七夕

保育園や給食で人気の七夕ゼリーは通販で購入可能?カルピス使用の簡単手作りレシピをご紹介!

七夕ゼリーとは

七夕ゼリーは七夕の当日や、七夕に近い一週間程の間に登場する給食のゼリーです。学校や幼稚園で登場して子どもたちに人気となっているデザートの一つです。しかし地域や年代によって見たこともない人も存在している、ややマイナーなデザートでもあります。

ゼリーであればこれといって特別な決まりも無く、星型の杏仁や寒天、二層で別のゼリーが入っていることもあれば、沢山の果物が入れられたフルーツゼリーであるだけの場合もあります。給食で登場したと言う人達の意見を全体的にまとめてみた場合には、ゼリーの容器そのものが星型の容器であったり、青系のゼリーの中にフルーツや星型の寒天が入っているものである場合が多いです。

七夕という星に関係するイベントであるためか、星をモチーフとしたデザートである場合が多いというこのデザート。やはり子供向けのメニューとして人気は高いです。


保育園や給食で人気の七夕ゼリーは通販で購入できるの?

給食で出されている七夕ゼリーですが、多くが給食専門業者が決まった期間にだけ作っている場合が多いため、市販も通販もありません。時折学校の給食室で作られていることもありますが、言うまでもなく市販通販共に扱っていません。

同じ様な給食メニューの一つにひなまつりゼリーというものもありますが、こちらも市販と通販が無いように、期間限定かつ特定の場所で必要量だけ作成されているメニューは市販も通販も望めない場合が殆どなのです。

しかしレシピ自体は単純で簡単な作成方法が多いため、少し手間をかけることで購入したと同じ様な七夕ゼリーを作ることができます。

七夕ゼリーの人気の簡単手作りレシピとは?



七夕ゼリーの簡単な手作りレシピは、ツイッターのハッシュタグにある七夕ゼリーや、料理レシピサイトに大量に載せられています。単純な一色のゼリーではなく少し工夫されたゼリーの種類が多くあります。例えばカップの上の部分と下の部分で色や素材が異なる二層のゼリーや、そこから発展した三層のゼリーを作ることが出来ます。上には色を付けた寒天やゼリー、フルーツを乗せると一気に華やかになります。

サイダーを使うことでゼリーの食感を変えることも可能になりますし、白玉を乗せて更に華やかさや豪華さを増すこともあります。色をつけるには素材の色を生かしてもいいですし、食用の着色料も製菓コーナーに多く置いてあります。絶対に必要であるゼラチンや水、砂糖等を忘れなければ、そして七夕のイメージとなる華やかさや星をモチーフとしていれば、工夫次第で色々なゼリーを作れます。

家庭で作る場合には、家庭用ならではの自由度が強い事が最大の強みです。サイダーにゼリーをやフルーツを入れたフルーツポンチ風のデザートも七夕ゼリーとして数えることが可能であり、大人だけで食べる七夕ゼリーも作れます。

不安な場合は料理のレシピサイトで七夕ゼリーと入力すると多くのゼリーのレシピが出てきますので、そのレシピを参考にして作成するという手もあります。中には大きな型に大きいゼリーを作るという方法もあるため、少し異なった発想のゼリーを作りたいときにアイディアを得ることに適しているためです。


カルピスを使う七夕ゼリーのレシピについて

カルピスの公式サイトでも紹介されているレシピであり、そこから広くレシピやアイディアが広まっています。
まず基本として、カルピスをゼリーとして一品作れるようにすることが大切です。

まず水に粉ゼラチンをふやかしてから水を増やし、湯煎する所からはじめます。次に牛乳にカルピスとレモン汁を少し、残りの水を加えて混ぜたら冷蔵庫で冷やすだけです。なぜこの様に別々の過程で作るかと言うと、一度別に作って置かなければ別のゼリーと一緒にした時にゼリー液がが混ざってしまうからです。目的として必要な工程でない場合は真っ白なカルピスゼリーを他のゼリー液を混ぜてしまっては意味がありません。

またこの作り方をして牛乳と混ぜることで、優しい甘さを活かす事ができるという利点もあります。別々のゼリー液と工程から作ることでゼリーの華やかさが増すのです。

どの様なゼリーを作ることができるかを具体的に挙げると、最初に一色のゼリーに多くの星型の寒天やフルーツを乗せるだけでも華やかな七夕ゼリーにすることが出来ます。中に青い食用着色料を使用することで青みを足すことができるため、時期によって雰囲気を変えることも容易いのです。二食ゼリーにするにははじめにカルピスゼリーを固めてから、上の層となるゼリーを流し込ます。流し込んだ時にゼリー液が混ざってしまうと一色になってしまいます。

作ったゼリーを柔らかめに作ったり固めに作ることで、つぶつぶの食感に変えることも、型を抜いて置くこともできる事によってレシピを広げることが出来ます。真っ白な層と柔らかい甘さを足したい場合には非常に適した材料であるといえるでしょう。普段遣いでもフルーツとの相性が非常に良いので頻繁に利用できるのです。

七夕イラストのかわいいフリー素材を紹介!無料で塗り絵はできる?

七夕のイラストについて

毎年7月7日は七夕の日ですが、七夕のイラストというとまず笹の葉を連想することも多いのではないでしょうか。
もちろん笹の葉も折り紙で作った飾りをつけるアイテムとして代表的ですが、そのほかにも七夕のイラストは世の中にたくさんあるのです。
どういったものが七夕のイラストとして相応しいかというと、まず織り姫や彦星が描かれたものは需要が高くなっています。
織り姫と彦星の二人のイラストは七夕という色合いが強いので、笹の葉と同じくらいインパクトがあります。

また他には天の川を描いたものも人気があります。
天の川単独だと使い方によっては星空のイメージが強調されてしまうので、折り紙の飾り付けをつけた笹の葉と組み合わせることで、より七夕色が強くなるでしょう。
七夕のイラストは、七月前の春から夏にかけてがもっとも需要が多くなる季節です。
プライベートであるいは仕事で利用する人も増えるので、様々なタッチのイラストがネット上にはフリー素材としてアップロードされて、使用できるようになっているのです。


かわいい七夕イラストのフリー素材について

フリー素材は基本的に無料で利用することができ、アップロードされたサイトや投稿者の定める規約の範囲で自由に加工などができるようになっています。
では、かわいい七夕のイラストのフリー素材はどのようにして見つけるのがいいのでしょうか。
それにはまずいくつか方法があります。

一つ目の方法としてはフリー素材を掲載しているサイトから探すということです。
無料のフリー素材をアップしているサイトの検索機能を使用して、七夕に関するイラストを検索してみましょう。
この時に、イラストのみを検索したい場合、写真素材を除外検索するようにしておくのが賢明です。

二つ目の方法としては、無料の素材を掲載中のサイトを複数に渡って検索できるサイトでサーチするという方法です。
どちらかというとこちらは、個人のフリー素材のイラストサイトを網羅していることが多く、他の人と被らない個性的でかわいいイラストが見つけられることがあります。
たまに期間限定でのアップもあるので、気になるフリー素材サイトは小まめにチェックしておきましょう。

また、七夕に関してのイラストはたくさんヒットすることが予想されます。
イメージに近いものを探すために追加でキーワードを入れていくと、欲しいフリー素材を逃してしまうことなくダウンロードできるでしょう。


無料の七夕イラストの塗り絵はある?

無料のフリー素材はモノクロのものだったり線画だけのシンプルなものもあり、使い方によっては塗り絵としても代用できます。

また、塗り絵用としてアップロードされているものもあります。
子供だけでなく最近では大人にも塗り絵ブームが広がっているので、塗り絵目的のイラストは増えています。

では七夕をモチーフとしているイラストで、塗り絵はあるのでしょうか。
実は最近では、七夕に関する塗り絵素材は人気が高まっています。
笹の葉の飾りつけの部分や織り姫と彦星などは色塗りに個性が出やすく、単調な色使いになりにくいので、大人が趣味で続ける塗り絵としても満足度が高いです。
グラデーションや細部へのカラーレイアウトで、雰囲気や楽しみ方が変わってきます。

素材を見つけるにはもっとも数が多いのは子供向けの塗り絵用のフリー素材からですが、それ以外からも可能です。
特に大人かわいいイラストが欲しい場合は、季節の素材を扱ったイラストサイトなどが適しているでしょう。

無料素材で塗り絵をすることのメリットは失敗しても、プリントアウトを再びすることで何回でも塗り絵ができるということです。
子供を持つ親にとっても節約にもなりますし、大人にとっても様々なバリエーションを色塗りで試せるのでフリー素材を塗り絵に使用する需要は高まっているのです。

折り紙で七夕飾りを作りたい!織姫・彦星や星、天の川の簡単な折り方(作り方)をご紹介!

七夕飾りは折り紙で簡単に作る事が出来るの?

七夕の飾りは折り紙で簡単に作ることが出来ます。少し凝った飾りもありますが、折り紙を切って貼るだけの飾りも多くあるのです。

例えば他のお祭りなどの時に使われるわっかつづりは、折り紙を何本かに切り分けた後にわっかにしながら伸ばしくていくだけです。折り紙と言えば折って作る飾りを思い描いてしまいましが、切って貼るだけ、もしくは切るだけで作る事もできると柔軟に考える必要があります。

少し難易度が上がりますが、折り紙を折ることで簡単に作る飾りもあります。鶴を折って飾りにしてもいいですが、星の折り方やくす玉を作ることが出来ます。二枚以上の折り紙を組み合わせて重ねたり、単純な作品を幾つか作ってからノリで貼って笹を作ることができるのです。

この様に多少の難易度は変わりますが、折り紙は折るものであるという固定概念を捨てることで、簡単に折り紙の七夕飾りを作る手段を本やインターネットで多く探し出すことができるのです。


七夕飾りの織姫と彦星の簡単な折り方とは?

織姫と彦星を折る方法には、折り紙を二枚使って、胴体と顔をわけた作り方が一般的になっています。中には三枚の折り紙を使う高難易度で凝った作成方法もあります。

しかし逆に一枚の折り紙で簡単に折る方法も存在するのです。その方法は非常に単純な折り方で、折り紙が三角になるような半分に折って折り目をつけた後、一度開いて折り目がついている折り紙の角を小さく前におります。今度は折った部分はそのままにして、もう一度前に折ってから裏返します。更に折り目に角を合わせて二箇所を折ります。

彦星はここで白い部分に顔を描いて出来上がりです。

織姫の場合はもうひと手間、折った二箇所の内の上にある部分を、紙を少し残した状態で前に折り、裏返してからもう一度紙を少し残して後ろに折ります。

この後は彦星と同じ様に顔をかいて出来上がりです。この折り方が最も簡単な折り方で、折り紙一枚で折ることができる方法です。もう一つ折り紙を一枚だけ使って折る方法もあります。


七夕飾りの星と天の川の簡単な折り方とは?

星の作り方は最も簡単に一枚の折り紙を切るだけという作り方から、五枚の折り紙を使って立体的に作る星の作り方もあります。作り方も難易度も多彩であるため、老若男女を問わずに作れるところが魅力です。一枚から星を作る方法は二通りあり、両方共四角になるように二度半分に折り紙を折る所から始まります。どちらも指を入れて三角を二つ作るところまでは同じです。

ここから中心の折り筋に合わせるように中央へ右の淵を折り、裏面も右を同じ様に折ります。それから折った部分を開いて左の方をしっかりと持ち、左上へと折ります。こうすると真ん中に袋が出来、左の方の折り紙が多くなります。出来た袋を開いて、左側に行った折り目に向かって折ってから、左上の角と袋の下の方にあるもう一つの角を合わせるように折ります。

こうすると三角形に下から角が一つ出ている状態になります。この三角形の上の角を三角形の下の部分に向かって折り目を付け、折り筋から斜めに下に飛び出た角の部分を、紙を残した状態で上へ折ります。三角の部分を横へ半分に折り、折った部分の紙を少し残しながら、星型に整えながら折ります。最後に裏返せば完成です。

星に対して天の川は非常に簡単で、好きな方向から対称的になるように二回以上折り紙を半分に折り、交互になるようにハサミで切れ目を入れるだけです。これを切れないように広げれば天の川が完成します。最初に四角に折った場合は平面で波のようになった天の川になりますが、三角に折った場合は縦に伸ばして筒のようになる立体的な天の川を作ることができるのです。

七夕の由来や意味を子供向けに簡単にご説明致します!

幼稚園や保育園で、夏休み前の楽しい行事といえば、七夕。七夕の由来や意味について調べてみました。また、親子で七夕を楽しめるように、子供向けにも、七夕の説明をします。

七夕とは?由来や意味について

七夕とは、日本古来の行事と、中国古来の行事、それに織姫と彦星の伝説が合わさってできたものです。日本古来の行事とは、「棚機(たなばた)」というもので、七夕の読み方の元となっているものです。「棚機」とは、機織り機の名前のことで、乙女が神様のために着物を織り、秋の豊作を願ったり、人々のけがれを払ったりしました。

それから、仏教が伝来し、この行事はお盆の前の準備として行われるようになり、7月7日に、日が定まったと言われています。中国古来の行事とは、「乞巧奠(きこうでん)」というもので、7月7日に、織姫星にあやかり、裁縫が上手になるようにお祈りをしていました。それから発展し、芸事や書道なども上達するようにお祈りをしました。

もう一つの、織姫と彦星の伝説は、空の星の伝説です。七夕の時期に輝くベガとアルタイル。ベガは裁縫をつかさどる星、アルタイルは農業をつかさどる星とされています。その2つの星の間に流れている、たくさんの星でできた天の川。この2つの星が1年に1度最も輝く七夕に会えると考え、織姫と彦星の伝説が生まれました。

以上の3つのことが合わさり、七夕は時代と共に、人々の間で、七夕飾りや短冊へお願いを書いたりして定着していきました。


子供向けの七夕の簡単な由来とは

それでは、子どもたちへは、七夕をどのように伝えたらよいでしょうか。先ほどの説明をすべてしても、子どもたちには伝わりません。七夕が子どもたちにとって、楽しくて、毎年飾り付けをしたくなるような行事であってほしいですね。こども向けの織姫と彦星の話には、このようものがあります。

昔々、あるところに、機織りが上手な織姫と、働き者の牛飼いの彦星がいました。2人とも、とても働きものでしたが、ひとりぼっちでした。
そこで、神様は、働き者の2人を結婚させました。2人とも一緒にいられることがとても嬉しくて、今まであんなに働き者だったのに、遊んでばかりになってしまいました。

怒った神様は、2人を天の川の両岸に、離れ離れにしてしまいました。2人とも大変悲しみました。
かわいそうに思った神様は、前のように一生懸命働けば、1年に1度、七夕の日に会わせることを約束しました。

そこで2人は、一生懸命に働き、1年に1度、七夕の日に会えるようになりました。


七夕の話に、教訓が混ざり、子どもの心に残るようになっています。
七夕といえば、織姫と彦星のほかに、笹飾りと短冊のお願いがあります。

笹の葉のある竹は、まっすぐ高く伸びるので、お願いが天まで届くと言われています。笹飾りの中でも、吹き流しは魔よけ、千羽鶴は長寿、網飾りは豊作大量、くずかごは物を粗末にしない、という願いが込められています。子どもたちが、笹飾りを作るときには、その意味を教えてあげながら、一緒につくるといいですね。

また、七夕の歌のなかにある「5色の短冊」とは、青、赤、黄、白、黒の5陰陽五行説に基づく5色です。

七夕に短冊に書くお願いは、「○○が欲しい!」ではなく、頑張っていることの上達を書くのが一般的です。それは、昔は、裁縫や芸事、書道の上達をお祈りしていたからです。

子どもたちにも、「おもちゃがほしい!」ではなく、「逆上がりができるようになりますように」や「ピアノが上手になりますように」とお願いしようね、と伝え、頑張っていることが達成できるように、短冊で応援しましょう。

まとめ

大人にとっても、子どもたちにとっても、七夕が楽しみな行事になるよう、七夕について一緒にお話できるようになりましょう。