グーグルマップ(googleマップ)で自転車のルート検索方法とは?日本でも自転車ナビは使えるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルマップのルート検索について

グーグルマップのルート検索を使うと、行きたい場所にどんな経路でいけばよいのか簡単にわかってとても便利です。
ルート検索を使うには、まずマップを開いて目的地を地図上でタップするかまたは検索ボックスに入力して指定します。その後画面上の「経路」(矢印の描かれたアイコン)をタップして出発地を同じようにして入力します。(最初に経路をタップしてから出発地と目的地を入力する方法もあります。)
なおPCのマップでは検索ボックスの隣に矢印の描かれたアイコンがあるので、それをクリックします。
すると目的地まで、いくつかの候補が表示されます。
青色で表示されているルートの距離や所要時間が表示されますが、別の経路(灰色になっています)を調べたい時はその経路をタップ(またはクリック)すると、こちらが青色に代わって距離等が表示されます。

この時画面の上部には車や電車、歩行者をあらわすアイコンが表示されています。
車のアイコンが選択されている場合は自動車を使って移動するのに最適な経路、そして歩行者の場合は徒歩で移動するのに最適な経路が表示されています。
徒歩の場合の経路について少し注意すべきことがあります。これらの経路の中には、確かに通れるのですがあまりにも細い道や自動車の通行が非常に激しくあまり広くない、しかも歩道がない道が表示される事がありますのでご注意ください。

ただし割と頻繁に情報は更新されているので、そういった場合もしばらくしてから検索するとより適切なルートが表示される事があります。


日本のグーグルマップには自転車ナビがない?

さてルート検索では自動車、徒歩、電車(場合によっては飛行機)などを使った場合の所要時間・経路を調べる事ができます。

実はこの他に自転車の項目があります。自動車や徒歩とならんで最初から自転車のアイコンが表示されている場合もあるでしょうが、表示されていない場合でも検索ボックスの左側にあるメニュー(縦に三本の線がならんだマーク)の中に「自転車」という項目があるので、そこをタップすると本来は自転車の場合のナビが使用できるはずです。(なおメニューの中に自転車がない場合はマップ上にひし形のアイコンがあるのでそれをタップすると、ダイアログが表示されその中に自転車という項目があります。)
このメニューや自転車アイコンをタップしても何も起こりません。項目は用意されているのに使えないのです。

この自転車ナビは自転車専用道路を優先的に選ぶようになっているので、そういった道路の整備が進んでいない日本ではこの機能が使えないようになっているのです。
ところで、日本国内のルート検索ではこの機能は使えませんが例えばアメリカ国内のある地点から別の場所を選んだ場合ちゃんと自転車ナビは動作します。ですから日本国内では使えませんが、海外へ行った時は役に立つ機能です。


グーグルマップで自転車のナビをするには

以上のことから日本国内で自転車ナビを行うには、自動車または歩行者用の機能を使うしかありません。
この場合推奨されているのは、歩行者ナビを利用することです。それは自動車の経路の場合、自転車なら通行可能な細い道が除外されていたり自動車しか通れない道(高速道路や自動車専用道路)が表示される場合があるからです。

しかしながら自転車は基本的には車道を走らなければなりませんし、歩行者の経路の場合、歩行者でも通行が困難な細い道を表示されることがあるので歩行者ナビだけを使うというのは、あまりお勧めできません。
そこで考えられるのは歩行者のナビ機能で表示された経路をグーグルストリートビューを使ってあらかじめ調べておくという方法です。この方法を用いて余りに自転車の通行が困難なところは迂回路を探しておくと良いでしょう。

それから当然ながら歩行者用にしろ自動車用を使うにしろ所要時間を知ることはできません。ですからこれは表示される距離を使って求める必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。