはめながら、GoogleMapの地図を更新し続けているということなのです。
また、ストリートビューで見れる画像はすべてGoogleカーが現地で撮影してきた画像を見ているということなのです。
そのため、Googleカーは日本だけでなく、世界中を走り回っているということになりますね。

新しい幹線道路ができた、高速道路が開通した、大きな建物ができたといった街中の変化にもすぐに反応し、すぐに更新されて新しい地図として提供されているのにはこういったGoogleの更新作業という働きがあるのです。


GoogleMapで古い航空写真を見ることができる?

上で記したように、Googleは定期的に地図の更新を行い、なるべく最新の地図を利用者に届けようとしています。
こういった更新作業を行っているということは、過去の地図もGoogleにはあるということが推測できます。そこで、実際にGoogleMapで過去の地図を表示させることはできないものかと気になりました。
現在のGoogleMapを開いて確認してみると、画面いっぱいに地図が表示され、自分の現在地に青いマーク、左上に検索フォームと言語変更ボタン、左下に航空写真への切り替え、右下にストリートビューへの切り替えといった配置がされています。
こういったアクセサリツールを押したりして探してみましたが、GoogleMapにおいて過去の地図を表示させるといったことはできないようです。

しかしながら、近年では東京スカイツリーの竣工や渋谷駅の改築、2020年の東京五輪に向けた新しい道路の増設など、新しい建物や道路が増えてきています。また、東日本大震災による津波被害で東北の街並みが変貌したり、自然災害で地形が変わった地域もあるなど変化が地図上での変化も著しい傾向にあります。
過去の地図を確認したいというニーズも十分にあると思います。

そこで、見つけたのが「Googleマップを使って過去のち系図や空中写真を見る」というWEBサイトです。

http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/gmap.html?data=history

このサイトでは、GoogleMapを媒体に国土地理院の地図や大学研究者の地図サイトなどを組み合わせて作られたもので、地域の航空写真や地形図といったものを簡単に見ることができます。なおかつ、地図が作られ始めてきた20世紀前半ごろから現在までの地図を確認することができるのです。
サイト上には、日本全土を写した地図が表示されており、各地を拡大することで地図を確認できるようになっていますが、地図の左上の「地理院地図」というボタンをクリックすると、「航空写真」などの地図の種類から年代の入った地図の表示などまでを切り替えながら表示できるのです。
古すぎると画像が残っていないため、地形図で表示されることもありますが、1970年ごろくらいまでは実写で遡れることが多く、昔の地形を確認するには十分なサイトと言えます。

過去の地図を確認することには、様々なニーズや利用方法の違いなどもあると思いますが、本来のGoogleMapではできない機能のため、十分画期的な地図サイトであるのは間違いないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。