100均の収納ボックスのサイズについて

今回はキャンドゥのボックスのサイズおよび値段を調べました。

フタ付きストレージBOX:W275×D188×H115、フタ+ケースで100円です。
プレーンBOX(M):W275×D190×H120、フタ+ケースで100円です。
プレーンBOX(L):W380×D270×H115、フタ+ケースで200円です。



 

100均の収納ボックスは布の他にもある?

一昔前は厚紙に布を貼ったような折りたたみ式の収納ボックスが主流でしたが、今ではプラスチック製のしっかりとした収納ボックスが主流です。
もちろん、布貼りの収納ボックスもまだ健在ですし、厚紙素材の物もあります。
プラスチック製だと、上記の収納ボックスのサイズが最も大きいサイズです。
それよりも大きなサイズを100均で探すとなると厚紙の折りたたみタイプになります。
プラスチック製タイプはパステルカラーかモノトーンのデザインが多く、色を合わせれば室内のインテリアの邪魔をしません。
布貼りタイプはかわいい感じやオシャレな雰囲気の布が貼ってあり、ボックス自体が部屋のインテリアになりそうです。
厚紙製は印刷ですので、いろいろなデザインのバリエーションがあり、カラフルな物が多いです。

その他にも、水杉の素材で編まれたバスケットのタイプのボックスやブリキの缶タイプなど様々な素材の収納ボックスがありますので、お店でじっくり、インテリアに合う収納ボックスを探すのも楽しいですね。


100均の収納ボックスにはフタはついてる?

フタが付いている物もあれば、ついていない物もあります。
フタが付いている物は小さい収納ボックスであれば、ボックスのフタを閉めた状態で店頭にならんでいることが多いので、フタの取り忘れはありませんが、大きなタイプの収納ボックスの場合、フタとセットのタイプとフタが別売りのタイプがあります。
店頭では大抵、ボックスが重ね積みされていて、その横にフタが重ね積みされているようなディスプレイがされていますが、価格が記載してあるシールに「フタ別売り」とか「フタ付き」というような表示があります。
フタ付きの収納ボックスを購入する際にはしっかり表示を見るようにしましょう。

一方、厚紙製の収納ボックスはフタもボックスも折り畳んで一緒にビニールに入っていることが多いので心配ありません。
布貼りタイプの場合フタが付いている場合はボックスと一緒にビニールに入っています。
厚紙製や布張りタイプなどの折り畳み式の収納ボックスは、組み立てた時のビジュアルが分かり難いので、袋に写真が付いています。
その写真でも、フタ付きかフタ無しか確かめることができるでしょう。