Hotmail

『hotmail.com』と『hotmail.co.jp』の2種類のドメインは指定・変更はできるの?違いはあるの?

『hotmail.com』と『hotmail.co.jp』のドメインについて

フリーメールとして、ホットメールのアカウントを取得した時、「@」以降の部分のドメインと呼ばれる箇所が自動で決まります。
では、それぞれの違いについて見て行きます。
平たく言いますと、hotmail.comは2004年11月18日までにホットメールのアカウントを取得した人に付与されるドメインです。これは、全世界共通のドメインとして当初から用いられてきたドメインです。

一方のhotmail.co.jpについては、2004年11月19日以降に日本で新規にホットメールのアカウントを取得した人に付与されるドメインです。
これは、従来までは日本でホットメールのアカウントを取得した際にも、元々はhotmail.comのドメインが付与されていましたが、MSN が2004年11月19日に日本専用のドメインとして新たにhotmail.co.jpを追加した為です。
そして、hotmail.co.jpが追加されて以降は日本で取得するホットメールのドメインは、hotmail.co.jpとなります。
日本専用のドメインが追加された事により、「@」以前の自分で決めるアドレス部分の重複を避けやすくなったり、hotmail.comのドメインを指定したアドレスへの一斉迷惑メール送信を削減したりすると言ったメリットがあります。

また、従来のhotmail.comのドメインが付与されている人でも、引き続き問題無く、ホットメールの利用は可能となっています。


hotmailのドメインには他にも種類がある?

上記でも説明しましたが、MSNがドメインの種類を増やす事により、迷惑メールの一斉送信の削減や、ユーザーが「@」以前の部分に自分が希望するアドレスを取得し易くなるなどのメリットがあります。
ですので、ホットメールのドメインは他にも元々のドメインであるhotmail.comや、日本専用のドメインであるhotmail.co.jp以外にも、各国専用のドメインが存在しています。

例えば、韓国ならhotmail.co.kr、イギリスならhotmail.co.uk、ロシアならhotmail.ruなどが存在します。また、中にはあまり見慣れないラトビアのドメインhotmail.lvなども存在しており、ホットメールのドメインは他にも多数の種類が存在しています。
この様に、ホットメールのユーザーが世界中に増えた事により、ドメインの種類も増えて行きました。

そしてこのドメインは、ホットメールを利用しているユーザーのPCなどの言語設定に紐付いており、ホットメールのアカウントを新規に取得した時に、自動で割り振られています。
なお、米国でホットメールのアカウントを取得すると、従来通りのhotmail.comが付与されます。

また、各国のドメインにより、提供されるサービス内容(メールボックス容量や添付ファイル容量の上限など)に差がありますが、hotmail.comとhotmail.co.jpの間での提供されるサービスに差はありません。


hotmailのドメインは指定・変更はできるのか

では、このホットメールのドメイン部分は指定したり変更できるものなのでしょうか。
まずは、変更についてですが、既に取得済みのアドレスについては、基本的に変更は出来ません。ですので、2004年11月18日までにhotmail.comのドメインを取得した人で、どうしてもhotmail.co.jpへ変更を場合は、新たにホットメールのアドレスを取得し直す必要があります。

また、その逆も同じで、すでに取得しているhotmail.co.jpから他ドメインへの変更もできません。
また、他国ドメイン指定は結論から言えば、可能です。

上記でも説明しました様に、ホットメールのドメインはユーザーが使用している言語に基づき、自動で割り振られています。
ですので、海外専用のドメインを取得するには、PCの言語設定を取得したいドメインの国の言語に変更し、尚且つ取得したい国のドメインのMSNに接続して取得ると言った、やや特殊な方法ではありますが、希望のドメインを取得する事は可能です。

しかし、英語圏内ならまだしも、マレーシアのドメインhotmail.myが格好良いと思って言語設定を弄りますと、後々大変な事になる可能性もあります。
ですので、基本的には普通にホットメールを利用するだけであれば、一旦取得したアドレスのドメインの変更はできない。

また、新規でホットメールのアカウントを取得する際も、自動で割り当てられるドメイン以外のドメインを指定・取得したい場合には、特殊な設定が必要であると考えておいた方が良いでしょう。

Hotmail(outlook)にログイン(login)できない原因は?サインイン(signin)方法とページをご紹介!

hotmailとoutlookについて

outlockはWindowsのOSを搭載したパソコンに標準のメールソフトと選択されているソフトで、プリインストールされています。
このメールソフトの特徴は他のマイクロソフトの純正ソフトと連携の相性がいいということ、多くのメールチェックをこなすユーザーにとって会社でも自宅でも使い慣れているので不便を感じにくいところがメリットです。

そしてoutlockで管理できるマイクロソフトのメールサービスとしてユーザーが取得できるメールアドレスは、主にドメイン部分がhotmailあるいはoutlockとなります。
hotmailはアカウント作成時に昔から提供されているメールアドレスのドメインですが、最近ではoutlockも選択できるようになっています。
マイクロソフトのサイトで作成したメールアドレスや、フリーメールはメールソフトであるoutlockで複数のアドレスの送受信を管理することができます。

また最近では、ブラウザでサインインすることでいつもとは違うパソコンでも送受信が簡単にできるweb版のoutlockもあります。
スマートフォンやタブレットなどメールソフトをインストールしていない端末でも、メールの作業がやりやすくなっているのです。
web版ではログインできるアカウントは基本的に1つですが、その他のアドレスを登録することができ、ブラウザ環境下でも複数のアドレスの管理が手軽にできるようになっているのです。


hotmailのログイン(login)・サインイン(sign in)方法とページについて

メールアドレスとパスワードの認証後、アカウントにアクセスすることをマイクロソフトのサービスではサインインと統一して表示されています。
マイクロソフト以外の他のサービスではログインと表記がなっていますが、機能や意味合いは同じです。
ではhotmailにサインインする方法ですが、ブラウザではマイクロソフトのサービスのページのどこからでもアクセス可能なのです。
SkypeやXboxもマイクロソフトのアカウントでloginするため、それらのページからsigninをおこなってもhotmailを利用しているwebメールのページに再入力することなくシームレスで移動できます。

つまり複数のサービスを1回のサインインでそのまま利用できるということです。
また、サインインには基本的にアカウント名となっているメールアドレスを入力しますが、アカウント名のプライマリメールアドレスでなくても、アカウントエイリアスに登録してあるアドレスならログイン時に使用することもできます。


hotmail ログイン(login)・サインイン(sign in)できない時は?

hotmailにサインインできない場合の原因はユーザーのパスワードの入力ミスなども比較的多いですが、それ以外のケースも存在します。
ログインできないと焦って複数回入力するとロックがかかってしまうこともあるので、冷静に対処することが大事です。
まずhotmailにサインインできない理由として、ブラウザのシステムの不具合もあります。
一度キャッシュを削除するとうまくいくこともあり、入力ミスでないのであれば試してみるのがいいでしょう。
次にメールソフトのoutlockにhotmailでサインインできない場合、接続の問題というケースもあります。
送受信に必要となるポート番号などが間違って登録されていないかをチェックしましょう。
popかimapか送受信の仕方などでもポート番号が異なってくるので、メールソフト限定でhotmailが使えないなら確かめてみる必要があります。

また、サインインできない場合、ロックされる前ならパスワードのリセットで解決することもあります。
セキュリティコードを受信するアドレスでコードを確認した後、パスワードを再設定するのと同時にログインができるようになります。
またセキュリティ上の問題として一時的にブロックされているためhotmailにアクセスできないケースもあるので、その場合はsmsによる確認コードの入力で解除されます。
hotmailにサインインできない時は、原因を絞って対処することで解決までが早くなるのです。

Hotmailのアカウントの作成(取得)・削除方法とは?復元・追加・変更はできるのか検証してみた

hotmailのアカウント作成(取得)について

hotmailはマイクロソフト社が提供する電子メールサービスです。
現在hotmailは事実上サービスを終了し、代わりにOutlook.comに移行されました。
しかし、Hotmail専用ドメインを含むメールアドレスは引き続きOutlook.comでも使うことができ、新規のアカウントも作成することが出来ます。

hotmailのアカウントを作成する方法はとても簡単です。アカウント取得は無料でできますので、一つは持っておくと便利です。
まず、アドレス新規登録のサイトへアクセスし、新しいメールアドレスを取得を選択します。
次に希望するメールアドレス、パスワードを入力します。アカウントにアクセスするためのパスワードは忘れないようにします。忘れてしまうと、あとからサインインできなくなります。このとき、メモか何かに控えておくと安心です。
次に個人情報を入力しましょう。名前、言語、国と地域、生年月日、セキュリティ情報の追加(電話番号)等を記入します。セキュリティ情報の追加では[アクセスコードを入力してください]の表記がされるので電話番号先に届いたアクセスコードを入力してください。
これで入力は完了です。

その次に、いくつかの設定を行う画面になります。言語やタイムゾーン、テーマの選択、サービスの説明画面がでます。
登録された後は、サインインすれば、Outlookのメール機能が使えるようになっています。


 hotmailのアカウントの削除方法とは

hotmailのアカウントを削除するには、自分のアカウントにアクセスしてオンラインで行います。
画面右上にある、歯車のアイコンをクリックします。そうすると、プルダウンメニューが出ますので、その中から「オプション」を選択してください。
オプション設定画面が表示されるので、アカウント管理からアカウントの詳細を選びます。
下にスクロールすると、「アカウントの削除」という文字があると思うので、これをクリックしましょう。

hotmailのアカウント削除には、自分で設定したパスワードが必要になります。
パスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックします。
次の画面ではOKを押さずに「お使いのOutlook.comアカウントはまたはHotmailアカウントを無効にする」という青い文字をクリックしてください。
アカウント削除の理由を聞く画面になりますが、適当に選択肢します。
最後に「アカウント使用の停止」ボタンを押して、完了となります。
アカウントが無効になりましたというメッセージが出たら、OKです。
hotmailのアカウント削除には少し時間がかかります。一定期間アカウントが無効となり、そのあと削除されるシステムになっています。


hotmailのアカウントの復元・追加・変更はできるのか

使用停止やブロックされてしまったhotmailのアカウントは復元することも可能です。登録していたhotmailのアカウントを入力し、文字認証をすると、本人確認の画面になりますので、セキュリティコードを受け取る方法を選んでコードを受信します。
受診したコードを再度アカウント画面で入力するとパスワードのリセット画面になりますので、そこで新しいパスワードを設定してください。
その後、「お使いのアカウントは回復されました」というメッセージがでればOKです。

hotmail(Outlook.com)のアカウントはエイリアスという機能を使って追加することが可能です。
一つのマイクロソフトアカウントで異なるメールアドレスを取得できるのでとても便利な機能です。
hotmailのアカウントに「+」記号を付けて文字列を連結させる方法とまったく新しいメールアドレスを作成する方法があります。
一つのマイクロソフトアカウントで、最大10個までメールアドレスを取得できます。

hotmailのアカウントを変更したい場合も、このエイリアス機能をつかって、追加でアカウントを取得します。その後、使わなくなったアカウントはエイリアスを削除することで使用停止することができます。

Hotmailが届かない原因はアカウントの設定?迷惑メールの設定?

hotmailとは?

hotmailとはかつてMSNが提供していたWebメールです。現在はOutlookに全てのサービスが移行し、また引き継ぎの機能でhotmailの再利用も不可能なため、事実上新規作成も出来ない終了したサービスと言えます。hotmailで使用していたメールアドレスについてはOutlookで引き続き利用が出来るので、どうしても必要な場合はOutlookで使用すると良いでしょう。1990年台のから登場し、誰でも無料でメールアドレスを取れるような仕様によって高い人気を持っていたWebメールとなりました。

また使用できる言語もかなり多様であったため世界規模で利用されており、2007年以降にWindows LIVE hotmailとリニューアルされてからも、Windows LIVEメッセンジャーやメールといったサービスと強く結びついているため、現在でも多くのユーザーが登録しています。

また2000年からはスパムメールを排除する機能を導入し、利用者が保護レベルを選べるようになりました。これは受信したスパムメールが自動で専用フォルダに送られる機能で、今日の別のWebメールでもよく備え付けられている機能です。


なぜhotmailにメールが届かないのか

hotmailにメールが届かない理由には幾つか理由があります。まずメールソフトへアカウントをきちんと設定しているかがあります。利用しているメールソフトでアカウントの登録が出来ていないと、メールがとどかない場合があります。次に迷惑メールとして振り分けられてしまっている可能性があります。hotmailでは、特にフリーメールアドレスを使っている場合に迷惑メールと判定されることがあり、あるいは仕様としてエラーとしてメール自体がなかったことになってしまいます。これは迷惑メールをなくすために平成14年から、特定電子メール法、特電法と呼ばれる法律があるからです。頻繁に改定が行われており罰金を課せられてしまうこともあります。この法律の影響で悪質と判断されたメールは、受信者に届く前に消されてしまうのです。

メールサービスをおこなっているサーバーなどは迷惑メールかどうかについて、インターネット上の情報等を照らし合わせて自社の判断基準を設定しています。そのため少しでも基準に抵触すると誤判断が起きる場合もあります。フリーアドレスの場合は誰でもアドレスが取れることもあるので、対策内容がより厳しいものとなっているため、届かないことが多くなるのです。


 hotmailのアカウント設定は関係している?

hotmailのアカウント設定によって受信できるメールと出来ないメールが決まるのは関係あるのでしょうか。hotmailからOutlookにメールを変更した場合や、受信ボックスを変更した場合に受信できるメールと出来ないメールがあるため、関係はあると言えます。まずhotmailはOutlookというWebメールに変更となり、hotmailユーザーはOutlookに受信ボックスを移行することになります。このOutlookはクラシック版とベータ版に分かれており、それぞれに受信できないメールが存在しています。この場合クラシックOutlookをベータ版に変更することで解決する場合もあります。

hotmail自体のアカウント設定だけで関係していることはありません。どうしてもメールを受け取る側のWebメールの設定で送受信が左右されることがありますので、そちらの設定を調整する必要があるのです。他にもhotmailを一定期間利用していない場合は送受信できなくなる場合があります。この場合は再ログインして確認ボタンを押せば解決します。送受信出来なくなる状態を防ぎたい場合は、なるべく短い期間に一度アカウントにログインしてメールボックスを確認することで予防できます。

 hotmailの迷惑メール解除方法について


hotmailで迷惑メール設定を解除するには、まずhotmail画面にある「差出人のアドレスを迷惑メールの防止項目」に表示された差出人セーフリストをクリックします。それから受信したいメールアドレスかドメインをリストに追加すれば解除できます。それでも解除ができない場合は、hotmail画面のオプションからさらに詳細オプションを選択すると、迷惑メールの防止という項目がありますので、リストをクリックします。このリストの中に差出人のアドレスやドメインが入っている場合は迷惑メールとして、受診を拒否している状態です。そのため解除したい時は該当のドメインやメールアドレスを選択して、リストから削除すれば完了です。

これから先、ある程度拒否になる状態を避けたい場合はメッセージルール確認を見直す、迷惑メール処理設定を確認するといった予防策が必要です。特にセーフリストやアドレス帳に無いドメインは迷惑メールとしてくれる処理設定は、メールを多用する場合必要不可欠といえるでしょう。設定する場合は「迷惑メール処理レベルの選択」を選択し、自分が希望する処理レベルを設定して保存します。知人のみなど絞った設定にすれば、余計なメールが届かなくなります。

Hotmailのサインインの方法、設定、使い方など紹介

Hotmailのアドレス

HotmailというのはMicrosoftが運営する無料の個人用Webメールサービスで、以前の呼称で、今は「Outlook.com」に名前が変わりました。

Microsoftは、クラウド型メールサービス「Outlook.com」を正規サービスとして提供を開始し、Hotmailを利用していたユーザーは、Outlook.comのwebサービスにグレードアップされましたが、今も生きているHotmail のメールアドレス(1年以上サインインしていないと削除されています)であれば、Outlook.comにログインして利用する事ができます。

現在は、Outlook.comのサイトから新規取得することもできます。

270日以上サインインしない場合は一時的にメールアドレスが利用できない状況になり、メールボックスのメールも自動的に削除されるようになり、また更にそこから1年サインインしない場合はアカウントを削除されてしまいます。アカウントが削除されると永久的にそのメールアドレスは使う事が出来なくなります。

ですが、有料版のアカウントを利用しているのであれば、この制限はありません。


Hotmailの使い方

使用に関しては、個人の私的な使用に限られていますので、使用条件を良く見てから利用しましょう。

インターネットに接続できるパソコンさえあれば、家族一人に一つずつ個別のメールアドレスを取得できます。無料で登録、利用ができますが、有料版にすることでウイルス対策、容量を増やす、広告を非表示にできるなどのサービスも用意されています。

利用するには、ブラウザから使えるのと同時に、今お使いのメールソフトでメールの送受信を行う事ができます。

また、スマートフォンやタブレットの標準のメールソフトでも使う事ができます。登録すると固定メールと同じようにホットメールを扱う事が出来るようになるので、固定メールは標準メールソフトで、フリーメールはブラウザで使うといった使い分けも必要なくなります。

 

Hotmailのサインイン方法

Outlook.comのホームページから、お持ちのHotmailのIDとパスワードでサインインする事が出来ます。

(手順)
・Outlook.com のトップページにアクセスします
・「サインイン」をクリックします
・お持ちのHotmailのアドレスを入力して、「次へ」をクリックします
・パスワードを入力して「サインイン」をクリックします

また、パソコンにサインインする際に必要なマイクロソフトアカウントを用いてログインすることでHotmailも利用できます。

インターネットが繋がっているデバイスならば、サインインするだけで自分の物以外のデバイスからでもメールがチェック出来るので便利です。

マイクロソフトが展開しているサービスはスカイプやクラウドストレージサービスもあり、Hotmailのアドレスで利用することができます。

しかし、メールアドレスには個人情報が詰まっているので、心配であれば未使用時はサインアウトしておきましょう。


Hotmailにサインインできない場合

1年以上サインインしなかったり、アカウント作成後に10日以上サインインしないと、Hotmailアカウントは無効になります。受信メールや、作成したフォルダーやアドレス帳はすべて削除され、送られてきたメールは配信不能メールとして差出人に返送されるようになってしまいます。

アカウントが無効になった場合は、Outlook.comのWebページから新しいアカウントを登録する必要があります。アカウントが無効にならないように、少なくとも月に一度はサインインするように気を付けましょう。

また、海外で別のデバイスからなど、普段と異なるアクセスをすると、ブロックされてしまう事があるそうです。

Hotmailのアカウント情報が正しいのにサインインできない場合は、上のような警告が発生していないことを確認しましょう。

警告が発生していなければ、エラーコードを確認して、可能性のあるエラーのリストを参照して、サインインに関する一般的な項目を確認しましょう。万が一、一覧にない場合は、「状況コード検索のページ」で状況コードを検索する事もできます。

解決しない場合は、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

 

Hotmailの設定

基本的な設定方法は以下

・Hotmailを使いたいデバイスのメールアプリを起動し、設定画面を呼び出します
・「アカウントの追加」をクリックします
・HotmailのID(メールアドレス)とパスワードを入力してサインインします

 

パソコンのメールソフトなどで必要な情報は以下

・IMAP
サーバ名  imap-mail.outlook.com
ポート    993
・POP
サーバ名  pop-mail.outlook.com
ポート   995
・SMTP
サーバ名  smtp-mail.outlook.com
ポート   587

2016年6月ごろから、メールソフトでの受信(POP)が繋がらなくなる現象が発生しているようですが、Outlook.comのアップデートに伴い設定が変更されてしまい起きているようなので、もしPOP を使用してメッセージを取得するときに、エラーが表示される場合はまずOutlook.comのwebサイトにサインインしてPOP 設定を有効にしてください。

また、覚えがないのに広告メールが届いたりするなど、迷惑メールの受信を防ぎたい場合には、受信拒否の設定も出来ます。「受信拒否リスト」にメールアドレスを登録すると、登録したメールアドレスからのメールは、迷惑メールと判断され、自動的に削除されるようになります。