敬老の日

敬老の日 手作りメッセージカードの作り方や便利な無料テンプレートを紹介

敬老の日 手作りメッセージカードについて

敬老の日といえば、メッセージカードですね。心のこもったメッセージカードを送ることで、日頃の感謝の気持ちを上手に伝えることができます。

敬老の日のメッセージカードには、手作りのものもあれば、テンプレートを利用したものもあります。


作り方は様々ですが、いずれにせよ、心のこもったメッセージカードを敬老の日に受け取るのは、おじいちゃんおばあちゃんにとって心温まる思い出となることに違いはありません。


手作りのメッセージカードを敬老の日に送ることのメリットとして言えることは、手作りならではの温かみを届けることができるということです。


敬老の日 手作りメッセージカードの作り方

手作りメッセージカードの作り方として、テンプレートのサイトを使い、印刷をしたうえで、百円ショップにあるシールをうまく使う作り方があげられます。

絵心がなくて困ってしまうという人も、シールをうまく使うことで、綺麗なメッセージカードを作ることができます。


シールをどのようなレイアウトで貼れば良いのかわからない時は、便利なのがマスキングテープです。

好きな柄のマスキングテープをメッセージカードの縁に貼るだけで、ゴージャスな印象にすることができます。


最近はレースやラメなどを使ったマスキングテープもあるので、そうしたものを使うことで、安くて豪華なメッセージカードを作ることができます。

また、立体的なシールを使うと、さらにゴージャスにすることができます。こちらも、百円ショップの材料を使えます。

百円ショップには、コサージュのような綺麗な花の立体シールがあります。そうしたものを隅にでも貼ることで、びっくりするほど綺麗なメッセージカードにすることが可能になります。


敬老の日 メッセージカードに使える無料テンプレートについて

そして、テンプレートについては無料のものが多くあります。無理テンプレートサイトを利用する場合、そのサイトにある注意事項にそった使用をしなければなりません。

そうした注意が、気持ちよくメッセージカード作りをすることに繋がるので、忘れないようにしましょう。

無料テンプレートを使うにあたり、パソコンが得意な人であれば、それぞれのイラストソフトや画像処理ソフトを使って、好きな大きさにして印刷をすることが可能です。

メッセージカードだからといって、小さいサイズでなくてはならないということはありません。

時には、B5サイズやA4サイズのメッセージカードを作ってみるのも面白いですね。

パソコンがあれば、そうした設定は画像の取り込みの時や印刷の時に調節することができます。

ただし、無理テンプレートには、印刷するとき一番適正なサイズが決まっているものもあります。

そういう無料テンプレートを使うときは、指示に従ったほうが綺麗にできます。

しかし、どうにもパソコンが苦手だというのであれば、スマートフォンから印刷するという手段もあります。

その場合、コンビニで印刷すると綺麗に仕上がります。

さて、無料テンプレートといっても、何を使えばいいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、今回ご紹介するのは、さきちん絵葉書というサイトにある無料テンプレートです。

こちらのサイトには、無料で使えるイラストがたくさん掲載されています。

どれも手作り風で優しい雰囲氣をもつイラストなので、敬老の日のメッセージカードのテンプレートとしては申し分のないものだといえます。

また、ニフティのkidsのサイトにも、無料テンプレートが数多く掲載されています。

無料テンプレートを作るにあたり、個人のサイトのものは、その方とのやりとりをする必要があったり、著作権まわりで気になることがあるかもしれません。そういう人は、ニフティなどの公式の無料テンプレートを使うほうが簡単で良いかもしれません。

ニフティの無料テンプレートには、肩たたきけんなどのユニークなイラストもあります。

一見、普通の敬老の日のメッセージカードの裏に、肩たたきけんが印刷されているというのもユーモアがあって面白いと思われるかもしれません。

無料テンプレートを使うからといって、個性的でなくなるということはありません。

むしろ、その組み合わせで自分を最大限に表現することが可能になるのが、手作りメッセージカードの面白いところだといえるのではないでしょうか。

ぜひ、敬老の日には、無料テンプレートや百円ショップを最大限に利用し、素晴らしいカードを手作りしてみてください。きっと喜ばれることでしょう。

敬老の日に贈るおすすめの花束や花ギフトは?定番の花や花言葉もご紹介!

敬老の日に定番の花は?

敬老の日にふさわしい花というものがありますが、はっきりと、これという定番はありません。秋の花のリンドウやお祝いに相応しいランなどは定番と言えるかもしれませんが、特別に敬老の日に贈るための決まった花でなくとも、色や花言葉と関連づけて選ぶこともできます。

例えば、長寿のお祝いに使われる色を参考にすることもできます。還暦の赤からはじまり、70代の古希と喜寿は紫、80代の傘寿と米寿は金茶、90代の卒寿から先は白です。もちろん、季節の花を選ぶのも良いですし、贈られる方の好みの色や好みの花を選ぶことも喜ばれます。より自由に日頃の感謝を込めて選ぶことができます。


敬老の日にぴったりの花言葉は?

敬老の日に花を贈ることは、花とともに言葉をおくることです。贈る側の気持ちを何気なく花言葉に託して伝えることは良い方法です。相手の感性に合わせて、感謝や長寿を祝う花言葉を持つ花を選びます。

敬老の日の花言葉として適切なものは、やはり「感謝」や「尊敬」そして「愛情」といった贈る側の気持ちを込めたものが適当です。そして、贈られる側の「誇り」や「誠実さ」そして「威厳」などを表す花言葉も敬老の日にはふさわしいものです。

例えば、バラと敬老は結び付かないと感じられる方もいるでしょうが、バラには、誇り高さを感じさせ、愛情や美という花言葉が当てはまります。バラを贈ることで長寿を祝い、感謝と尊敬を込めることができます。色によって、ピンクは上品さを、白は尊敬を印象づけます。

また白いユリも純粋な愛や威厳を表しますので、尊敬を表すにはふさわしい花です。黄色いユリは陽気という花言葉を持ち色で印象は違がってきます。秋の花の桔梗やリンドウは季節感もあり、色合いも落ち着いており誠実に生きてきた人への信頼や愛情を表すことができます。少し変わったところでは、「吾亦紅(ワレモコウ)」という小さな花が卵型集まった秋の山野草の一種は、一説には、「われもこうありたい」から来た名といわれます。シンプルに気持ちが伝わります。そのほかにも、贈られる側が好きな花の中から適切な花言葉を持つ花を選ぶことができます。

一つの花には、いくつもの花言葉が付いているので気をつけましょう。色によっても花言葉は変わり、贈り手の意図と異なる解釈をされることもあります。必ず、メッセージを添えて明確に花言葉で気持ちを伝えるようにします。


敬老の日におすすめの花束・花ギフトについて

何時いただいても、花束や花ギフトはうれしいものです。花束が届いたときは、周り全体が華やぎお祝いにふさわしい雰囲気が広がります。そして、贈り手の気持ちが花束とともに伝わります。最近は、敬老の日の花ギフトも盛んになっており、多くの生け花店やネットショップで扱われており直接配送してくれます。生け花店で、相談しながら好みの花をコーディネイトすれば、花言葉や、花を贈る際の習慣や花の香の具合なども確認できます。

ネットショップでは、敬老の日用にコーディネイトされた花ギフトセットを扱っています。値段や色合いなどカタログが提供されていますので選びやすいことや、他のお祝の品も同時に送れるメリットがあります。


花束の全体の色合いは明るい方が敬老のお祝いに相応しいものです。ピンク系のバラやユリ、季節感のあるピンク桔梗などの組み合わせが華やかです。秋の季節感のでる紫リンドウを入れると落ち着いた雰囲気になります。または、赤いバラを基調にして若々しくまとめることもできますし、お祝いの定番のランも高級感や洒落た感じになります。もう少し、和風にということであれば、大輪の菊を色とりどりに束ねた花束は華やかな中にも落ち着きと季節感があります。ちなみに、高潔という花言葉が菊にあります。

花束のほかには、鉢物をギフトにすることもできます。リンドウは多年草ですので、毎年咲かせることができますし、増やすこともできます。前に触れたワレモコウのような山野草も野趣があって興味深いものです。多年草で地下茎を持ち、やはり増やすことができるので、長く楽しんでもらうことができます。いずれにしても、贈る側の敬老の気持ちが伝わり、受けられる方の好みや環境に合わせて選ぶことが第一です。

敬老の日 中学生にオススメの手作りお守りや写真立ての作り方、料理を紹介

敬老の日に中学生が手作りできるプレゼントについて

敬老の日に孫からプレゼントが届くなんてこんなにうれしいことはありません。

中学生になってお小遣いも増えたから奮発してお店でよいものを。そう考えるかもしれませんが、量産品があふれる現代においてかけがいのない孫からの手作りのプレゼントはプライスレスです。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

手作りというと小さな子が絵をかいたり、何かを張り付けてフレームやカードを作ったりということを想像するかもしれませんが、そこは中学生になった自分の成長を見てもらえるように少しクオリティの高いものの挑戦してみましょう。失敗しても、うまくできなくても大丈夫です。

挑戦した、自分のために時間を割いてくれたことが最大のプレゼントなのですから。


敬老の日の手作りお守りの作り方について

最近のおじいちゃん、おばあちゃんというのは見た目も活力も本当に若々しいです。

敬老の日の贈り物にお守り何てぴんとこないかもしれません。

それでも少し自分のことを振り返ってみてください。

引退試合や大事な試合の前、なにかコンクールの前などに後輩や友達、チームメイトでお守りを作って交換したりしませんでしたか?

神社で売っているきちんとしたものだけがお守りではありません。フェルトで作られたかわいいマスコット、プラバンで作られたキーホルダー、最近ならプラバンにレジンを合わせたり皮の端切れにスタンプを押したりなどいくらでもおしゃれなお守りを作ることができます。

大事なのは『霊験』ではありません。『気持ち』です。

おじいちゃん、おばあちゃんの好きなもののマスコット、思わず普段の持ち物につけたくなるスタイリッシュな造形そんなものをお守りにしてはいかがでしょう。

ストラップやスマホカバーなんかにしてもいいですね。

敬老の日の手作り写真たての作り方について

お守り、マスコットなどというと手芸要素が強く感じるかもしれません。

工作のほうが得意だなぁという方にはその腕を生かして写真たてのプレゼントはいかがでしょうか。

写真たてのフレームは様々なものが百均で売られています。そこに好きなものをデコる…というとなんだか簡単で小学生みたいだと感じられるかもしれません。

でもそのデコり方、デコる素材で中学生感を出すのです。

おじいちゃんの好きなもの、おばあちゃんの好きなもの、色、置く場所の雰囲気などもらってうれしいと違和感なくつかえる、飾れるという相手の事情も考えたものを捜索してみましょう。

木のフレームだったら少しだけほってみるとか、レタリングの文字の文字を配置してみるだとか、今までの図工の時間でやったこと、自分がみてかっこいいとおもった

デザイン、素材をまねて自分でアレンジしてみることというような工夫や思いを作品に生かしてもいましょう。

日本酒やワインのラベル、たばこのパッケージなどそのままでデザインとしてかっこいいものがありますよ。

女性でも古布や和布、ブランド布の端切れなどなど素材がおしゃれなら貼るだけでおしゃれになります。

おじいちゃんおばあちゃんの好きなもの、好きそうなデザイン、家に似合うものを想像してみてください。


敬老の日の手作り料理について

ものの用意は難しい。他に何かないか。こうなったら問答無用で成長を見せることのできる手料理はどうでしょうか。

料理なんてできない、やったことない!と思いますか?本当に?授業で家庭科がありますよね。調理実習しますよね?


小学校、中学校の授業ほど丁寧に進められる料理の教室はありません。教科書もまたしかりです。あんなに丁寧に書いてある本はありません。

当日にぶっつけ本番で作らなくてもいいのです。お母さんにおしえてもらって練習しましょう。

なれない場所で急に調理が難しそうならもっていったりご招待してもいいですね。

なにもフルコース全部つくらなくてもいいんです。ご飯とみそ汁、卵焼き、サラダ、食後にタイミングよく出るお茶…そんなものでも大丈夫です。

自宅にご招待なら積極的に台所で調理を手伝ってお母さんとのl共同制作にしてもいいですね。もちろん、一品を完全に一人で手掛けるのもいいと思います。

おじいちゃんおばあちゃんはあなたのことを産まれたときから見守ってくれています。

親と違って遠くからその成長を見守っていたおじいちゃんおばあちゃんにとって孫が火や包丁を使い、料理をし、自分にふるまってくれるなんて喜び以外の何物でもありません。

特におばあちゃんは感無量かもしれませんね。自分が食事を作って育てた子の、またその子供が料理を作ってくれるのですから。

まとめ

中学生になったからといっていきなり買ったものに変わったら寂しいですよね。

小さい頃のようにお母さん言われるままに絵をかいたら作品になっていたのではなくて、こんなことができるようになった、こんなにも相手のことを考えられるようになった、自分がおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えたいんだということを大事にして素敵なものを作ってください。

敬老の日 保育園児・幼稚園児が簡単に製作できる手作りプレゼントとは?

敬老の日のプレゼント製作について

敬老の日、いつもお世話になっている、おじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える日です。小さい子どもたちも大好きなおじいちゃんおばあちゃんに何かプレゼントをしたいですね。お金ではなく気持ちのこもった手作りの物など送ったら、とても喜ばれるのではないでしょうか。そこで、幼稚園児や保育園児くらいの小さい子供達でも簡単に手作りで製作できるものについて調べてみました。


敬老の日 保育園児や幼稚園児が簡単に手作りできるプレゼントは?

メッセージカード

プレゼントといえば、定番なのはやはりメッセージカードだと思います。画用紙などを切って、子供の写真をはったり、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝のメッセージを書いたり、字がまだ書けない子供達も絵を描いたり、子供の手形や足形を押したりして、親子で製作したらいかがでしょうか。絵や字が書けないならば、写真などを貼ってみてもいいかもしれません。

子供のメッセージや絵や写真は、子供の成長を確認することもできて嬉しいですし、心のこもったメッセージはとても素敵なプレゼントになり、おじいちゃんおばあちゃんにとっても敬老の日の素敵な記念になって喜ばれると思います。特に特別な材料などいらず、手軽に作ることもでききますし、遠方のおじいちゃんおばあちゃんにも郵送で送りやすいのでおすすめです。

しおり

この頃の幼稚園や保育園では敬老の日にしおりを作ることが人気のようです。しおりは読書するときに使用するため、読書好きのおじいちゃんおばあちゃんなら日常で使うことができます。使い勝手がいいですし、手軽に製作できるのでプレゼントしやすいと思います。子供の手形や足形、子供の絵、メッセージなどを記入して、ラミネートなどすれば、とてもかわいいしおりができます。メッセージカードのように飾っているだけではなく日常で使用するので、いつも本を読むときはそばに置いて見ることもできて、とても素敵なプレゼントになると思います。

肩たたき券などのお手伝い券

おじいちゃんおばあちゃんが、肩が痛いとか腰が痛いとか言っているのであれば、肩たたき券もおすすめです。肩たたき券は画用紙を切ってメッセージや写真などを貼れば喜ばれると思います。おじいちゃんおばあちゃんは使うのがもったいないと思って記念にとっておくかもしれません。

しかし、子供達が自分達を気遣ってくれているという気持ちが伝わり、おじいちゃんおばあちゃんはとても嬉しくなると思います。自分を気遣うまで成長した姿に感動してしまうかもしれません。


もし実際に肩たたきなどをお願いされたときは、心をこめて肩をたたくとさらに喜ばれることでしょう。

その他

うちわに絵やメッセージを書いたり、コップに書いたり。色々なものがあると思いますが、子供のメッセージや絵や写真があるものが喜ばれると思います。

子供の工作なども喜ばれると思いますので、工作好きの子供であれば、ペンたてや眼鏡ケースを牛乳パックで作ったり、紙粘土でおじいちゃんおばあちゃんの顔を作ったり、段ボールでフォトフレームを作って写真を入れて送ったりするのも喜ばれるかもしれません。手作りで世界に一つだけのプレゼントを送ることができたら素敵です。

色々手作りでプレゼントできるものはありますが、おじいちゃんおばあちゃんにとって一番嬉しいのは、子供たちが元気ですくすく成長していることであり、その姿を見ることだと思います。なので、あまり手の込んだものを手作りする必要はないと思います。幼稚園や保育園で作っている工作などの延長で良いと思います。


気持ちをこめて、子供達の成長が確認できるものを送るほうが喜ばれると思いますので、子供と相談しながら、おじいちゃんおじいちゃんの喜ぶ姿を想像して素敵なプレゼントを製作して送りましょう。きっとみんなにとって素敵な敬老の日になると思います。

おすすめの敬老の日プレゼントを紹介!イオンや楽天では何が人気?

おすすめの敬老の日プレゼントは?

敬老の日にいつもの感謝の気持ちや「長生きしてほしい」などの気持ちを込めて送るプレゼント。

しかし、何を送ればいいのか迷う人も少なくはないのではないでしょうか。

とはいえ、せっかくのプレゼントですし、渡すなら貰う側が嬉しいものを送りたいですよね。

そこで、65歳以上を対象にしたとあるインターネット調査では敬老の日にもらって嬉しかったプレゼントが発表されています。

おじいちゃんへのアンケートでは断トツで1位に輝いたのはお酒。敬老の日がある9月は夏が過ぎたとはいえ、暑い日も続いていますし、ビールや日本酒、焼酎などが喜ばれているようです。

続いて、おばあちゃんへのアンケート。こちらはお花が1位に輝きました。ガーデニングが好きなおばあちゃんへはお花の苗を、思い出としてずっと残しておきたいおばあちゃんへはプリザーブドフラワーを送るのがいいみたいです。

スイーツが好きなおばあちゃんへは洋菓子や和菓子などをセットにして送るのもオススメですよ。

また、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントといっても義理のおじいちゃんおばあちゃんなど、相手の好みがわからないときに渡すプレゼントとして人気なのが、カタログギフトです。一言にカタログギフトといっても予算に合わせたカタログがありますし、カタログギフトの種類も豊富なだけでなく、おじいちゃんおばあちゃんが自分たちの好きなものや欲しいものを選ぶことができることからプレゼントを渡す側からも貰う側からも人気があります。


イオンで人気の敬老の日プレゼントについて

2017年の敬老の日のプレゼントとしてイオンで購入されたトップ5のうち、1位〜4位は花かごが占めており、そのうちの2つはスイーツとセットのもの、5位はスイーツでした。

イオンの花かごやスイーツは安いもので2000円代、高いものでも9000円代と購入者の予算にも合わせられるように値段設定を幅広く取り扱われていたことが人気の要因の一つでもあるようです。

また、トップ5にはランクインしませんでしたが、先ほどあげたカタログギフトも人気のプレゼントの一つでした。

何を送っていいかわからないような場合に自分で好きなものを選んでもらえるようにとオススメされており、花かごやスイーツと同じく人気を誇っていました。

また、箸置きやセンスを始めとした小物雑貨も人気がありました。


楽天で人気の敬老の日プレゼントについて

楽天ではお花やスイーツ、お酒などの定番のプレゼントからインテリアや健康グッズ、名入れギフトなど様々な商品が揃っているだけでなく、年代や予算別に合わせてプレゼントを探せるようになっています。

お酒やお花などの定番プレゼントはやはり楽天でも同様に人気を誇っていますが、それと同様に遠く離れたおじいちゃんやおばあちゃんへも送れるプレゼントとして生菓子やケーキ、クレープアイスクリームなども人気があります。

2017年に敬老の日のプレゼントとして総合ランキングで1位に輝いたのはスイーツと和菓子がセットになったものでした。こちらのプレゼントは新しくなって今年も楽天で売り出されています。

また、新作のブリザードフラワーや今年話題になっているハーバリウムなども今年の敬老の日のプレゼントとしてラインナップに上がっています。

さらに、2017年には楽天では敬老の日に間に合わせることができなかった人のために特集を組まれており、敬老の日直前から数量限定でお花やお酒、お花とお酒がセットになった商品などが販売されました。

これらほとんどのプレゼントはすぐに売り切れとなり、楽天の2017年敬老の日のプレゼントランキング上位に出てくるほどの人気商品となりました。

2018年の敬老の日はいつ?由来やなぜ祝日になったのか説明

2018年の敬老の日はいつ?

2018年の敬老の日は9月17日(月)です。敬老の日は、2001年から国の政策として取り組みが開始された「ハッピーマンデー制度」によって、毎年9月の第3月曜日となり2018年は9月17日となっており、例えば2019年は9月16日、2020年は9月21日と毎年変化して行きます。

このハッピーマンデー制度とは、国民の祝日を月曜日に移動し土日月の3連休を作り、国民が連休を取る事で有意義な余暇を過ごす事を目的とした制度です。

その為、土日休みの方で有れば3連休にする事も出来ますし、9月の秋分の日前後の休日を合わせた場合には更に長期の連休とする事も出来ます。

その為、敬老の日から秋分の日前後迄が大型連休になった場合には「シルバーウィーク」とも呼ばれます。


本来の敬老の日は9月15日だった!?

元々の敬老の日は9月15日と決められておりました。

しかし、世界的に見ても働く時間が長い日本人のゆとりある生活を作る為に、国の新たな制度として導入されたハッピーマンデー制度によって、現在の様に9月の第3月曜日へと変わりました。

又、この制度の導入に当たって、成人の日や海の日、体育の日も毎年異なる日時になっております。但し、このハッピーマンデーについては国内でも賛否両論が有り、日本古来の文化や言い伝えに則さないのではとの考え方も有ります。


敬老の日の由来は?何故祝日になったの?

いつから敬老の日が生まれたのかその由来には諸説有りますが、そんな敬老の日の誕生について調べて見ましょう。

現在の敬老の日の前身となっているのは兵庫県の多可町八千代区で1947年に定められた「としよりの日」で有ると言われております。

その当時は兵庫県多可郡野間谷村と呼ばれていた地区の村長と助役が「地域のお年寄りを大切にし、お年寄りが長年かけて培ってきた智恵を借り村を作ろう」と考えた事がきっかけとなっており、その際に9月15日をとしよりの日と定めました。

その後、9月15日のとしよりの日の意義が兵庫県全体に広まり、1950年には兵庫県としても9月15日をとしよりの日と定められております。翌1951年には、全国社会福祉協議会の旗振りのもと、9月15日をとしよりの日と位置付けると共に、9月15日から9月21日迄の期間を年寄の為の運動週間とする活動がスタートしました。

その後、1963年に制定された老人福祉法の考え方に基ずき、1964年に9月15日を名称を改め老人の日と定めました。そして1966年に国民の祝日として「敬老の日」が制定されて行きます。比較的新しい国民の祝日なんですね。

また、日本には1948年に制定された「祝日法」と言われる法律が有り、国民の祝日を制定する場合には祝日法に則り制定される事が決められております。当然、敬老の日の制定に当たってもこの祝日法に則った制定が決められましたが、この祝日法では国民の祝日は「国民の自由と平和ののための国民全体の物」と言う考え方に基ずいております。その為、国民の祝日の制定も、国民が主体制を持ち国に働きかける事が出来るものとされております。

この様な歴史を持つ敬老の日は、兵庫県の小さな村で始まったお年寄りを大切にし敬う気持ち、お年寄りの知恵を借りて村を作り直すと言う活動がその由来となっており、正に昔から日本に伝わるいたわりの気持ちの表れであると考えます。