Edy(エディ)の種類や使うメリット、ポイントについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Edy(エディ)とは、電子マネーで、「楽天Edy株式会社」が発行しています。

コンビニエンスストアなどのEdyマークのある専用端末にタッチするだけでお買い物ができる、簡単でスピーディなプリペイド型の電子マネーです。

お財布から小銭を出したり、金銭授受の手間も不要です。

Edyカードに入金(チャージ)したら、後はそのEdyカードを使ってすぐにお買い物が出来ます。Edyカードに残金がなくなったら、再度チャージして、何度でも繰り返し使うことが出来ます。

Edyの名称は、ユーロ(Euro)のE、ドル(Dollar)のD、円(Yen)のYという風に頭文字を取って名付けられました。それぞれに続く通貨になって欲しいという思いからだそうです。


Edy(エディ)の種類

Edy(エディ)には5つの種類があります。

・楽天Edyポイントカード

・楽天Edyストラップ

・Edy機能付き楽天カード

・Edy機能付きANAカード

・おサイフケータイ

基本的に楽天ポイントは貯まりますが、ANAカードを使うと、Edy決済でANAのマイルが貯まります。また、おサイフケータイからは、13種類のポイントの中から好きなポイントを選んで貯めることが可能です。

また、Edyの発行には、手数料が発生する場合もあるので、選ぶ際には手数料の有無にも注意しましょう。他にも、「楽天Edyポイントカード」「楽天Edyストラップ」をポイントを貯めて利用する場合には、事前登録が必要なので手元に届いたらまず手続きをしましょう。


Edy(エディ)で貯められるポイント

・楽天スーパーポイント

・ANAマイレージクラブ

・Ponta

・GREEコイン

・auポイント

・Tポイント

・ヨドバシゴールドポイント

・ヤマダポイント

・エポスポイント

・ビックポイント

・プレミアムドライバーズカードショッピングポイント

・マツモトキヨシ現金ポイント

・エディオンポイント

(以上は、おサイフケータイからしか選択できないものも含まれています。)

現金で支払ってもポイントは貯まりませんが、Edyを使って支払いをするとポイントも貯まります。(カードタイプ)

またクレジットカードと一体型のEdyカードもあり、特定のクレジットカードでEdyにチャージすると、そのチャージ分のポイントも貯まります。

つまり、チャージする時に加えて、支払い時にもポイントが貯まる、ポイントの2重どりが可能という事です。

 

Edy(エディ)を使うメリット

楽天市場では、楽天Edyで決済することで、通常の買い物分(通常1%)に加え楽天Edyのポイント(200円で1ポイント)が得られます。お買物の金額が大きければ大きいほどポイントも貯まりやすくなります。

楽天のクレジットカードを持つことにより、楽天のクレジットカードからEdyへのチャージをする時に200円で1ポイントが貯まります。日常生活でEdyを頻繁に利用しているなら、Edyの利用金額分の0.5%プラス、チャージ金額の0.5%で合計1%の還元を得ることが可能です。

Edyは必ずチャージしないと使うことができないので、せっかくチャージするならこういったメリットの多い楽天のクレジットのカードでのチャージがおすすめです。しかも、オートチャージの設定も出来るので、残高不足で使えないという事も無く、専用機器でチャージする手間も省けるのでとても楽です。

Edyで効率良くポイントを貯めるのであれば、クレジットからのチャージが一番お得です。

マイルを貯めたい方や、Tポイントを貯めたいなど、Edyのユーザータイプ別におすすめは変わりますが、これからEdyを作ろうかなと思っている方は、使い勝手や還元率、維持費からみても「Edy機能付き楽天カード」が1番お得です。 貯めたポイントはまたEdyにチャージして利用出来るので、迷っている方は、まず「Edy機能付き楽天カード」を使ってみる事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。