2018年の父の日はいつ?その由来・起源・意味は?世界共通なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の父の日はいつなの?

2018年の父の日は、いつでしょうか?「父の日」のお祝いは、毎年、6月の第三日曜日に行われますので、何日と正確に決まっているわけではありませんので、毎回カレンダーを見てチェックする必要があります。

調べてみたところ、2018年の父の日は、6月17日(日曜日)ですので、間違えないようにしてくださいね。まだ時間はありますので、大切なお父さんへのプレゼントを忘れずに準備しましょう。父の日は、今までも今後も、毎年必ず6月15~21日の間になるようです。参考までに、2019年は6月16日、2020年は、6月21日となっています。


父の日の由来や起源・意味は?

父の日は、毎年何気なく祝っていると思いますが、その由来や起源、意味などを知っている人は、あまりいないのではないかと思います。私も実際、全く気にしていなかったのですが、調べてみることにしました。

父の日の由来は、どうやら日本ではなく、アメリカから伝わって来たようです。きっかけは、ソノラ・スマート・ドットという女性が、「母の日」があるのだから「父の日」も作った方がよいと、牧師協会へ提案したことだそうです。では、なぜ彼女は、父の日を作った方がよいと思ったのでしょうか?

ソノラの父親は、軍人でしたが、戦争に行っている間に、6人の子供を女手ひとつで育てていた母親は、父親が戦争から戻ると間もなく、過労で亡くなってしまったそうです。
そして、その後は、ソノラの父親は、再婚をすることもなく、6人の子供をひとりで一生懸命に育ててくれたそうです。彼女の父親は、子供たちの成人後、まもなく亡くなったそうですが、末っ子のソノラは、男一人で一生懸命に働き、自分たちを育ててくれた父親への感謝の気持ちを表現する日をと、強く願ったようです。ソノラにとっては、父親が母親代わりでもあり、それ以上の存在だったに違いありませんから、母の日だけでなく、父の日もと思ったのは、納得が行きますね。

そして、1910年6月19日には、父の日の最初の祝典が開催され、1966年には、アメリカ合衆国第36代大統領が、父の日を称賛する大統領告示を出し、6月の第三日曜日が父の日と定められたということです。また、1972年には、父の日が国の記念日として制定されます。


世界の父の日について

上記の通り、日本では、6月第三日曜日に祝うことになっている父の日ですが、他の国ではどうなのでしょうか?世界各国に存在する父の日を見てみましょう。

では、まずは、父の日の発祥の地であるアメリカからです。アメリカでは、上述の通り、父の日のお祝いは、日本同様、6月第三日曜日に行われます。カナダ、イギリス、アイルランドやアジア諸国なども同様で、この日を父の日に定めている国は最も多いようです。

その他の国も見てみると、例えば、台湾では、パパ→88と発音が似ていることから、8月8日を父の日としています。
オーストラリアやニュージーランドは、9月の第一日曜日、スウェーデンやフィンランドは、11月第2日曜日、デンマークは、6月5日、ブラジルでは、8月第2日曜日、イタリア、ポルトガル、スペインは、3月19日だそうです。

では、世界では、父の日に送るプレゼントなどはあるのでしょうか?例えば、日本でも、母の日にはカーネーションをプレゼントしたりしますよね。アメリカでは、父の日にもお花を贈るようです。

花の種類はバラですが、これにも由来があり、父の日を提唱したドット夫人が、お墓に備えた花がバラだったということらしいです。
日本では、父の日にお花を贈るという人はそんなに多くないかもしれませんが、一般的には、黄色いバラや白いバラ、ユリの花などをプレゼントすることが多いそうです。

何をプレゼントするか迷う方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。