母の日

母の日の花以外のおすすめプレゼント(ギフト)と人気ランキングは?

母の日の花以外のプレゼント(ギフト)は?

2018年5月13日は母の日です。きれいな花ももちろん良いけれど、今年は花以外をあげたいという方も多いのではないでしょうか。花以外でも喜んでもらえる母の日におすすめのギフトをご紹介します。

・お母さんの趣味小物

お母さんの趣味を知っているならそれに関連した小物を送ると喜ばれるでしょう。例えば、料理好きのお母さんなら、キッチングッズや、珍しい調味料。ガーデニングが趣味のお母さんなら、かわいい柄のスコップやガーデニングブーツがおすすめです。実用性もあるのでお母さんは喜んで使ってくれるはずです。

・身に着けるもの

女性はいつまでたってもきれいでいたいものです。自分ではなかなか買わないものでもプレゼントされると嬉しく思います。いつまでもかわいらしくきれいでいてほしいお母さんにおすすめなのはネックレスやイヤリング、腕時計など身に着けるものです。プレゼントしたものを身に着けてくれて嬉しそうな顔をしているお母さんを想像するのも楽しいです。

・贅沢な食べ物

自分では買わないような食べ物をプレゼントされるのも喜ばれるでしょう。今ではインターネットを使って有名なお肉やお酒をお取り寄せすることもできます。お母さんの好みの食べ物を送ると喜んでもらえること間違いなしです。


母の日のおすすめプレゼントについて

母の日にプレゼントするものは何が良いでしょうか。たくさんあって迷いますよね。お母さんに喜んでも会えること間違いなしのプレゼントをご紹介します。

・スイーツ、お菓子

甘いものが好きなお母さんは多いでしょう。自分のためにはなかなか贅沢をしないお母さんに豪華なスイーツを送ると喜ばれること間違いなしです。スイーツは見た目もかわいらしく、母の日のお祝いにもってこいです。予約をしないと買えないような人気のお店のスイーツを送ってみるのがおすすめです。

・傘、レインブーツ
母の日が終わると梅雨が始まります。プレゼントしてもらった新しい傘やレインブーツがあると憂鬱な雨の日も少し楽しくなりますよね。

また、梅雨が終わると、日差しの強い夏が始まります。傘は晴雨兼用のものだと一年中使ってもらえるので良いでしょう。


母の日のプレゼントの人気ランキングについて

おすすめの商品は紹介しましたが、結局のところ何が一番人気なのか気になりますよね。こちらでは母の日のプレゼントの人気ランキングを紹介します。人気のものから選ぶのが安心で失敗もないでしょう。

第3位 化粧品
女性は出掛けるときメイクをしますよね。高価なものは自分のために買わないお母さんにブランドの化粧品をプレゼントすると喜ばれること間違いなしです。口紅やアイシャドウなどデパートに入っているブランドのものを送ると喜ばれるでしょう。普段あんまり化粧をしないというお母さんには、化粧水や乳液、日焼け止めなどスキンケアに使えるものをプレゼントするのも良いです。

第2位 温泉券、食事券など
温泉券や食事券などもお勧めです。温泉が好きな方は多いですよね。いつも一生懸命に家族を見てくれているお母さんに日ごろの疲れを癒してもらうため温泉に行ってもらうのはいかがですか。また、お母さんと離れて暮らしている人は、食事券をプレゼントしてお母さんと一緒に食事に行くのもおすすめです。同じ時間を過ごすと良い思い出になりますよ。

第1位 やっぱりお花
母の日のプレゼントのおすすめはやはりお花です。部屋にあるだけでぱっと明るくなりますよね。花束で渡すのも良いですが、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーも人気があります。これは枯れないのでずっと飾っておくことができ、良い思い出になります。水やりも必要ないのでこれも喜ばれる点です。

いかがでしたか。母の日のプレゼントはたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。お母さんが一番嬉しいのは一生懸命選んでくれたという気持ちです。日頃の感謝の気持ちを伝え、素敵な母の日にしてください。

40代・50代・60代別!母の日のプレゼントランキング!おすすめのおしゃれなギフトとは?

40代・50代・60代別の母の日プレゼントランキング

毎年やってくる母の日のプレゼント、悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。店頭では母の日にあわせ、趣向をこらした様々な特集が組まれています。
その中にはお店独自の「おすすめランキング」を作っていたりして、年代ごとそのおすすめ商品が異なっていることもあり、大変興味深い内容となっています。

40代のお母さんはまだまだ若くて、最近では20代30代の頃と変わらないペースで現役として働いている方もいらっしゃいます。
お仕事を持って外で働いているお母さんへは仕事に使える実用的なものが喜ばれるでしょう。
ペン、手帳、メモクリップ、高価でなくとも小さなものでも構いません。デスクに置けて邪魔にならず、目に入るたびに疲れた体も元気づけてくれるような、そんなプレゼントが好まれています。

また仕事疲れのお母さんには肩こりなどをほぐす実用的なマッサージグッズなども40代のお母さんへのおすすめランキングの中では上位に入る商品です。

50代のお母さんは家庭と仕事を両立されている方も多く、まだまだ働き盛りといえます。子供はすっかり手を離れたのでパート等で復職される方もいます。50代のお母さんの得意分野はなにか考えるとプレゼントもグッと選びやすくなります。お料理、お裁縫、掃除、ガーデニングなど…
50代のお母さんへのランキングでは、趣味に関する商品が数多くランクインしています。気恥ずかしいかもしれませんがお母さんと連絡を取り、
最近はまっていることや面白い趣味など、前調べするのも悪くありません。その上でお母さんの欲しがっているものを聞き出して、母の日にプレゼントするのがベストです。


60代のお母さんはすっかりベテラン選手で、お家のプロフェッショナルです。スクスク育つ孫の様子をみてくれたり、日々の生活のバックアップをしてくれます。
最近は何をするにも便利なグッズが多く、また「便利そうだけど自分では買わない」という商品も数多くあります。
60代のお母さんへのおすすめランキングではお料理が好きなお母さんならキッチングッズ、掃除が得意なお母さんには掃除グッズ、庭の手入れをされる方へプレゼントするおしゃれなガーデニンググッズが目立ちます。

実用的なプレゼントとは別に手作りのカードを用意するのも喜ばれます。母親にとって子供が作った手作りのカードはどんな既製品よりもとても思い出に残り、暖かく感じます。母親のかわいいイラストが入ったりしているとなお喜びも倍増します。
イラストが上手か下手かなどは関係がありません。実用的なプレゼントに一工夫して手作りのカードを添えて渡してみてください。


どの年代にも喜ばれる母の日におすすめのおしゃれなギフトとは

広い世界にあなたのお母さんはただ一人、母の日を迎え、そんなあなたのお母さんが何を好きで何が嫌いか、
何が得意で一体何を欲しがっているのか、プレゼントする前にリサーチするのはとても重要です。ですが忙しい毎日を送っている方は事前リサーチするのも大変です。
また毎年毎年やってくるのでもうネタ切れ、と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

しかしどんなお母さんでも「寝ない」「休まない」お母さんはいらっしゃいません。また「睡眠」は健康とは切っても切り離せない、人間ならば誰もが必要で何より大事なものです。

そんな睡眠を支える「寝具」を贈ればどの年代のお母さんにも喜ばれる、母の日に最適なギフトです。

寝具には実にさまざまな種類があり、何を贈るか散々迷った後で商品によってはさらに色を選ぶという必要もあります。
また、最近の寝具はおしゃれなものもあり人気があります。

お母さんの好きな色はなんでしょう?
青や黄色、緑など把握されている方は問題ありませんが、知らない方もいらっしゃるかもしれません。そんな時にはベージュを選択しておけば間違いはありません。
ベージュは寝具に好まれる色として売上ランキングの中でも人気が高く、

またどんなインテリアにも合うオールマイティな色です。そして多少汚れても白ほどには目立ちません。

シーツ、ベッドカバー、毛布など様々な寝具の中から色を選ぶのに困った時はベージュを選ぶのがおすすめです。

母の日に贈りたい実用的なプレゼントと手作りのプレゼント、かわいいイラストをご紹介!

今年も、「母の日」が近づいています。
母の日に何を送ればいいか?毎年、悩みますよね。
花束や食事券など、いろいろありますが、せっかくなら、贈ることで、お母さんが楽しくなるようなプレゼントを贈りたいものです。
ここでは、「母の日」に贈りたい、実用的なプレゼントや、手作りプレゼント、また、プレゼントに添えたい!可愛いイラストについて、ご紹介します。

実用的な母の日プレゼントとは

実用的な母の日プレゼントとして、代表的なものは、やはり、エプロンではないでしょうか。
エプロンは、毎日、家事をするお母さんにとって、必須アイテム。
料理をする時はもちろん、掃除や洗濯など、家事全般に日常的に使うもので、何枚あっても困らないし、その日の気分で、かわいいエプロンをセレクトすれば、いつもの家事がちょっと楽しくなり、オススメです。
また、エプロンは、安いものだと、1000円以内で買えるものもあり、お値段もお手頃なので、「今年は予算がない!」と嘆いている方や、学生さんなどにも、向いています。
エプロンのカジュアルブランドの中でも、おしゃれでかわいいと評判なのが、「フランフラン」。
お皿や、コースターなど、おしゃれな小物雑貨が、揃っています。
エプロンも、かわいらしい花柄や、ストライプ、ウエスト部分にリボンがついたものや、透ける素材のものなど、いろんな種類があります。
母の日のプレゼントとして、エプロンとセットで、ミトンや、スリッパなどを贈るのも、いいですね。
その他の実用的なプレゼントとしては、フライパンや、コーヒーメーカーなどがあります。


手作りの母の日プレゼントは?

特別な母の日に心を込めた手作りプレゼントを贈ると、感謝の気持ちがよく伝わり、もらった喜びも格別ですよね。
続いて、手作りの母の日プレゼントをご紹介します。

思い出を添える手作りアルバム


インテリアにもなるアルバムは、お母さんにも、きっと喜ばれるはず。
自分や家族の写真を入れたり、お母さんの旅行先の写真を入れてあげたりと、いろいろアレンジできます。手作りのアルバムに、カーネーションの写真を入れて、プレゼントすれば、母の日の感じがよく出て、喜ばれるかもしれません。

手作りの料理や、お菓子

「いつも家族のご飯を作っているくれているお母さんに、母の日ぐらいは楽をさせてあげたい!」そんな気持ちを込めて、手作りの料理や、お菓子をプレゼントするのもいいですね。
日頃は料理をしないお父さんと、家族で協力して、一緒に料理をするのも、アリです。
パスタやカレーなど、簡単なご飯を作ってもいいし、母の日をお祝いするケーキや、スイーツを作ってみるのも、楽しいと思います。
ケーキに、「お母さんありがとう」のメッセージをデコレーションすると、喜びも、ひとしおなのではないでしょうか。


母の日のプレゼントに添えたい!可愛いイラスト

母の日のプレゼントに添える、メッセージカードにも使える、かわいいイラストをご紹介します。
Web用イラストなので、イラストにカーソルを合わせ、右クリック。画像を保存しておけば、いつでも使うことができます。

カーネーションイラスト

母の日の定番の花。それはカーネーション。
カーネーションのイラストは、1輪のものと、3輪のもの、色は、カラーとモノクロがあります。

お母さんと、子供のイラスト

カーネーションをもらって喜んでいる様子のお母さんのイラスト、また、優しい雰囲気のお母さんと、幼い子供のイラスト、さらに、「Mother」の 「M」の旗を振って、母の日アピールをするパワフルなお母さんのイラストなどがあります。
ちょっと変わったところでは、幼い女の子とカーネーションを持ち、笑顔で手をつなぐお母さんのイラストもあります。

幼い子供のイラスト

「I love MOM」の旗を持ったかわいい女の子や、「Thank You」の旗を持ち、ニット帽をかぶったかわいい男の子のイラストなどがあります。
お母さんへの感謝の気持ちを伝えるには、最適のイラストですね。

母の日のギフトと言えば花キューピットのカーネーション!花言葉が知りたい!

なぜ母の日にカーネーションを贈るのが定番なのか

5月の第2日曜日は母の日ですね。
母への感謝を伝える日ということで、あちこちで母の日のギフト特集を目にします。
母の日のギフトとしてやはり定番なのがカーネーションですね。ではなぜカーネーションなのでしょうか?

カーネーションを贈る習慣は母の日の由来と関係があります。
アメリカにアンナ・ジャービスという女性がいました。アンナの母が亡くなり、当時の5月の第2日曜日追悼式が行われました。
アンナは自分を苦労しながら育ててくれた母を追悼し、母アンが好きだった白いカーネーションを出席者に配りました。

この出来事が母に感謝を伝える日としてアメリカ中に広がっていき、1914年には当時の大統領ウィルソンが正式に「母の日」として制定しました。
はじめはアンナが白いカーネーションを亡くなった母に捧げたことから、母が亡くなっている人は白いカーネーションを、母がいる人は赤いカーネーションを自分の胸に飾っていました。
それがしだいに母の日にカーネーションを贈る習慣として定着していったのです。


母の日に贈る花は花言葉に気をつけよう

カーネーション全体の花言葉は「女性の愛」「感動」「純粋な愛情」といったものですが、実は色によっても花言葉が違います。
中には避けた方がよい色もあるので注意しましょう。

・赤…母の日の定番色です。花言葉は「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」
ただし濃い赤になると「私の心に哀しみを」となります。

・ピンク…花言葉は「感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」です。赤いカーネーションと並んでプレゼントとして人気のある色です。

・オレンジ…花言葉は「熱烈な愛情」「純粋な愛情」などです。どちらかといえば恋人へ贈る意味合いの強い色です。

・紫…花言葉は「誇り」「気品」です。母の日ギフトのアレンジメントにもよく使われます。

・白…花言葉は「私の愛情は生きている」「尊敬」「亡き母を偲ぶ」などです。母の日の由来から亡くなった母へ贈る花という意味合いがあるため健在の方へのプレゼントとしては避けた方がよいです。

・黄色…花言葉は「軽蔑」「嫉妬」です。綺麗な色ですがネガティブな意味合いなので贈り物としてはあまりよくありません。

このように花言葉をみていくと、同じカーネーションでも贈らない方がよい色もあるので母の日のプレゼントとしてカーネーションなどの花を贈る際には注意してみてください。


母の日に花束ギフトを贈るなら花キューピット!

母の日にカーネーションなどの花や感謝のメッセージを贈りたいと考える人は多いですよね。けれど遠方に住んでいたりするとなかなか直接贈ることができません。鮮度を保ったまま花を贈るのはなかなか難しいです。届いたはいいけれどいまいち花に元気がない様子ではせっかくのギフトが台無しです。

そこでおすすめしたいのが花キューピッドのギフトです。
花キューピッドは北海道から沖縄まで日本全国約4,000店の加盟店からなる花の配達ネットワークです。花キューピッドで花を注文するとギフトの贈り先の近くにある加盟店が担当花店となり、そこから贈り先へ花を届けてくれるので確実に鮮度が保たれたまま届けてくれます。さらにメッセージを添えることもできるので、花と一緒に感謝の気持ちを伝えることもできます。

さらに母の日ギフトセットとして、母の日の綺麗なアレンジメントにエプロンやハンカチ、スイーツなどをあわせて贈れるサービスもあります。
普段遠方に住んでいる母に感謝の気持ちを込めて何か特別なものを贈りたいと考えている人はぜひ花キューピッドを利用してみてくださいね。

2018年の母の日はいつ?セブンイレブン・伊勢丹・高島屋どこのギフトがおすすめ?

2018年の母の日はいつなのか?意味や由来は?

母の日は日本では毎年5月の第二日曜日と決められています。2018年の母の日は5月13日(日)になります。
母の日には定番のカーネションなどをプレゼントし、日頃の感謝の気持ちを伝えている方も多いのではないでしょうか。日本では、母の日は母親に日頃の感謝をする日ということですっかり定着していますが、一体どのようにして始まったのでしょうか。

諸説ありますが、元々はアメリカで起こったとされています。1907年、アメリカに住んでいた女性、アンナ・ジャービスが、貧しいながらも自分を懸命に育ててくれた母の死を悼み、母親が好きだった白いカーネーションを教会に飾ったのが発端とされています。いつまでも母親を敬う気持ちを大切にしたいというアンナの熱い気持ちへの賛同が全米で広まり、最終的に1914年にアメリカで母の日が制定されました。以後、母親が元気な場合は赤いカーネーションを、他界している場合は白いカーネーションを胸に飾る風習が広まったようです。母の日プレゼントの定番がカーネーションであるのはこのためです。

そして、日本へは大正時代に当時の青山学院教授のアレクサンダー女史やキリスト教関係団体などが普及活動を展開したことによって紹介されたと言われています。そして、現在のように母の日が国民的行事になるまでに至ったのは1937年、森永製菓が母の日の普及運動を全国規模で行ってからとされています。


セブンイレブン・伊勢丹・高島屋の母の日ギフトについて

母の日のプレゼントを何にしようか迷っている方も多いと思いますが、ここでは2018年のセブンイレブン・伊勢丹・高島屋の母の日のギフトについてご紹介します。

まず、セブンイレブンですが、定番のカーネーションをはじめマカロンやゼリーなどのお菓子やお酒などがあります。価格帯は平均して3000円から4000円程なので、とてもリーズナブルです。ネットはもちろんお近くの店頭でも予約が出来るのも便利です。さらに支払をnanacoですれば、ポイントも貯まります。

そして伊勢丹・高島屋ですが、百貨店ですので両社とも品揃えはかなり豊富で、定番のカーネーションはもちろん、母の日仕様にデコレーションされたケーキや趣味で使う小物など幅広いです。価格帯は1000円未満のものから1万円以上のものまであります。

伊勢丹で、特に注目すべきなのは母の日感謝膳(3000円台~1万円台)です。華やかさが目を引く老舗料亭のお膳なので、喜ばれること間違いありません。
それに対し、高島屋で特徴的なのはエステや有名レストランのランチチケットといった体験型ギフトです。物ではなく思い出を…と考えてる方に適しているでしょう。


また、高島屋限定で有名化粧品ブランドの名入れリップスティックというのもあります。世界に一つだけのものですから一生モノのプレゼントになります。

リーズナブルにプレゼントしたい場合はセブンイレブンが良いでしょう。3000~4000円の予算で手ごろに購入することができます。値段は多少高くてもOKという場合は伊勢丹か高島屋で選ぶと良いでしょう。

日々の食事づくりから解放され、老舗料亭のお膳をゆっくり味わってもらいたい場合は母の日感謝膳のある伊勢丹、物ではなく時間や思い出をプレゼントしたい場合はエステや有名レストランのランチチケットなどの体験型ギフトが豊富にある高島屋が良いでしょう。

母の日は5月13日ですが、3社とも母の日ギフトの申込はその1週間程前までとなっているためその点は十分に注意して下さい。母の日は母親を敬う気持ちを大切にしたいという思いからスタートしたものです。

何をあげたら喜んでくれるかをじっくり考えて、ご予算と相談して素敵なプレゼントを選び感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。