吉本新喜劇

吉本新喜劇のアキ・すっちー(すちこ)・辻本茂雄・井上安世・五十嵐サキ・宇都宮まき 人気芸人と美人タレントを紹介!

吉本新喜劇芸人 アキについて

吉本新喜劇でご活躍の芸人アキさんは、1969年生まれの現在、47歳。
大阪府岸和田市出身で、特技は、空手や、ダンスとのこと。特技のダンスは、新喜劇の中でも、披露されています。
「いいよお~」の声とともに、踊るダンスはキレキレです。
アキさんは、吉本新喜劇には一人で所属されていますが、実はコンビでも、活動されています。
コンビ名は水玉れっぷう隊で、アキさんがツッコミを担当し、相方は、ボケ担当のケンさんという男性です。

アキさんは、2014年5月に吉本新喜劇に加入。初登場は、同年、7月22日でした。
初登場の時、アキさんは、女性の役で、紫のアフロヘアーに、ピンクのチュニック、黒のスカートという可愛らしい出で立ちでした。辻本茂雄さんが座長の時に、出演されるケースが多いようです。プライベートでは、2005年に、一般女性の方と結婚し、2008年には、娘さんも誕生されて、現在、一児の父です。公私ともに順調のようですね。


吉本新喜劇芸人 すっちー(すちこ)について

すっちーさんは、1972年生まれの現在、46歳。
大阪府摂津市の出身です。
すっちーさんは、元々は「ビッキーズ」というコンビ名で、活動していました。
その後、コンビは解散。すっちーさんは、芸能界に残り、本名の須知裕博から、すっちーに芸名を変更。
2007年10月に、吉本新喜に入団しました。
2013年3月の公演に遅刻して、5月から2ヶ月間の出場停止処分を受けたものの、1年後の2014年5月には、座長に就任しました。
座長になる以前は、男性の格好で出演していましたが、座長になられてからは、おかっぱ頭に、瓶底眼鏡という、いわゆる「すちこさんキャラ」で出演されるようになりました。
すちこさんは、「すち子&真也」で、新喜劇に出演。「すち子&真也」は、2013年、「歌ネタ王決定戦」でも優勝しており、さらに、2015年には、シングル「パンツミー」で CD デビューして、活躍されています。

また、「すっちー&吉田」のコンビでは、「ドリルすんのかい、せんのかい」のネタを披露して、人気を誇っています。
すっちーさんは、性格が男前で、吉本に昔からあった、暗黙の上下関係のルールを変えたと言われています。
プライベートでは、2006年に一般女性と結婚。2人の娘さんの父親でもあります。

吉本新喜劇芸人 辻本茂雄について

辻本茂雄さんは、1964年生まれの現在、53歳。以前は、コンビを組んで、漫才をされていました。1989年に、吉本新喜劇に入団。
同期には、石田靖さん、今田耕司さん、東野幸治さんがおり、3人が主役級の役で活躍する中、辻本さん自身は、小さな役しかもらえなかった時期もありました。
しかし、1999年には、座長に就任し、その後、NHKのバラエティ「生活笑百科」にも、出演されます。
2004年には、「上方お笑い大賞」を受賞されました。これは、吉本新喜劇では、池乃めだかさん、間寛平さんに続く、3人目の受賞です。
辻本茂雄さんの持ちキャラは、舞台を縦横無尽に暴れまわる「茂造じいさん」です。
その他のキャラクターは、3人組で登場する「人のいい金貸し」というキャラクターもあります。テンポのいい話術と、機転の効いたアドリブが茂本さんの魅力です。

プライベートでは、一般人の奥さんと、娘さん、息子さんがお1人ずついらっしゃいます。
娘さんと息子さんは、辻本さんの演技を見るために、よく劇場に足を運ばれるようです。
辻本さんは、ご家族とのコミュニケーションを大切にしておられ、娘さんや息子さんとも、仲が良いようです。


吉本新喜劇の美人タレント 井上安世について

井上安世さんは、1986年生まれの現在31歳。
大阪府八尾市の出身です。
幼い頃から、吉本新喜劇に憧れを抱いていたとのこと。新喜劇の憧れが強くて、かつては、入団するために、浅香あき恵さんに弟子入りしようと考えていたこともあったそうです。
2006年9月、「金の卵オーディション」を経て、憧れの吉本新喜劇に入団しました。
入団されて以降は、「新喜劇の肝っ玉娘」というキャッチフレーズで、NGKなんばグランド花月や、祇園花月、ルミネtheよしもとなど、関西の劇場で活躍を続けられています。
2014年には、前田真希さん、森田まりこさんらと、ダンスユニットを結成。
新喜劇の綺麗どころと言われている、マドンナ軍団として、E -girlsの「ごめんなさいの Kissing You」の振り付けで、それぞれのオリジナリティをプラスしたダンスを披露しています。
このダンスパフォーマンスは、2014年7月、なんばグランド花月で開催された夜の公演「踊る新喜劇」で、お披露目となりました。
劇中では、体を張った芸を見せてくれています。

吉本新喜劇美人タレント 五十嵐サキについて


五十嵐サキさんは、子供の頃から、新喜劇への入団を希望していましたが、両親に反対され、短大卒業後関西国際空港の免税店を営む会社に就職していました。
1997年、新喜劇に入団。1999年、五十嵐サキに改名しました。
2003年頃からは、本格的にマドンナ女優として活躍されるようになりました。
辻本茂雄さんが座長の時に、出演されることが多く、近年では、太り始めたことをネタに、「ゾウアザラシ」と、いじられることが多くなっています。

持ち芸は、可愛い態度を豹変させ、こわい言葉で相手にすごむこと。正統派の和風美人で、1994年と、1995年には、「ゆかた美人コンテスト」で入賞された経歴もあります。
現在、結婚は、まだされていません。新喜劇の仕事を続けることに、理解のある男性を希望されているようです。

吉本新喜劇美人タレント 宇都宮まきについて

宇都宮まきさんは、1981年生まれの現在36歳です。出身は、大阪市です。
2000年、Wヤングの平川幸男さんに入門し、2001年に、吉本新喜劇に入団。アイドル並みの可愛いルックスで、吉本のマドンナ的存在になりました。
その一方で、食べる量がすごくて、大食いキャラとしても、知られています。串カツ154本、アイス20個、3~4時間で完食したというから驚きです。

また、幼い頃は、貧しい生活を送っていたとのこと。
6人家族なのに、6畳一間で寝ていた。学校に持っていく弁当は、ご飯にみかんだった。などのエピソードもあります。
さらに、下ネタ好きで、「ビックポルノ」というグループのサポートメンバーとして、活躍しています。
プライベートでは、まだ、結婚されていませんが、小堺一機さんの長男、小堺翔太さんに、ある番組で、アタックしたことがあり、その後、数回デートしたとの噂があります。

吉本新喜劇 大阪のなんばグランド花月・西梅田劇場と京都のよしもと祇園花月の出演者と公演時間を紹介

吉本新喜劇 大阪のなんばグランド花月とは?

大阪にある「なんばグランド花月」は、吉本興業グループ会社が運営している劇場の名称です。略してなんば(N)グランド(G)花月(K)を略してNGK(エヌジーケー)と呼ぶこともあります。「なんば」という名前からお分かりいただける通り、大阪市中央区の難波(なんば)という場所にあり、毎日年中無休で、漫才や漫談等複数の演目の後、吉本新喜劇という順番で「お笑い」の興行が行われています。この漫才から新喜劇までの一つながりを「本公演」といい、なんばグランド花月の本公演のチケット1枚で、このような7~10種類のお笑い(約1時間半)と吉本新喜劇(約1時間)の全てを見ることができます。前半の1時間半に登場する方々も、吉本新喜劇の前座的扱いとはいえ、テレビ等で見かける有名な漫才師や落語家が多く登場します。

平日は本公演が午前と午後の各1回、土日は午前1回、午後2回の計3回の本公演が行われます。夜は、特別なお笑いの企画が行われることが多く、その時々により内容や料金、出演者もさまざまに異なります。劇場へのアクセスは公共交通機関を利用するのが便利です。地下鉄御堂筋線なんば駅や日本橋駅、南海・近鉄・阪神・JRの(大阪)難波駅、からそれぞれ徒歩圏内となっています。


吉本新喜劇 よしもと西梅田劇場について

「よしもと西梅田劇場」は2017年9月にオープンした、比較的新しい劇場です。大阪のことをご存じない方のためにざっくり説明しますと、大阪には「難波」と双璧をなす有名観光地・繁華街として「梅田」という場所があり、この劇場はその梅田エリアにあります。ちなみに梅田エリアは「大阪駅」に近く、新幹線の駅として知られる「新大阪駅」からのアクセスも良く、難波や心斎橋周辺を「ミナミ」というのに対して、この梅田界隈を「キタ」という名称で呼びます。

「よしもと西梅田劇場」での公演も、上述の「なんばグランド花月」の本公演と同様の形式で、まず漫才や落語、コント等の後、最後に吉本新喜劇の舞台公演が行われます。平日はこの本公演が午前と午後各1回ずつで、来客の多い土日は本公演数も3から4回へと増えます。
なんばグランド花月と比べると有名ではなく、老舗感もありませんが、前座の漫才や落語の出演者も含め、吉本新喜劇のメンバーもなんばグランド花月の公演と同レベルです。大阪駅の有名ホテル等に宿泊する場合は、なんばより、よしもと西梅田劇場の方がアクせスも良いので、こちらの利用がオススメです。

ただしこの劇場は、現時点で2018年8月までの期間限定運営となっており、それ以降のスケジュールは未定となっていますので、ご注意ください。現地で人に場所を訪ねる時は「旧大阪中央郵便局」と聞くとわかりやすいかもしれません。場所は地下鉄の西梅田駅や東梅田駅、JR大阪駅からそれぞれ徒歩で行けます。


吉本新喜劇 京都のよしもと祇園花月とは?

京都の「よしもと祇園花月」は、京都の観光名所としても知られる八坂神社の近く、祇園会管内にある劇場の名称です。こちらも漫才や落語や漫談等と吉本新喜劇という本公演が、毎日行われています。なんばグランド花月やよしもと西梅田劇場と比べると、1日に行われる本公演の本数は少なめですが、出演者のレベルは前述の2つの劇場と同等です。

また土日のみ午前中に「あさあさ新喜劇」、不定期に平日夜「よるよる新喜劇」という吉本新喜劇だけの単独公演が行われている場合があり、短い時間で本場の吉本新喜劇を見てみたい、という方にオススメです。

京都旅行というと、有名な景勝地や古刹・神社仏閣等の観光をイメージしてしまいますが、京都も関西というくくりで考えますと、吉本新喜劇の観劇も、現地ならではの珍しい体験としてかなり楽しめると思います。よしもと祇園花月のロケーションも、八坂神社の近くということでアクセスしやすく、京都観光の一つとして、旅のスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょうか。

吉本新喜劇の出演者と公演時間について

吉本新喜劇は6人の座長から成るチーム制で、チーム単位にほぼ週替わりで各劇場を巡って公演しています。吉本新喜劇の中に、特にお気に入りのメンバーがいる場合は、そのメンバーが出演する週や場所をまず確認してから、チケットを手配するようにしましょう。「なんばグランド花月」は「http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/」、「よしもと西梅田劇場」は「http://www.yoshimoto.co.jp/nishiumeda-gekijo/」、「吉本祇園花月」は「http://www.yoshimoto.co.jp/shinkigeki/gion.html」と、各劇場には公式サイトがありますので、そこで「スケジュール」のタブをクリックすると、当日から数か月先までの公演内容や、開園時間、出演者等を確認することができます。

吉本新喜劇だけの公演時間は基本的に約1時間ですが、本公演の場合は新喜劇の前に漫才や漫談、コントや手品などの演目が1時間から1時間半程度あります。また不定期ながら、なんばグランド花月等で「よしもと新喜劇90(きゅうじゅう)」や「よしもと新喜劇100(ひゃく)」という舞台を行うことがあります。これは90分(または100分)間にわたり、吉本新喜劇や新喜劇メンバーによるトーク、新喜劇の色紙のプレゼントコーナーなどが行われる、主に新喜劇ファンに向けた特別企画公演となっています。この場合は、90分または100分公演と謳っているものの、更に公演時間が長くなる場合もあります。吉本新喜劇をディープに楽しみたい方は、この公演も狙い目です。

吉本新喜劇の茂造シリーズや女子高生探偵あいちゃんとは?テレビ放送やYoutubeに動画はある?

吉本新喜劇の茂造シリーズとは?

吉本新喜劇の茂造シリーズとは、吉本新喜劇の座長の一人「辻本茂雄」が演じる「茂造(しげぞう)」を主人公にした複数の演目をいいます。茂造はお茶の水博士のような、耳の周囲にだけフサフサの白髪がはえている闊達な老人で、仲間から「茂じい(しげじい)」という愛称で呼ばれることもあります。茂造は常日頃から態度が不遜で、初対面の人間も容赦なくおちょくり、金に汚く、笑いに貪欲で、ボケもツッコミも演じる変幻自在な人物です。そういった性格設定はどの演目でも同じなのですが、職業や立場は舞台の設定に応じて変化します。

例えば、物語の舞台がショップの場合、茂造は遅刻常習犯のアルバイトの店員になり、ホテルが舞台の場合は、偉そうな態度のホテルの従業員、また別の舞台では借金取りに追われる老人、孫の家に訪ねてくる祖父の役になったりします。茂造シリーズの演目の場合は、階段の段差がなくなる仕掛けや壁の一部が倒れるなど、舞台装置も大掛かりなことが多く、ドタバタ喜劇となる傾向が強いです。

茂造はなにかと無礼で迷惑な人物なのですが、物語の最後には、恋人同士の縁組をしたり、拳銃の弾を杖ではじいたり、ちょっとした拳法で軽やかに犯人を捕まえるなど、八面六臂の活躍をして大団円となります。


吉本新喜劇の「女子高校生探偵あいちゃん」について

吉本新喜劇の「女子高校生探偵あいちゃん」は、2017年から、新喜劇史上初の女性の常任座長となった酒井藍さんが演じる探偵役をいいます。酒井藍さんはおかっぱ頭が似合う丸顔の女性で、とてもふくよかな体型をしています。そのぽっちゃりとした見た目から舞台上では「豚」や「タヌキの置き物」などに例えられ、丸いお腹で男性の座員にぶつかって倒すギャグなどがあります。

「女性高校生探偵あいちゃん」の演目では、恵まれた体格を活かした適度なボケの合間に、冴えわたる名推理を展開し、舞台で起こった事件の謎を解決していく様子を描いています。この新喜劇の役柄を元ネタにした、同名映画「女子高生探偵あいちゃん」も製作されていて、映画の主演も酒井藍さんが勤めており、こちらはNMB48のメンバーに起こる事件を解決していく物語となっています。

酒井藍さんはこの女子高校生探偵の他にも、着物を着たヤクザの女性組長の役や交通安全の黄色い帽子をかぶった子どもの役まで多種多彩な役柄をこなします。まだ座長になって日も浅く、座長としての役のバリエーションはあまり多くありませんが、今後長期にわたって新喜劇での活躍が期待される新星といえる存在です。


吉本新喜劇のテレビ放送はあるのか

吉本新喜劇のテレビ放送は、日本各地で広く行われていますが、地域に応じて放送する曜日や時間が異なりますので注意が必要です。具体的には、大阪を中心とした近畿広域圏では、MBS(毎日放送)テレビ系列で、毎週土曜日のお昼0時54分から1時間番組として放送されていますし、東京や関東圏では、MXTV(東京メトロポリタンテレビジョン)で毎週火曜日23時30分から、中京圏ではCBCテレビにて土曜昼12時から1時間という具合です。

また吉本新喜劇のテレビ放送は、MBSやCBC等の地上波放送以外にも、スカパー!やケーブルテレビ、ひかりTV等でご覧いただけるチャンネル「GAORA SPORTS」でも放送されています。こちらは毎週木曜日の朝10時からの新作が放映されることになっていて、更に再放送も頻繁に行われています。

視聴日時等の詳細は各公式サイトをご確認ください。尚、吉本新喜劇のテレビ番組としてのタイトルは、「吉本新喜劇」の「吉本」部分が平仮名になり「よしもと新喜劇」という表記になります。

Youtubeで吉本新喜劇の動画が見ることができる?

Youtubeには吉本新喜劇公認の「吉本新喜劇チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC-szAyFh01xdAQlZxw10qkg/featured)」があります。ここでは吉本新喜劇に関するインフォメーションや公演の舞台裏等をいち早く、動画にて見ることができます。

例えば、吉本新喜劇全国ツアーの様子や舞台裏の話、普段は見られない座員のオフショットやおもしろコメント等の他、吉本新喜劇の舞台公演の一部やスペシャルゲストが登場した回などが部分的にアップされていることもあります。そのため、吉本新喜劇の最新情報を入手したい方やとりあえず新喜劇の雰囲気を味わってみたいという方におすすめです。

しかしこのYoutubeのチャンネルでは、吉本新喜劇の舞台公演自体を最初から最後まで見ることは、残念ながらできません。テレビ放映やCS放送等で吉本新喜劇を見られない場合で、公演を通しで見たいという方は、毎日放送の動画視聴サービス「MBS動画イズム(https://dizm.mbs.jp/)」の「無料見逃し配信」を利用することで、原則1週間程度、無料で番組を見ることができます。この「よしもと新喜劇(https://dizm.mbs.jp/title/?program=shinkigeki)」の無料配信を見るだけであれば会員登録等も不要で、とてもお手軽です。

また「MBS動画イズム」は有料の見放題サービスに加入すれば、「よしもと新喜劇」の放送を過去に遡って視聴することも可能となります。

吉本新喜劇のオススメのかわいいグッズ・お土産ランキング!その値段とは?

吉本新喜劇のかわいいグッズとは?

吉本新喜劇は、主に関西を拠点にした、人情喜劇を題材に舞台公演を行う劇団の名称です。吉本新喜劇の中には、座長1名と複数の座員とで構成されたチームがいくつか存在し、1チーム単位で一週間程度の公演を行います。座長及び座員には、それぞれ「持ちギャグ」があり、それを場面に応じて披露しながら、物語が進んでいきます。

吉本新喜劇の公演が行われている、大阪の「なんばグランド花月」や新宿の「ルミネtheよしもと」などの劇場には「よしもとエンタメショップ」というグッズショップが併設されています。ここでは吉本新喜劇に出演する人気の座員たちをイラスト化し、プリントを施したキャラクターグッズが多数販売されています。グッズのバリエーションはとても豊富で、ふせんやメモ帳、ボールペンといった文房具類や飴などのお菓子、ストラップや根付、Tシャツなども用意されています。

特に「男なんてシャボン玉」というギャグがお得意な「島田珠代の根付ストラップ」や「やかましいわ!コルァ 怖かったー」というギャグが入った「未知やすえマグネット」は、女性にも好まれる、かわいいデザインになっています。お子さんへのお土産なら「吉本新喜劇学習帳」や各座員の持ちギャグが入った「吉本新喜劇ギャグトランプ」もユニークです。また、吉本新喜劇初の常任女座長である「酒井藍のギャグストラップ」も、イラストとギャグが入っていてかわいいです。


吉本新喜劇のおすすめお土産ランキング!

吉本新喜劇のキャラクターでデザインされたグッズの中でも、特にお土産におすすめの商品をご紹介します。

3位「吉本新喜劇 ロールふせん」

円柱型ロール状になった文房具用品で、ミシン目で切り取って使えるようになっている、実用性も高いふせんです。吉本新喜劇に登場する、人気キャラクターのイラストが複数人プリントしてあり、キャラクターから飛び出したふきだし部分に、メモ内容を書き込めるようになっています。職場やご家庭へのお土産にもぴったりです。
番外編「吉本新喜劇 絆創膏」
あとに残らない「消えもの」的お土産品がよい、という方には「吉本新喜劇 絆創膏」もおすすめです。絆創膏一枚一枚に、吉本新喜劇のキャラクターのイラストがプリントされているのですが、それぞれが小さく、使い切ったら捨ててしまうものなので、あとあと残りません。吉本新喜劇らしいユニークさも感じられる上、傷の痛みがやわらぎそうなポップでカラフルなイラストも魅力です。

2位「吉本新喜劇 メラミンコップ」

辻本茂雄さん演じる「茂じい」や、NHKの朝ドラにも出演していた内場勝則さん、末成由美さん、池乃めだかさんなど、吉本新喜劇の人気メンバーのイラストがプリントされている、にぎやかで楽しいコップです。彼らの代表的なギャグもところどころにプリントされていますので、職場の同僚やお友達にお土産としてプレゼントすれば、職務の合間にクスッと笑って、疲れを癒してもらえると思います。

1位「すち子のねぶり飴」

すい星のごとく現れて、瞬く間に吉本新喜劇の座長となった「すっちー」の女装姿「すち子」がパッケージにプリントされている、本物の「飴」です。すち子は、大阪のおせっかいなおばちゃんという設定で、この舞台やキャラクターをご存じない方にお土産として贈ったら、ピンクのヒョウ柄服のおばちゃんがプリントされたパッケージに、相手の方はさぞかし驚かれることでしょう。ちなみに「ねぶり飴」のねぶりとは、関東の以北の方は聞き馴染みのないことばかもしれませんが「舐(な)める」という意味です。大阪らしいネーミングとパッケージセンスが秀逸な、お土産におすすめの商品です。


吉本新喜劇のグッズ・お土産の値段について

吉本新喜劇のグッズは、劇場に併設された「よしもとエンタメショップ」の他、吉本興業の公式サイト内の「よしもとネットショップ」にても購入することができます。根付やストラップ等は各メンバーとも豊富にグッズ化されていますが、特別に「クリアファイル」「アクリルキーホルダー」「ガマ口」「ティッシュケース」等が作られるキャラクターもありますので、吉本新喜劇に特にお気に入りのメンバーがいる方は、お店やネットショップをぜひ隅々までチェックしてみてください。

お土産の値段については、実例を挙げますと、根付ストラップが486円、ギャグストラップが864円、ペンやふせんなどの文房具品が500円台から、ポーチや巾着等の布小物類が千円台から、となっており、一般的なキャラクターグッズとほぼ同等の、平均的な価格帯となっています。

吉本新喜劇は関東にも!東京ルミネtheよしもとの場所(住所)・アクセス・キャスト・公演スケジュールは?

関東の吉本新喜劇について

関西のお笑い代表的な存在として知られる「吉本新喜劇」は、大阪の「なんばグランド花月」「西梅田」と京都「祇園花月」という各劇場で上演されていますが、実は大阪・京都に行くことなく、関東でも観覧することができます。新喜劇の本場である大阪や京都の劇場に比べると、関東での公演数は限られたものになりますが、新宿にある「ルミネtheよしもと」、渋谷にある「よしもと∞ホール」、神保町の「神保町花月」などで上演されることがあります。

また「吉本新喜劇 全国ツアー」といった名称で、本場の吉本新喜劇メンバーが、全国公演を行っていることがあり、そのツアーの中で東京や神奈川等で数日間だけ上演することもあります。大阪の本場のお笑いを味わってみたいけど、わざわざ大阪や京都まで見に行くのは面倒だという方は、ぜひこういった機会を狙ってみるとよいと思います。


吉本新喜劇 ルミネtheよしもととは?その場所(住所)は?

関東の中で、吉本新喜劇の公演をする機会が多い劇場は、東京・新宿の「ルミネtheよしもと」になります。東京にある吉本系列の劇場の中で最大の大きさがある「ルミネtheよしもと」は、JR新宿駅に直結している駅ビル「LUMINE(ルミネ)2」の7階にあるため、この名前が付けられています。

ビルの6階までは普通のお店(洋服屋や雑貨店、レストラン等)が入っていて、7階のワンフロア全てが劇場として使われています。吉本が常設している劇場であり、日々、吉本の芸人さんが出演し、漫才やコントといったネタを披露し、朝から晩まで笑いを提供しています。ちなみに新宿には「LUMINE」と呼ばれるビルが3つもあり、「ルミネtheよしもと」が入っているのはその内の「LUMINE 2」(住所「新宿区新宿3-38-2」)ですので、間違わないようにご注意ください。

吉本新喜劇 ルミネtheよしもとのアクセス方法

「ルミネtheよしもと」が入っている「LUMINE 2」へのアクセス方法をご紹介します。
まずJR新宿駅を目指してください。JR新宿駅は日本一の乗降客数を誇る巨大なターミナル駅で、駅全体は迷路のように入り組んでいますが、「LUMINE 2」に行く場合は、電車を降りたらとにかく「南口」という看板を見つけて、その方向に歩いてください。最寄りの改札は「東南口」になりますが、「南口」改札からもそう遠くありません。

実は改札から出た時に立っているビル自体が、すでにLUMINE 2なのですが、お店や自動券売機がたくさんあり、更に大変な人混みが邪魔するためわかりにくくなっています。それらを迂回して「LUMINE 2」のビルに入り、エレベーターで「ルミネtheよしもと」がある7階に向かいましょう。ビルは駅に直結しているため、雨に濡れることなく現地まで行ける立地の良さが魅力です。

ちなみに、日中この改札近辺を歩いていると、吉本の芸人さんに出くわすことがあります。中にはチラシを配ったり、これから「ルミネtheよしもと」で行われる公演を、大声で宣伝している芸人さんもいます。吉本新喜劇の公演の時には、この辺りで新喜劇メンバーに出会えるかもしれません。


吉本新喜劇 ルミネtheよしもとのキャストと公演スケジュールについて

新宿のルミネtheよしもとで行われる吉本新喜劇に関して、出演するキャストや公演スケジュールの調べ方をご紹介します。
「吉本興業」の公式サイト内にある「劇場」の選択肢から「ルミネtheよしもと」を選択してください。そのページで「スケジュール」欄から「吉本新喜劇(または新喜劇プラスと記載されています)」を探していくと見つかります。

ここで、現在、最も近いタイミングで上演される吉本新喜劇の公演は、7月10日から行われることがわかります。例えば、この7月10日からの公演の座長は辻本茂雄さんであり、そのキャストの欄には、昨今の辻本座長公演には欠かせない、水玉れっぷう隊のアキさんの名前も挙がっています。

辻本茂雄さんは座長としての経歴も長く、関西では知らない人がいないほど有名な方です。また、辻本さんはNHKの朝ドラ「あさが来た」にも出演していたのでご存じの方も多いと思います。折り重なるように畳みかけるギャグの応酬はとても見ごたえがあり、ちょっぴりホロッとさせるストーリーも織り交ぜながら、お腹を抱えて笑える喜劇が見られます。現在も大阪や京都等で吉本新喜劇の公演も数多くこなしているので、本場の新喜劇とほぼ同じ内容の公演が、新宿で見られるというわけです。

ただ、過去、新宿のルミネtheよしもとの吉本新喜劇の内容を見ると、大阪や京都の吉本の劇場で見られる新喜劇メンバーばかりではなく、普段は新喜劇ではない芸人さんで構成されている演目の場合もあります。その場合、いわゆる大阪らしい王道の喜劇とは違った内容になる可能性があります。上記サイトなどで、演者の経歴等を下調べしたりして、好みの演目を選ぶと良いでしょう。

尚、公演スケジュールも上記「スケジュール」のページでわかります。数か月先のスケジュールも閲覧できる上、そこにチケットの発売日や料金等の公演の詳細も掲載されています。

吉本新喜劇の歴史・歴代座長メンバーとは?座席チケットの予約の仕方・料金もご紹介します

吉本新喜劇の歴史について

昭和34年(1959年)のこと、うめだ花月の開場に合わせて吉本ヴァラエティがスタートしました。これが吉本新喜劇の前身となります。一回目の演目タイトルは「アチャコの迷月赤城山」で、メンバーは花菱アチャコに白木みのる。

そして東宝から芦屋雁之助に大村昆などコメディアンが出演し、開局してまだ間もない毎日放送がテレビ中継も行って徐々に人気が上昇。京都花月が昭和37年(1962年)に開場する際に吉本新喜劇という名称になりました。翌年にはなんば花月が開場し、こちらは朝日放送が中継をスタート。うめだ、京都、なんばの3館の巡演をするようになり劇団員も3員に振り分けていきました。

しかし、1980年代に訪れる空前の漫才ブームにより吉本新喜劇には逆風が吹きます。旧態依然のスタイルに見られた新喜劇の人気には陰りが見え、新喜劇は80年代後半にはうめだ花月のみの上演になっていくのです。

平成元年(1989年)、大きく若返りを図りながらもチャーリー浜や島木譲二、池乃めだからを再投入し人気を回復。
平成3年(1991年)には初の東京公演を開催し、平成9年(1997年)には「超!よしもと新喜劇」がTBS系のゴールデンタイムで放送します。

さらにはこの頃から海外公演もスタートし大盛況。平成11年(1999年)には現在にもつながる座長制度がスタートし、座長のカラーによって個性を発揮した舞台を関西や東京、そして全国主要都市で展開しております。


吉本新喜劇の座長とは

吉本新喜劇の座長は平成30年(2018年)現在6名おります。平成7年(1995年)座長制度となる前身のニューリーダー制から担当している内場勝則、辻本茂雄。そして平成18年(2006年)に就任している小薮千豊に平成19年(2007年)に就任している川畑泰史。そして平成26年(2014年)に就任したすっちーと平成29年(2017年)に新たに就任した酒井藍の6名です。なお、酒井藍は女性で初めての吉本新喜劇座長となりました。

では座長の役割はどのようなことなのでしょうか?座長の大切な仕事がまず人員を揃えスケジュールを組み、シナリオを決めるということです。つまりは上演する内容のプロデューサー的な役割であり、メンバーを揃えてそれぞれの個性を活かしながら観客を喜ばせなくてはならないのです。ちなみにギャラの分配も座長の役割となります。したがってグループそれぞれで指名制で選ばれることから、座長になるには芸人としての実力はもちろんですが人望の厚さも認められた証となるのです。

吉本新喜劇の歴代座長のメンバーとは

前述のように実力そして人間性を兼ね備えた芸人が選ばれている吉本新喜劇の座長。歴代座長は一体どのような人たちが名を連ねていたのでしょうか?

昭和37年(1962年)のスタート時の座長は平参平。白木みのるとのコンビではテレビのコメディ番組にも出演し人気を博しました。

昭和38年(1963年)に就任したのは花紀京で、同じく後に座長に就任する事となる岡八郎や原哲男、桑原和男などとのコンビ芸で人気を集めます。
そして長きに渡って吉本新喜劇の顔として君臨し続けた間寛平も昭和49年(1974年)に座長に就任。さらには現在も現役座員として活躍しているベテラン池乃めだかもかつては座長であった時期もあるのです。

また座長から一度退いたものの地方公演等で改めて座長となるケースも。それが石田靖で、平成11年(1999年)に座長に就任後、一度退き座員からも籍を外しているもののルミネtheよしもとや地方での公演では座長を務めております。いずれにしても吉本新喜劇の座長はまさに吉本の顔と言えるメンバー揃いであることがこれらの名前からもわかります。


吉本新喜劇の座席予約チケットの予約の仕方と料金は?

では吉本新喜劇の座席予約チケットはどのように購入出来るのでしょうか?現在は幾つも方法があります。
まずはwebからの予約です。チケットよしもとWEBからの購入であればチケット代金の他に手数料は必要なしですのでオトクとなります。

続いては電話での購入です。予約をした後にコンビニのファミリーマートか劇場窓口で決済と発券を行います。

次はよしもとの劇場窓口で直接購入。当日券はもちろん前売り券の購入も直接可能です。

さらにはプレイガイド購入。チケットぴあとローソンチケットでの購入も可能となっております。

では最後に料金について、なんばグランド花月で行われている吉本新喜劇の本公演は1階席が前売りも当日も4,700円。2階席は同じく前売りも当日も4,200円です。なお特別興行期間は価格が変更となるケースもあり、加えて新喜劇以外の公演や他の会場についてはチケット料金がそれぞれで異なりますのであらかじめご確認ください。

なんばグランド花月の場合、吉本新喜劇の本公演は平日ですと午前と午後の1日2回公演。土曜日と日曜日、祝日が1日3回公演。いつも大盛況の館内でありますので、行く日程が決まっている際には早めのチケット購入をオススメします。

時代や制度が変わっても、ギャグで全員がコケるというのは吉本新喜劇の良き伝統。世代を超えて楽しむことが出来るのです。