WAON

モバイルWAONアプリとは?登録・チャージ・機種変更の方法をご紹介!

モバイルWAONとは?

モバイルWAONとは簡単に言うとおサイフケータイ対応のスマートフォンで使用できる電子マネー型「WAON」です。

WAONはご存じの通り、主にイオンやダイエー、ショッピングセンター、ミニストップなど39万以上の店舗で利用することができます。

モバイルWAONはAndroidのみのサービスでiPhoneでは対応していませんのでご注意してください。
使い方はWAONカードと同じでWAON加盟店での支払い時にWAONで支払いたいことを告げ、レジのカードリーダーにタッチ、「ワオン!」と鳴ったら支払い完了です。

なおモバイルWAONは年会費、手数料ともに無料で利用することができます

モバイルWAONで出来ることとは?

モバイルWAONでは以下3つのことができます。

・WAON加盟店でお買い物
・利用履歴・残高照会、ポイントダウンロード
・クレジットチャージやオートチャージ

すべてアプリ1つで出来ます。

モバイルWAONの登録について


1.モバイルWAONをダウンロードします。
2.アプリを起動させます。
3.初期登録画面が表示されるので約款を確認します。
4.利用者情報を入力していきます。
5.入力内容を確認したら登録の完了です。

モバイルWAONのチャージ方法は?

モバイルWAONは他の電子マネーと同じく事前にお金をチャージしなければ利用することができません。現金でチャージする

現金でチャージする

モバイルWAONに現金でチャージする場合は以下3つの方法が存在しています。

・WAONチャージャー(イオンに設置)
・イオンやWAON加盟しているコンビニ(ミニストップ・ファミリーマート)などのレジ
・イオン銀行ATM

クレジットカードでチャージする場合

モバイルWAONアプリではあらかじめクレジットカードを登録しておくとアプリ内で簡単にチャージすることができます。以下の4つの方法があります。

・WAONチャージャー
・WAONステーション
・イオン銀行ATM
・WAONネットステーション
・モバイルWAONアプリ

そのなかでもモバイルWAONアプリからのチャージ方法は簡単です。

1.モバイルWAONアプリ内の「チャージ」を選択
2.「クレジットチャージ申請およびオートチャージの設定」を選択
3.WAONクレジットチャージのサービス特約が表示されるので確認して承諾できる場合は「承諾する」を選択する。
4.クレジットカードの情報を入力し、「次へ」をタップ
5.オートチャージの設定を行い、「次へ」をタップ
6.内容確認画面が表示されるので正しければ「登録」を選択。登録完了画面がでたら登録完了です。

モバイルWAONに登録に対応しているクレジットカードの種類


・イオンカード(WAON一体型)
・TOSHIBA STORE CARD
・イオンカードセレクト
・コスモ・ザ・カード・オーパス
・イオンカード(各種)
・イオンルネサンスカード
・イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)
・ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)
・イオンサンデーカード
・ツルハカード
・イオンETCカード
・KOBE SANNOMIYAカード
・イオンSuicaカード
・セプコカード
・イオンスマートペイカード(リボ専用カード)
・イオンカード(ミニオンズ)
・イオンsaQwaカード
・イオンカード(TGCデザイン)
・イオンカード Kitaca
・イオン首都高カード(WAON一体型)
・イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)
・イオンSUGOCAカード
・イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)
・荘内銀行イオンカード
・鳥取銀行イオンカード
・三重銀行イオンカード
・福島銀行イオンカード
・名城イオンカード
・三菱商事石油・イオンカード

機種変更をする時、モバイルWAONは?

モバイルWAONを使っている端末を機種変更したいと考えている方のために機種変更の手続き方法を説明します。

1.トップ画面から「お客さまメニュー」を選択します。
2.「[4]機種変更手続き」を選択します。
3.新しい端末との認証の時に【ご本人さま情報】が必要となります。■機種変更の流れ STEP1 機種変更のお手続きの右下にある「登録情報を確認する」より「ご本人さま情報」を確認し、手元に控えておきましょう。
4.WAON残高やWAONポイントを一旦センターに保管をします。「[1]機種変更パスワード発行へ」を選択し、「センターに保管」をタップ
5.機種変更反映用パスワードが表示されるので控えておきます。【機種変更パスワード】は機種変更に必要なので必ずメモしておきましょう。また再発行はされませんので注意が必要です。控えてた後「パスワード消去」を押します。

ここまでが古い携帯(スマートフォン)で行う手続きです。

6.新しい端末でモバイルWAONをダウンロードします。
7.アプリ起動後、「[3]機種変更反映」を選択し、手順3.5で控えた【ご本人さま情報】と【機種変更パスワード】を入力し
「[1]次へ」をタップすると機種変更反映手続きが完了します。

WAON(ワオン)のチャージ方法とクレジットカードでのオートチャージの設定・解除方法は?コンビニでもできる?

 waonのチャージ方法とは?

電子マネーのwaonをチャージする方法とはどんなものなのでしょうか?

実はwaonのチャージ方法には複数の選択肢があるので、自分にあった方法を選ぶことができます。

まず、メジャーなのは現金でwaonにチャージする方法です。

イオンやミニストップ、ローソンやファミリーマートなどのレジでチャージすることが可能ですし、イオンに設置されている専用のwaonチャージャーやイオン銀行のATMでも同様にチャージすることができます。

waonが使える店で会計前にチャージすることができるので、残高が不足しているときにも困りません。

クレジットカードでのwaonへのチャージも人気の高い方法と言えます。

waonチャージャー・waonステーション・イオン銀行ATMといった店舗に設置されている筐体に加え、waonネットステーション・モバイルwaonアプリなどネット経由でもチャージできる点が便利です。

ただし、クレジットカードでのチャージは通常のwaonカードでは行うことができません。

waonカードプラスやwaon一体型のイオンカードなどを所持している必要があります。

他にもイオン銀行の口座からチャージする、waonポイントを交換する形でチャージする、海外旅行で余った外貨をチャージするといった方法があります。


クレジットカードでのwaonオートチャージの設定・解除方法について

waonオートチャージは、対応したお店でwaonを支払った後の残高が事前に設定しておいた金額以下になると自動的にチャージが行われるシステムです。

オートチャージを200円するごとにwaonポイントがプレゼントされる特典も付いています。

残高を細かく気にしなくてもよいので便利ですが、利用するには事前に設定をしておく必要があります。

クレジットカードでのwaonオートチャージを設定するには、まずwaonステーションにカードをかざして「メニュー」ボタンをタッチします。

するとメニュー画面に移行するので、表示された中から「各種設定・変更」ボタン、さらに「オートチャージ設定・変更」ボタンをタッチしていきます。

画面の指示に従ってwaonカードを置き、申請・規約の承諾、オートチャージを行う条件を設定すればwaonカード側の準備はOKです。

その後は支払いに利用するクレジットカードを挿入し、暗証番号を入力して処理を進めるだけでオートチャージの設定は完了します。

waonオートチャージを解除する場合は、最初に設定を行うときと同じ手順で操作していきましょう。

申請を行う段階で代わりに「契約解除」のボタンが表示されるので、そちらをタッチすればオートチャージを解除できます。

なお、イオン銀行のATMで手続きする場合には最初にwaonステーションボタンをタッチすればOKです。

それ以降はwaonステーションと同じ手順で操作ができます。


waonはコンビニでもオートチャージできる?

waonはコンビニでもオートチャージできるのでしょうか?

コンビニを日頃から利用している人は多いと思いますし、買い物を頻繁にするという人も多いでしょう。

そんな買い物の積み重ねで残高が減ってきたとき、オートチャージで自動的に残高を補充することができれば便利です。

waonのオートチャージがコンビニでできるかどうかは、コンビニのブランドによって変わります。

イオンの一員であるミニストップであればオートチャージを利用可能ですが、ファミリーマートやローソン、ポプラといったコンビニはオートチャージに対応していないため不可能です。

対応していないコンビニで買い物した場合、残高が設定条件以下になっても自動的にチャージされないので注意しましょう。

ただ、オートチャージを利用できないコンビニでも現金チャージは利用できるので、残高が不足してきたと感じたときにその場で現金を支払ってチャージすることはできます。

特にファミリーマートはFamiポートでwaon残高の照会が行えるため、買い物前にwaonが不足しないかチェックすることができます。

Famiポートではさらにwaonポイントをwaonに交換する形でのチャージも可能なので、オートチャージの特典で貯まったポイントを利用してチャージしてみてもよいでしょう。

WAON(ワオン)のカードの種類と使える店舗を一覧にしました!コンビニで支払いも可能!

 waonカードの種類について

waonカードは、現在多くの種類のものが販売・発行されています。これらをさらに大まかに分けるとクレジットカードと一体になっているもの、キャッシュカードと一体になっているもの、あるいはそのどちらとも一体になっていないものに分かれています。
クレジットカードと機能が一体になっているものはイオンカードのほか、コスモ石油で主に使用できるコスモ・ザ・カード・オーパスやイオンJMBカードなどがあり、本来別々になっているクレジットカードと電子マネーの機能が1つになっています。
キャッシュカードと一体になっているものは、イオン銀行のキャッシュカードとしても使用可能なイオン銀行キャッシュカードや、キャッシュカードと電子マネーに加えてクレジットカードの機能もついて1枚3役のイオンカードセレクトもあります。
電子マネーのみの機能がついているものに関してはご当地の写真や絵の載っているご当地waonやサッカーチームとのコラボレーションをされたwaon、JALの利用でマイルも貯められるもの、55歳以上の人のみが利用できるG.Gwaonといった数多くの種類のwaonがあり、用途や条件に合わせて自分の好きなwaonを選ぶことが可能になっています。


 waonが使える店舗一覧

waonが使える店舗に関しては、現在全国各地にあります。waonを販売・発行しているイオンリテールやイオン銀行と同じイオングループであるイオン直営店やイオンモールにテナントとして入っている店舗はもちろん、同じくイオングループのミニストップでも利用可能です。
さらにファミリーマートやローソンといったイオングループ以外のコンビニや、コスモ石油や吉野家やマクドナルドといったイオンとは全く別の企業のサービスにもwaonは利用できるようになっています。

このwaonを利用できる店舗としてはインターネットでwaonのホームページを見るとその一覧が載っていることから、店舗を利用する前に自宅でパソコンから調べることが可能であるほか、外出先であればスマートフォンから検索して利用可能かどうかを調べることができます。

また自宅でインターネットを利用できない場合でも発行元のイオンリテールやイオン銀行に問い合わせをすることで、自分のよく利用する店舗でwaonが利用できるかどうかを教えてもらうことが可能ですし、waonの利用が可能な店舗の場合はその入り口にwaonのロゴマークが貼られている可能性が高いことから簡単に判別することができます。


 waonのコンビニでの支払いについて

waonのコンビニでの利用に関してはミニストップのほか、イオングループでないファミリーマートやローソンといったほぼ全国どこでもあるようなところから、ポプラやスリーエイトなど一部地域に展開しているところでも利用が可能になっています。
商品をwaonで支払いをする方法についてですが、他の店舗と同じようにレジ周辺に電子マネーをタッチするパネルがあり、そこでwaonカードをかざすだけで支払いができることがほとんどです。
ただしコンビニで売られている全ての商品やサービスにwaonが利用できるわけではなく、公共料金の支払いや切手やはがき、ライブや遊園地などの入場券やプリペイドカードなど一部の商品に関しては支払いが不可能なものもあります。
そのためコンビニでwaonを利用する際には、支払いをする直前に店員に尋ねるなどしてwaonの利用が可能かどうか確かめるべきです。

またwaonの残高が不足している場合には店舗によっては現金をチャージすることが不可能であり、残高が不足していると支払いに利用することはできません。なのでコンビニでwaonを支払いに利用したい場合には、チャージ可能な店舗できちんとチャージをしておいた上で利用するのが望ましいです。

WAON(ワオン)カードに貯まったポイントや残高を移行・まとめる(合算)方法はある?

waon(ワオン)カードとは

waonカードとはイオンが発行している電子マネーのことです。
このカードはイオンのショッピングモールやスーパーなどで購入することができます。年会費などは必要ないです。
使いかたは、まずはwaonカードにお金を入金します。
入金できる方法はいくつかあります。
一つはお店のレジで店員さんに自分の希望する入金分を渡してチャージをしてもらう方法です。
二つ目はイオンのお店に置いているwaonチャージャーと言われる機会で入金する方法です。
三つ目に、イオン銀行のATMでチャージする方法です。
最後に、銀行口座からやクレジットカードを使用してのチャージです。
基本的に、チャージをするときは千円単位からで小銭は使用できないです。
そして、チャージを完了するとお店で買い物をしたときwaonカードを使って簡単に支払いうことができます。
そして、waonカードを利用するメリットの一つはポイントが貯まるということです。
だいたい、200円につき1ポイントがたまります。
しかし、キャンペーンなどを行っていると二倍ポイントが付く日もあったり、商品によってボーナスポイントがついたりとお得です。

そして、その貯まったポイントは1ポイントを1円分の電子マネーに交換することができます。
他にも提携先のポイントをwaonポイントに移すこともできたりして、とても利用勝手がいいです。
全国のイオンのスーパーや提携しているコンビニやショップなど全国の様々な業種のお店でwaonカードは使用できてポイントが使えたりポイントを貯めることもできるので一枚持っておいて損はないと思います。


 waonポイントは移行することができるの?

waoカードを紛失したりして、カードを再発行した場合その新しいカードにはポイントなどが引き継がれていないです。
新しいカードになったからポイントとかは無くなっても仕方がないなと諦める必要はないです。
新しいカードに以前のカードに残っていたwaonポイントを移行することができます。
そのwaonポイントを移行するには自分でwaonステーションで手続きをする必要があります。
waonステーションとはイオンのスーパーやショッピングモールに設置されている機械です。
そのwaonステーションではチャージや残高照会などもできます。
機会が苦手な人でも簡単に操作できると思います。
よくわからない場合は、waonのホームページでも丁寧に操作方法が載っているので調べてもらうといいと思います。

ではwaonポイントの移行方法に話は戻します。
まず、必要なのは新しいカードです。
そして、waonカードをwaonステーションにかざします。
そして、メニューボタンを押します。
メニューのなかの各種設定・変更に進んでいきます。
すると「新カードへの移行」という表示があるのでそれを選択して下さい。
すると、センターへの通信が始まりまります。
通信が終わりアップロードを選択してもらうとアップロードされてダウンロードを選択するとwaon残高とwaonポイントが移行されます。
新しいカードになっても手続きを忘れてしまうと、ポイントの期限が過ぎてしまってポイントが無くなってしまうということも起こりかねないのでしっかり手続きをしましょう。


 waonポイントはまとめる(合算)ことができるの?

荷物を整理していたりすると、waonカードが二枚出てきたりってこともありますよね。
うっかりワオンカード無くしてしまったと思って、またカードを作っていたりワオンカードをすでに持っていることを忘れてもう一度カードを購入してしまったということもあるでしょう。
でも同じカードを二枚持つのも意味がないし、でも両方のカードに残高があったりポイントがたまっていてどちらかを破棄すると、どちらかのポイントが無くなってしまい困ったなという場合もあると思います。
そんな時、二枚以上のwaonカードのwaonポイントを一つにまとめる方法がありwaonステーションで手続きすることができます。
waonステーションはイオンのスーパーなどに設置されているので買い物のついでに気軽に立ち寄れると思いますし、操作方法が分からなくても店員さんもいらっしゃるので教えてもらえると思います。

では、まずメニューボタンを押します。
メニューの中にポイントサービスという項目がありますので、それを選択します。
そして、まとめるという項目がありその「waonポイント一枚のカードに合算する」というのを選択します。
そして、合算先のwaonカードを置きwaonカードを確認します。
確認が終了したら、合算先のwaonカードをのけて合算元のwaonカードを置きます。
合算元のワオンカードの確認が終了すると合算ポイントの確認画面が表示されて、よければ「はい」を選択します。
次に合算元のワオンカードをのけて合算先のワオンカードを置きます。
そうすると、無事に合算されます。

WAON(ワオン)ステーションアプリではチャージやポイント残高確認が簡単にできる!iphoneのみしかできないって本当?

 waonステーションアプリについて

最近ではワオンカードを持っている人も多いと思います。
スーパーだけでなくコンビニやドラッグストアーなど全国各地の多種多様なお店でワオンカードが使えます。
電子マネーなので支払いの時も小銭を出す手間も省けて楽で、なおかつポイントも溜まったりお得なことが多いカードです。
しかし、電子マネーにいくらお金が入っているのか確認する必要があったりお金をチャージする必要が出てきます。
その時、いちいち買い物する前にATMなどで確認するのも手間だなと感じることもあると思います。

そんなときに便利なのが、waonステーションアプリです。
waonステーションアプリとはiOS機器に対応したアプリです。
店頭に行かなくても自宅でWAONカードへのチャージがきたり残高を確認したりワオンの利用状況を確認することができる便利なアプリです。
必要な物はワオンカードとiOS機器とパソリと言う機器が必要です。パソリはネットでも購入することができます。
設定も簡単で、まずはApp Storeからアプリをダウンロードします。
そののちに、パソリのBluetooth設定をしてアプリと接続します。
一日もあれば簡単に設定できてすぐにアプリを利用することができます。


 waonアプリでチャージはできる?

waonは電子マネーです。
電子マネーとはクレジットカードとは違うので、あらかじめお金を入金する必要があります。
なので、残高がゼロ円だと全く使えず、いざ買い物を使用うとしたときに困ってしまうのでwaonの中にお金が入っているかどうか気にする必要があります。
waonに入金するためにはレジなどで現金をチャージしてもらったり、店舗に設置されているATMなどの機械でチャージしたり、クレジットカードからチャージしたりする方法があります。

そして、waonアプリでももちろんチャージすることができます。
waonアプリでチャージする方法はクレジットカーからの入金です。
アプリから設定することができます。
お手持ちのクレジットカードの情報を入力して設定するだけで簡単にwaonにチャージすることができます。

また、チャージする方法が選べて、その都度自分で金額を設定してチャージする方法とオートチャージがあります。
オートチャージとはお支払い後のWAON残高が設定金額未満になると事前に設定した金額がチャージされることです。
オートチャージだと残高が0円になることがないので、買い物のときに残高が足りないかもという心配がなくなるので便利でおすすめです。


 waonアプリでのポイント残高確認について

waonを使っていてお得だなと感じる1つに、ポイントがたまっていくことです。
買い物をするたびに、ポイントが貯まり、クレジットからチャージしてもポイントがたまります。他にもイオン銀行を利用したりしていると何かとポイントがたまってきます。
基本的に、買い物をするときは200円ごとに1ポイント貯まります。
他にも、キャンペーンでポイントが二倍つく日があったりして、ちりも積もれば山となるで気が付いたら、ポイントが結構たまっているということもあると思います。

このwaonポイントは1ポイントを1円分として使用することができます。
ポイントを1円分として使用するためにはワオンポイントを交換する手続きをする必要があります。
店頭に置いてあるATMなのですることもできますが、アプリを利用するとポイントの残高を確認できますしポイントチャージもより簡単に手続きできます。
アプリだと時間や場所にとらわれずに、スマホが手元にあれば気が付いたときにすぐにできるので便利ですね。
なので、waonカードを利用している人はぜひともアプリをスマホに入れるに越したことはないと思います。
アプリは、すぐにダウンロードできて設定も簡単です。

 waonアプリはiphoneのみ?

waonのアプリはiphoneなどのiOS機器に対応していますし、android向けのものもあります。
なので、大抵のスマホには対応しています。
アプリを利用するための通信料はかかりますがアプリ自体は誰でも無料で使用することができます。
ダウロードしたり、アプリの使い方自体も簡単です。
分からない場合でも、丁寧にお問い合わせ方法が書いてあったりよくある質問と解決方法が記載されてるページもあったりするのでアプリを使っていて困るこというのはほとんどないと思います。
アプリでできる機能は、残高を確認したりクレジットチャージ、ポイントのチャージやwaonの利用履歴やポイント残高の確認をすることができます。

また、waonの移行やwaonの再発行の手続きもできます。ほとんどのことがアプリでできちゃうので本当に楽です。
アプリを使用しない場合だと、残高確認やチャージをするのにも店舗に出向く必要があったりして時間や場所を縛られてしまうのですがアプリだと夜中だろうと家の中であろうとすぐにできるので本当に便利です。
特に、クレジットカードからチャージできるのは便利ですね。
手元にお金がなくて、銀行に言ったりお金をおろしたりする手間をかけなくても直ぐにチャージして買い物ができるので凄く時間が短縮されて便利です。

WAON(ワオン)ステーションの設置場所や店舗はどこ?ポイントの受け取りや残高照会ができる!

WAONステーションとは?

waonステーションとは、イオンのお店の中にあるwaon端末です。どのような機能があるかというと、「残高・利用履歴照会の確認」や「ポイント数の照会」、waonポイントをwaonに交換する「ポイントチャージ」、「ポイントの受け取り」、「クレジットチャージ」「オートチャージ」の申込、金額設定・解除、カードの再発行や新カードへの情報移行などの「各種設定・変更手続き」などができます。この端末では、クレジットチャージはできますが、現金チャージやイオン銀行口座チャージ等はできません。

waonステーションと同様の機能が使えるものは、イオン銀行ATMです。こちらは、現金チャージもできます。ただし、一部のATMでは、waonステーション機能が使えない場合があるので注意が必要です。

お店に行かなくても端末と同じようなことが行えるアプリもあります。Phone向けのwaonステーションアプリで、Bluetooth対応パソリを用いて、チャージや残高確認等ができます。アプリには、パソリ(RC-5390)が必要なので、購入しないとなりません。

機能としては、お店にあるwaonステーション端末と同様に、「クレジットチャージ」「クレジットオートチャージの申請・変更・解除」「ポイントチャージ」や「ポイント預入」等です。ただし、現金のチャージやイオン銀行口座からのチャージなどは行えません。


WAONステーション設置場所(店舗)について

WAONステーション端末は、基本的にイオンの各店舗に設置されています。設置場所は、イオンの食品売り場と専門店街に一か所ずつあるようです。店舗が大きいところには2台は設置されています。

イオンでなくても、WAONが使える店舗内にWAONステーションが設置されている所もあるようです。イオンモール、マックスバリューやダイエーなどにはWAONステーション端末は設置されています。詳しくは、WAON公式サイトの「使える店舗検索」で探すことができます。(https://www.waon.net/shop/)

しかし、WAONステーションが確実に置いてあるというわけではないようです。設置店舗や場所も結構少ないようですので、そのような時には、WAONステーション機能を備えたイオン銀行が設置されています。イオン銀行ATMには全ての機能が備わっていますので、ポイントを受け取りたい時にも、チャージしたい時にも利用することができます。

設置場所は、イオン各店にはもちろんのこと、その他のショッピングセンターや空港、コンビニ、ドラッグストアにもあります。イオン銀行ATMならば、WAONステーションよりも設置されている数は多いと思いますので、waonステーションがなくてお困りの際には、ぜひ利用してみましょう。

またWAONステーションが設置されている意外な場所としては国内の空港があります。羽田空港はもとより成田空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港等国内の主要な空港で設置されているので旅行の時も使えて便利です。空港内にWAONステーションがあるのはWAONのポイントとJALのマイルが交換できるようになっているからです。

WAONステーションでのポイントの受け取り方法について

waonステーションで、「ポイント数を指定してダウンロードする」というのが、ポイントの受け取りです。

まず、waonカードまたはwaon pointを指定された場所にかざすもしくは挿入します。そうすると、「センター通信中」という画面が表示され、ポイント明細画面に移行します。ポイント明細が表示されたら、「センターお預かりポイント受け取り」という表示が下にありますので、そのボタンをタッチします。

受け取りポイントの画面に移行しますので、ポイント数の指定で受け取り/全ポイント受け取りをのどちらかを選択すると、受け取り中の画面が表示されます。waonポイントがダウンロードされますので、ダウンロードが終われば受け取り完了です。


ダウンロードをしただけでは、waonにチャージはされていませんので、ダウンロードしたポイントをチャージします。チャージする場合は、ダウンロード完了後の画面に「チャージする」という表示がされますので、続けてポイントチャージすることができます。

センターお預かりポイントがない場合は、「ポイント数を指定してチャージ」というボタンが表示されます。ポイント数を指定/全ポイントチャージを選択すると、1p=1円となってチャージされます。


waonステーションでの残高照会の仕方について

waonカードの残高照会は、waonステーション端末で簡単に確認することができます。

waonポイントの受け取りと同様のやり方で、残高を確認すること可能です。

まず、waonカードまたはwaon pointカードを指定された場所にかざす、もしくは挿入します。もうほぼこれだけで終わりです。

waonカードを置くと、「センター通信中」の表示が終わると、ポイント明細(残高照会)の画面が表示されますので、この画面右側で残高確認できます。必要であれば、この画面で、waonポイントの受け取りもできます。


レシート印字のボタンを選択しますと、残高と直近3件の履歴が印字されますので、より詳しい情報を確認することができます。

各種JMB WAONの残高確認はwaonカードと同様の方法で残高を確認できますが、表示が少し違います。

カードをかざすもしくは挿入すると、センターに通信します。そうすると、「メニュー」が表示されますので、「残高照会・特典受け取り」のボタンを選択します。画面右側に残高が表示されますので、レシート印字を押すとより詳しい残高を確認することができます。もし必要であれば、特典の受け取りもこちらの画面で行うことができます。

WAONステーションの他にも端末がある?

WAONステーションは高機能な端末ですが、現金チャージに対応していないので、現金チャージが必要な場合は他の端末を使う必要があります。WAONステーション以外にもイオンの店舗や、それ以外のお店などにも端末があり、現金チャージ等やその他の操作がWAONステーション同等にできるものが身近にあるのです。イオンの各店舗にあるWAONチャージャー、イオン銀行でもWAONステーション同等のことができます。チャージはできませんがポイント系の操作ができるFamiポートや、お店に行かなくてもWAONの確認ができるWAONネットステーションがあります。

WAONチャージャー

WAONチャージャーは店舗で現金チャージを行うことができるWAONの端末です。WAONステーションでは現金チャージが行えないので、現金をチャージするときはWAONチャージャーを利用します。WAONチャージャーはイオンの店舗に設置されています。その他提携店舗にもあるので、買い物をするまえにチャージの状況をみてから、現金チャージして買い物をするという使い方が一般的でしょう。いちばん身近にあるWAONの端末ではないかと思います。

イオン銀行ATM

イオン銀行のATMではWAONステーションと同じ機能を使うことができます。「銀行口座からのチャージ」する機能に加え、WAONステーションと同じようにに「ポイントチャージ」や「クレジットチャージ」そして「ポイントダウンロード」や「電子マネーWAONポイントの合算」を利用することができます。現金でのチャージにも対応しています。以前はフル機能に対応していなかったのですが、今では上記のような機能が追加されたので、現金チャージ以外はイオン銀行のATMでできるようになりました。

イオン銀行のATMはイオンの店舗はもちろんんもこと、イオンスーパーセンター、イオンモール、マックスバリュ、BIG、KOHYO、ミニストップ、イオン銀行法人店舗などに設置されています。特に、イオン系のお店の他のスーパーに設置されていることが多いため、買い物の途中でも気軽に入出金できるのがいいところです。イオン銀行のATMでは東京三菱銀行など他銀行と提携していて、他行の入出金の手数料が無料になるメリットもあります。

Famiポート

WAONチャージャーと同じような機能があるのがファミリーマートのFamiポートです。WAONチャージャーは現金でのチャージができるのですが、Famiポートは現金チャージができません。クレジットチャージにも対応していません。ポイントチャージはできます。ポイントダウンロードやWAONのダウンロード、ダウンロード可能なポイントの確認はできるので、主にWAONのポイントについての操作をしたければFamiポートで十分だということです。設置場所はファミリーマートの各店舗です。

WAONネットステーション

WAONネットステーションは自宅等のネット環境があるところで、WAONの利用履歴の紹介やポイントなどの手続きをすることができるサービスです。ICカードリーダライタがない場合は、利用履歴の紹介、WAONポイント数の紹介、ダウンロード可能なポイント、WAONの確認ができます。

ICカードライタがあり「電子マネーWAON会員」の登録があれば、クレジットチャージ、オートチャージ、イオン銀行チャージ、ポイントチャージ、ポイントダウンロード、ポイント預け入れ、WAONのダウンロード等が追加機能で可能になります。

WAONネットステーションを使うメリットはイオンの店舗などに行くことなく、WAONの各種確認ができる点です。チャージ等をするためにはICカードライタがあり「電子マネーWAON会員」の登録をしておかなければなりませんが、なくてもポイントの確認はできるので、自分のポイントがあとどのくらいかなと確認するときに便利です。

WAONネットステーションを利用するのはあくまでもWAONの利用履歴の確認やポイントの確認に使うのが一番あっている使い方です。買い物に行く前にポイントを確認して買い物に行き、残高が足りなければWAONチャージャーでチャージするという連携プレーに適しています。

WAON(ワオン)ポイントカードとは?発行の仕方(作り方)や会員登録・ログイン方法、使い方をご紹介!

WAONポイントカードとは?

waonポイントカードは紫色のカードでイヌが一匹記載されています。このカードはイオン系列で使用し貯める事や使う事が出来ます。
基本は200円(税別)で1ポイント貯まり、1ポイント1円として1ポイントから使用出来ます。ただ、使用の際には会員登録をしておく必要があります。
会員登録をしていないとポイントは貯める事は出来ますが、使用する事は出来ません。
又、イオンではCMでも有名な20日30日は商品が5%オフになりますが、このwaonポイントカードを提示するだけでその対象になります。イオンのスーパーでは期間限定でポイントが追加で付与される商品があります。このカードでもポイント付与の対象になります。
そして貯まったポイントは商品と交換する事も出来ます。それらはWAON POINTのサイトで確認、交換する事が出来ます。
イオンのクレジットカードで予めwaonポイントが紐付けされている物もあります。このwaonポイントカードなら他社のクレジットカードの時にも商品の合計の200円に1ポイントが貯まります。

クレジット決済の分は他のカードで貯めたい時に用いる事の出来るクレジット決済機能の無いカードです。
紛失のリスクを考えたり、他のカードで一括してクレジット決済のポイントを貯めている人には丁度いいポイントカードになります。
又、家族でそれぞれ保有しイオンのクレジットカードと紐付けする事で全てwaonポイントをまとめて管理する事も可能です。
イオンが近くにあり、よく使う人には必須のカードになります。


WAONポイントカードの発行の仕方(作り方)

waonポイントカードの発行の仕方は貰って帰ってくると言う工程になります。カードはイオンのスーパーやコーヨーなどに置かれています。電子マネーのカードはお金を出して購入しないといけませんが、このポイントカードは無料で貰う事が出来ます。
近くに販売されている電子マネーのカードが設置されている事が多いので、持って帰っても本当にいいのか躊躇してしまいますが、無料と記載されており問題ありません。
貰ったその日の内から貯める事は出来ます。ただ、会員登録しないとポイントは使用する事が出来ませんので注意して下さい。
もし、出先でカードを持ってくる事を忘れた場合には無料でもらい、後で会員登録し使用する事も出来ます。
色んなスーパーの独自のポイントカードがありますが、それを同じ作り方になります。

他のスーパーのポイントカードと少し違う事と言えば、イオンなのでイオン系列の多くの場所やネットでの買い物でポイントを貯める事が出来ると言う事です。
その場で作る事も出来るし、会員登録は自宅で出来るのでその場で住所を書いたりする必要もありません。その場で書かせるスーパーよりもかなり手軽に作る事が出来ます。
店員さんと関わる事なくポイントを貯める事が出来るのです。

WAONポイントカードの会員登録・ログインについて

waonポイントカードはその場で貯める事は出来ますが、使う為には会員登録しなくてはいけません。
その方法は店頭ではなく、ネットからの登録になります。
ネットでWAON POINTと検索し、新規登録をする事になります。IDとパスワードを設定し、WAON POINTカードの裏の16桁の数字を記載します。
その後名前や年齢、住所等を入力し会員登録設定完了です。その後はIDとパスワードでログインする事が出来ます。
保有しているポイント数を確認したり、お得な情報を確認する事が出来ます。
貯まったWAON POINTを商品に交換するのもこちらの会員でログインする必要があります。

また、複数のwaonポイントカードのWAON POINTを合算したり分けたりする事も出来ます。その時にもこちらのサイトからの設定が必要となります。
色んな場面で検索する事になるので、カードを取得したらまずは会員登録をお勧めします。買い物をする以外にもポイントを貯める事が出来る事も知れます。
スーパーのポイントカードの一種ですが、これほどまでにサービスを展開しているのはイオンの waonポイントカードだけではないでしょうか。
色んなお得な情報や使い方を調べたりする事ができます。


WAONポイントカードの使い方は?

waonポイントカードの使い方は簡単です。買い物の支払いの時にカードを提示します。
スタッフの方はそのカードを読みとってくれますので、その時の会計分のポイントが付与されます。
ポイントを使用する時には自ら使用する事を伝えないとレジの方は特に何も言われません。
たまに気のきく方でしたら、沢山貯まっていますが、いかがされますか?と言って下さる事もありますが、基本的に自発的に行わなくてはなりません。
セルフレジの場合も同じく、全ての会計の前にカードを持っていると選択し、カードを読みこませます。その段階でポイント数も把握されているので、支払いの選択の中からポイントで支払うを設定します。
すると保有ポイント数から希望するポイント数を入力してポイントで支払いを補填する事になります。
その場で全てを使用しなくても問題ありません。端数分だけのポイント支払いも可能です。
会員登録していない時には、このカードではポイント支払いは出来ないと表示されます。

また、沢山貯まったポイントを商品を交換する事も出来ます。その場合はサイトからログインして商品を選び、このアイテムと交換を選択します。
貯まった都度ポイントを使用してもいいですし、沢山貯めてからアイテムと交換しても大丈夫です。
色んな使い方出来る便利なポイントカードです。

waon(ワオン)ポイントのカード登録方法、使えるお店は?

WAONとは

先行して実績を重ねてきた交通系(Suicaなど)、独立系(楽天Edyなど)に対して「流通系」と称される電子マネーの一つで、プラットフォームにはソニーの非接触型ICカード通信技術「FeliCa」が採用されています。

2007年(平成19年)4月25日から会員募集を開始し、4月27日にサービスを開始しました。

ICカードタイプと、FeliCa搭載の携帯電話(おサイフケータイ)に内蔵させるモバイルタイプがあり、ICカードタイプは単独カードのほか、クレジットカードやキャッシュカードと一体化されたものを始め、他社のカードとのジョイントカード(もしくは他社カードを親カードとし、子カードとして機能するもの)など多数発行されています。

名前の由来は複数の音が調和してできる「和音」。キャラクターには白い犬を採用、一般公募によりHappy Waon(ハッピーワオン)と名付けられました。


WAONポイント

・WAON POINT

イオングループ各店、WAON POINT加盟店でのお買い物時などにたまるポイントです。

お買い物時にWAON POINTカード、またはイオンカードをご提示いただくと、200円(税込)のお買い物で1WAON POINTがたまります。また、次回のお買い物で1WAON POINT=1円でご利用いただけます(WAON POINTカードのポイントを利用するためには会員登録が必要です)。また、WAON POINT会員登録済の電子マネーWAONで、WAON POINT加盟店でお支払いいただくと、200円(税込)につき1WAON POINTがたまります。さらに1日~月末までの利用分を集計し翌月中旬までに500円(税込)につき1WAON POINTが付与されます。

電子マネーWAONにたまったWAON POINTはWAONステーションにてポイントのダウンロードとポイントチャージを行い、電子マネーWAONにすることで支払いにご利用いただけます。

 

・電子マネーWAONポイント

電子マネーWAONのカード内ポイントです。

WAON POINT会員未登録の電子マネーWAONカードで、電子マネーWAONでの支払い200円(税込)ごとに1WAONポイントがたまります。またWAON POINT会員登録に関わらず、WAONPOINT未加盟店では電子マネーWAONでの支払い200円(税込)ごとに1電子マネーWAONポイントがたまります。

 

WAONのポイント交換

たまったWAON POINTは、WAONステーションやイオン銀行ATMで電子マネーWAONに1WAONポイントから1円分のWAONとして交換する事ができ、交換した後、全国の電子マネーWAON加盟店での支払いに利用する事ができます。

WAONステーション、WAONネットステーション、イオン銀行ATM、Famiポート、ミニストップの店舗レジ、モバイルWAONでポイントチャージができます。

また、イオンカード(WAON一体型)の利用で貯まる「ときめきポイント」は1ポイント=1WAONポイントで1000ポイントから交換する事ができます。


WAONのチャージ方法

・店頭チャージ

イオングループの主な直営店舗ではチャージや残高照会、その他の設定ができる機器が設置されており、自分で操作してチャージを行えます。

・端末チャージ

イオン銀行のATMを使い、現金またはイオン銀行口座からの直接チャージをする方法です(一部対応していないATMもあります)。

・モバイル・PCオンラインチャージ

FeliCaポート搭載パソコンもしくはPaSoRiを用いて「WAONネットステーション」に接続し、登録してあるイオンカードからのクレジットチャージまたはイオン銀行口座からチャージする方法です。

・オートチャージ

WAONカードプラス、イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクト、イオンバンクカード、モバイルWAONで利用できる。設定額(決済後のWAON残高及び1回辺りのチャージ額)に基づいて加盟店(一部を除く)利用時に自動的にチャージされる。金額設定はWAONステーションやイオン銀行ATMで行います。

イオンカードセレクト、イオンバンクカードは、チャージ額が銀行口座から直接引落される即時引落しのため、普通預金口座の残高が入金設定額未満の場合はチャージされません。オートチャージされるのは1日1回までです。

 

WAONが使えるお店

(スーパーマーケット)

AEON(イオン)

daiei(ダイエー)

MaxValu(マックスバリュ)

gourmecity(ダイエー グルメシティ)

Peacock Stores(ピーコックストア)

KOHYO(コーヨー)

まいばすけっと

マルナカ

キミサワ

イオン スーパーセンター

(イオン系列のショッピングセンター)

AEON MALL(イオンモール)

AEON TOWN(イオンタウン)

VIBRE(ビブレ)

FORUS(フォーラス)

金沢百番街RINTO

東京駅一番街

千歳アウトレットモール・レラ

東急プラザ(蒲田典・戸塚店・表参道店のみ)

マリノアシティ福岡

リバーウォーク北九州

南砂町ショッピングセンターSUNAMO

WISTE(ウィステ)

ハービス

ユニバーサル・シティウォーク大阪

マーサ21

JRタワー

SELVA(セルバ)

(コンビニ)

ミニストップ

ファミリーマート

ローソン

NATURAL LOWSON

LOWSON STORE 100

ポプラ

スリーエイト

生活採家

サークルK

サンクス

(ドラックストア、薬局)

ウェルシア

ハックドラッグ

ドラッグストア ダックス

ツルハドラッグ

くすりの福太郎

ドラッグストア ウェルネス

レデイ薬局

ドラッグユタカ

金光薬品

保険薬局 ファーコス

(空港)

BLUE SKY

新千歳空港

東京国際空港(羽田空港)

成田国際空港

中部国際空港(セントレア)

大阪国際空港(伊丹空港)

関西国際空港

福岡空港

那覇空港


WAONのキャンペーン

・毎週土日はタッチでWAONポイントプレゼント!

毎週土曜日と日曜日に、対象店舗に設置のハッピーゲート端末にWAONカードをタッチすると、2WAONポイントが貰えます。

・毎月10日はありが10デー

毎月10日に対象店舗にて、WAONのお支払いでWAONポイントが5倍、イオンカード(WAON一体型)払いでは、ときめきポイントが5倍になります。

・お客さまわくわくデー

毎月5・15・25日はWAONカードでのお支払いでWAONポイントが2倍になります。

・お客さま感謝デー

毎月20日・30日はWAONカードでのお支払いで5%割引きとなります。 さらにWAONポイントもたまります。

その他、WAONメンバーズ会員になると、WAONに関するおトクな情報をメールで受け取ることができ、マイページにログインすると、実施中のキャンペーンを一覧でご閲覧出来ますます。

参加済みのキャンペーン、未参加のキャンペーンの確認がしやすいので、キャンペーンの見逃しも防止できます。

 

イオンカード(WAON一体型)とは

イオンカード(WAON一体型)は、イオンカードのクレジットカード機能、電子マネーWAONが利用できますが、支払い方法により貯まるポイントが違います。

また、2016年6月より、共通ポイントカード「WAON POINTカード」が発行され、ポイントの貯まり方に大きな変更がありました。

イオンカードのクレジットカード機能、電子マネーWAONの2つの機能を使いたい方にとって、便利なカードです。

イオンカード(WAON一体型)の利用では、ときめきポイントが貯まります。また、電子マネーWAONおよび現金の支払いでは、WAON POINTが貯まります。

ときめきポイントとWAON POINTは、別のポイントです

イオンカード(WAON一体型)は年会費無料ですが、ショッピングセーフティ保険という強力な保険がついています。購入後、180日以内であれば、偶然の事故(破損事故、火災事故、盗難事故など)で生じた損害について、全額が補償されます。

スマホ、パソコン、デジタルカメラも対象になります。