アプリ

路線を検索できるGoogle、Yahooを中心にバス路線検索アプリも紹介

Google

ルート検索などに便利なGoogleマップですが、電車やバスなどの公共交通機関を利用した経路を調べられる「乗換案内」の機能が備わっているのをご存知でしょうか。出発地と目的地を設定して検索すれば、リアルタイムの乗換案内が見られるだけでなく、駅やバス停の時刻表やルート途中駅、現在位置などもチェックできる優れた機能です。

メジャー会社Googleのプロダクトだけあって、機能もUIもかなりのスピードで進化しています。

よって国内、海外の他の会社が似たような機能を、時間をかけて搭載しても、それを上回るスピードとクオリティでアップデートしてくるのがGoogleのサービスですので、現時点でも、単なる地図サービスを超えた、様々な機能を搭載したサービスになっています。

情報の質や、グラフィカルな表現の仕方、その他渋滞情報や、ナビゲーション機能などの多彩な機能などを見ても、追い付いて越してしまっている部分も多いのかもしれません。

2017年11月、Googleの地図サービスことGoogleマップが今後数週間のうちに更に見やすく改善されることが、米国版の公式ブログで明らかにされました。Web版とAndroid版、iOS版が更新される予定です。

具体的には、施設のジャンルごとの色分けや種類別アイコンが大幅に追加され、運転モードではガソリンスタンドが、路線図を表示した場合は駅などが表示される。といったように、ルート検索の交通機関などに応じた施設が強調表示されるようです。


YAHOO

アプリでは、通勤タイマー機能があります。次の電車の発車時刻をカウントダウン表示してくれるもので、自宅と通学・通勤の最寄り駅をそれぞれ設定することにで、発車までの時間をタイマーのように確認することが出来ます。

アイフォンだと通知センターから、アンドロイドならウィジェットに設定すればアプリを起動しなくても画面上で簡単に確認することが出来ます。

電車が発車するごとにカウントダウンは繰り返されるので、次の電車がいつ来るのかもすぐに分かります。

また、観光スポットやカフェなど様々な施設の詳細情報を現在地や名称から調べてルート検索することもする事も出来ます。例えば、出発地点と到着地点のそれぞれを店名にすると出発地点のお店から到着地点のお店までの経路をバスまで含めて案内してくれます。

また、検索結果の時間表示はタップすることができ、タップすると乗り換え時間を変える「ダイヤ調整」ができます。乗り換えの際にトイレに行きたい場合など、とても便利な機能です。

WEBではYahooロコ路線検索サービスがあります。

TOPページのサイドメニューにある、全国の電車やJR・私鉄、航空路線を対象とした、乗り換えルート、運賃、所要時間や定期券料金の無料検索ができる無料サービス。

出発地・目的地など、画面の指示に従って入力し検索を実行すると、乗り換えルート、運賃、所要時間から定期券の料金まで表示されます。

料金、時間、乗り換えの数などの順番でそれぞれ最大3つまで候補を出してくれます。

候補として出てきた情報は、最適経路・料金・所要時間など

ほぼ間違いはなく、非常に信頼性のあるデータのようです。


バス

ネットで最も調べにくい情報の一つである「バス路線」。普段バスを使わない人がネットで調べようとすると、Googleマップなどの地図サービスで調べられない。あの停留所に来るバスがどこに行くのかわからない。バス会社はバラバラで、そもそもどのバス会社が来てるのかさえよく分からない。路線図にたどり着いても、全ての停留所が記載されていない。

路線図はただの図なので、停留所の正確な位置がわからない等々、バスを使わなくてはいけなくなった時に役立つサービスをいくつか挙げます。

・Bus Service Map

バス路線図も公開するサイトです。めまぐるしく変わる東京圏の路線バスNetworkを より美しく、より正確に、よりusefulに 独自の形式のバスマップが閲覧できる私設サイトです。

・バス停留所MAP

地図にバス停をアイコン表示させることが出来、バス停アイコンをクリックすると、バス停に停車する経路の一覧を表示してくれます。

また、そのバス停に停車するバスの経路を検索する事もできます。

・バス停まっぷ

バス停まっぷは全国のバス停を検索できるサイトです。都道府県または地図からバス停を探すことができます。

アプリもあり、外出先で近くのバス停を探したり、最寄りのバス停までのルート検索や、駅のリストから探すなどの検索機能を備えています。バス停データの総数は約67万件。国土交通省のデータを使用しているようです。

乗換案内アプリ!YAHOO、NAVITIME、いつもNAVI、エキスパートなど紹介

はじめに

いつもなんとなく使い慣れた乗換案内アプリを利用していませんか?

電車やバスを使う事が多い、普段は車だけどたまに電車やバスを利用する、はたまたフェリーを使って旅行に行く。皆さんそれぞれに乗換案内アプリをお使いだと思いますが、もしかしたら今使っているアプリよりももっと自分のライフスタイルに合った乗換案内アプリがあるかもしれません。

使い慣れているアプリを変えるのには使い方の不安などあると思いますが、使う人と使い方によって必ずピッタリの乗換案内アプリがあるはずです。

五つの乗換案内アプリについて「これは使える」という情報を集めました。

まずはそれぞれの長所を知って、今利用している乗換案内アプリが自分のライフスタイルに合っているものなのかどうかを考えてみましょう。


スマートな乗換案内アプリ 「乗り換えNAVITIME

基本的な乗換案内の機能を搭載している「乗換NAVITIME」は、路線図から出発駅や到着駅を設定できるので便利です。路線図が見られると位置関係も分かり安心です。

路線図からは出発駅や到着駅を設定出来るほか、その駅の時刻表もチェック出来ます。また、対応路線であれば「前から3両目」というように、乗換に最適な「乗車位置」までも案内してくれてとても画期的です。

行き方は分かっても、乗り換え時に別路線に繋がる階段までがとても遠くて、案内通りの電車に乗れなかったりする心配もありません。

また「エレベーター優先」「階段を避ける」など、荷物が多い時やベビーカーでの移動の時には、なるべく楽な方法で移動出来る検索条件もあります。

子供連れや荷物を持っての移動は大変なので嬉しい機能です。

 

しっかり管理の乗換案内アプリ「Yahoo!乗り換え案内」

通勤タイマー機能があります。次の電車の発車時刻をカウントダウン表示してくれるもので、自宅と通学・通勤の最寄り駅をそれぞれ設定することにで、発車までの時間をタイマーのように確認することが出来ます。

アイフォンだと通知センターから、アンドロイドならウィジェットに設定すればアプリを起動しなくても画面上で簡単に確認することが出来ます。

電車が発車するごとにカウントダウンは繰り返されるので、次の電車がいつ来るのかもすぐに分かります。

また、観光スポットやカフェなど様々な施設の詳細情報を現在地や名称から調べてルート検索することもする事も出来ます。

例えば、出発地点と到着地点のそれぞれを店名にすると出発地点のお店から到着地点のお店までの経路をバスまで含めて案内してくれます。

さらに「降車ドア表示」がとても便利です。乗り換えの際、どの車両に乗れば出口が近いのか、エレベーターやエスカレーターの有無まで車中で確認できます。

また、検索結果の時間表示はタップすることができ、タップすると乗り換え時間を変える「ダイヤ調整」ができます。乗り換えの際にトイレに行きたい場合など、とても便利な機能です。


あらゆる人に優しい乗換案内アプリ「駅すぱあと」

電車やバスのみならず、飛行機や船の乗り換え案内もしてくれます。

全国の路線図をスクロールで自由に見ることが可能で、移動中にも自分が今どこの区間にいるかを確認する事が出来ます。

また、「ママモード」も搭載していて、多機能トイレの有無が確認出来たり、ベビーカー・小さいお子さん連れだと乗り換えには時間がかかるので、それを考慮し、ベビーカーでも乗り換えやすい経路の案内や、乗り換え時間を長めに設定し、ゆっくりと乗り換えができる経路を案内してくれます。

このほかに、「酔っ払いモード」も搭載されていて、「酔っ払いモード」を選択すると、現在地から一番近い駅を推定。事前に登録しておいた自宅最寄り駅までの終電の時間と経路を自動計算してくれる優れもの。さらに、その終電までの残り時間も秒単位で表示してくれるので、飲み会で終電を逃す心配が無くなります。

なお、「ママモード」「酔っぱらいモード」の利用には、「駅すぱあと」アプリ内またはWEBから、月額210円のプレミアム会員専用登録が必要です。

携帯キャリアがauで、「auスマートパス」に加入している方はその料金内及び「auスマートパス」アプリ内で同サービスが利用できます。

 

情報がいっぱい乗換案内アプリ「いつもNAVI

地図情報会社であるゼンリンが提供しており、会員登録するとカーナビとしても使う事ができ、渋滞情報ももちろん提供してくれます。

ゼンリンならではの詳細さや更新性で、複雑に変化する地形に対応した最新地図が閲覧可能です。

乗換案内やカーナビだけでなく、駅を出てからもコンビニやファストフード、銀行などを地図で探すことも出来る複合ナビゲーションアプリです。

その他、面白い機能としては、予算金額まで設定出来るグルメ検索や、映画やTVドラマなどの撮影地検索でしょうか。こちらは会員登録せずに使えるので、一度試しいてみたい機能だと思います。

更に会員登録をすると「みんなで位置共有」というアプリと連携させて、位置情報を共有ながらチャットが出来るサービスもあります。友達同士や、外回りのお仕事などの同僚同士でのコミュニケーションツールとしても使えます。


シンプルな乗換案内アプリ「乗換案内」

このアプリの嬉しい所は、操作が簡単で、尚且つ電車・バス・飛行機・徒歩まで含めた乗り換え検索が全て無料で利用できるという事です。同じ検索窓で駅・スポット・バス停・住所から検索が出来ます。

もし乗り換えに失敗してしまった場合でも、現在時刻からすぐに検索し直すことも可能です。その上、自宅を登録しておけば、「ここから自宅」という機能で、現在地から自宅までの経路をワンタッチの簡単操作で検索することが出来ます。もちろん、遅延などの運行情報も検索する機能も付いています。

また、月々の交通費を計算し、CSVファイルとしても出力できる機能が付いているので、頻繁に電車やバス、新幹線を利用するという方にとっては便利です。

その他にも駅構内や駅周辺のトイレ、ATM、コンビニがどこにあるのか分かる機能や、タクシーを利用した場合の料金も分かります。2人~4人の割り勘料金まで計算してくれる機能も付いています。

駅弁や映画、クーポン、花火、紅葉情報などが分かる連携機能もあり、プライベートにもビジネスにも活用出来そうです。

 

まとめ

本当に電車やバスの乗換案内アプリとしてだけだとしたら、どのアプリもそれほどの優劣はありませんが、こうして詳しく見てみると、それぞれのアプリがどんな使い方をする方に合っているのかが見えてきます。

今、使っている乗換案内アプリは本当に自分のライフスタイルに合っているものですか?

上にある五つの乗換案内アプリの中だけでも、「これは使ってみたい」と思える機能がひとつはあったのではないでしょうか。

そもそも、「乗換案内アプリにここまで期待はしていなかった」という声も聞こえてきそうです。

ターゲットによる使い勝手やインターフェース、検索機能は各社がそれぞれ工夫していますので、使う側も乗り遅れないように試しに色々使って、中身を知るべきではないでしょうか。どのアプリが自分に合っているのか分からない場合や、決められない場合には、使いたいと思っている機能が使えないアプリから削除していくという方法もあります。

せっかくこんなに沢山の機能を持った乗換案内アプリが沢山あるので、是非この機会に自分のライフスタイルにピッタリの乗換案内アプリを見つけましょう。

郵便番号とは?検索アプリと住所から検索する方法を紹介

郵便番号とは

はがきや封書、または荷物のあて先の上に書く7ケタの数字の番号です。郵便物を正確に届けることを目的とされ、1962年当時に西ドイツで開始されました。日本では 68年7月から開始されました。全国の配達局に特定の番号をつけ、記入したこの番号を郵便番号自動読取り区分機で読み取ります。そしてその後、あて先別に分類されます。番号の数字は、全国を 10地域に分けて、0~9までの数字から始る3桁の親番号(大局、中継局) と、そのあとに2桁の子番号 (末端局)、さらに町名まで識別する2桁を併せて7桁になります。

郵便番号は、都道府県単位を基本として全国100に分けられていて、郵便物の取り扱いが多い東京が起点になっており、

東京(10~20)

関東甲信(21~40)

東海(41~51)

近畿(52~67)

中国(68~75)

四国(76~79)

九州(80~89)

沖縄(90)

北陸(91~93)

新潟(94,95)

東北(96~99、01~03)

北海道(04~09、00)

と設定されています。

そして、郵便番号の頭につける記号「〒」は、テイシン(逓信)のテの文字を記号化したものです。逓信には「音信を伝える」という意味があるそうです。


郵便番号一覧

インターネットユーザーの間で、様々な形で多く利用されてきたオープンデータと言うと「郵便番号データベース」でしょう。郵便局のWebサイトから誰でも郵便番号データをダウンロードできます。

オープンデータとは、インターネットなどを通じて誰でも入手し、利用、再配布できるデータの総称です。政府、自治体、研究機関、企業が公開していることが多く、人口統計や、過去の天気や気温など、沢山のデータがオープンデータとして公開されています。

「郵便番号データベース」のデータは、都道府県ごとのデータと全国一括の二種類があります。「全国一括」のデータは、ZIP形式で圧縮されているので、ZIPデータを解凍して利用します。解凍すると「KEN_ALL.CSV」というCSVファイルが表示されます。

CSVファイルは、Excelなどで手軽に見ることができる形式ですが、「郵便番号データベース」CSVファイルは、サイズが大きいのでファイルを開くのに少し時間がかかるかもしれません。

しかし、やはり郵便局のWebサイトから配布されているデータなので、地区の合併などがあってもすぐに更新してくれるので、信頼度は高いでしょう。

 

郵便番号検索

郵便番号を検索できるwebサイトは沢山あります。

・日本郵便郵便番号検索

・goo 郵便番号〒

・excite.郵便番号

・7桁郵便番号検索サービス

・郵便番号検索

・Mapion 郵便番号検索

・便利.com 郵便番号検索

・ヤマト運輸 郵便番号検索

・郵便太郎:郵便番号検索サービス

・全国郵便番号一覧 郵便専門ネット

また、iPhoneではiOS8以降、郵便番号7ケタを打ち込むと、住所に変換できるという機能が実装されています。メールやメッセージでもLINEでも、郵便番号7ケタの数字を打ち込むと住所が表示されます。

 

郵便番号検索goo

goo郵便番号アクセラレータは、Internet Explorerに追加し、マウスオーバーでWebサイトに表示されている住所から郵便番号検索ができる専用アクセラレーターで、Webサイトに記載された住所に郵便物を送りたいときなど、わざわざ別のウィンドウを開かなくても簡単に郵便番号がわかるので便利です。

また、この他にもYahoo!地図 アクセラレータ、NAVITIME スポット情報検索があります。


郵便番号から住所検索

Windows 10のMicrosoft IMEで、郵便番号を住所に変換する事ができます。

操作手順は以下

・タスクバーからMicrosoft IMEのアイコンを右クリックする

・「Microsoft IMEの詳細設定」をクリック

・「辞書、学習」タブをクリック

・「システム辞書」欄の「郵便番号辞書」にチェックを入れて、「OK」をクリック

この操作を行うと、エクセル(Excel)で住所録など、様々な資料などを作成するときに郵便番号から住所を自動変換することができるようになります。

入力も楽になり、入力時間の短縮や入力ミスを減らすことになりとても便利です。

 

郵便番号検索アプリ

「日本郵便公式アプリ」

いつでもすぐに郵便番号を確認できてとても便利です。

アプリから利用できる機能は、

郵便番号検索

料金の計算

お届け日数を調べる

郵便追跡サービス

「郵便番号検索.site

Webサービス「郵便番号検索.site」のスマホアプリです。

スマホのブラウザからも利用出来ますが、ホームページのヘッダが不要だと感じたり、説明が長い、広告が大きいなどバランスが不安定でしたがアプリのリリースで改善されました。

「郵便番号検索くん」

電波がなくても郵便番号検索ができます。

また、その郵便番号がどんな地域なのかを地図で確認する事ができ、郵便番号から地域を逆引きすることも可能です。

「ここドコ?」

アプリを起動して、「ここドコ?」と書いてあるボタンをタップするだけで、その場所の住所に対応した郵便番号が表示され、近くにある駅やファミリーレストラン、コンビニエンスストア、銀行などの周辺情報も表示されます他に操作できるのは「終わり」のボタンだけで、メニューも何もありません。とてもシンプルなアプリです。

モバイルSuicaの使い方やチャージ方法、使える路線など紹介

モバイルSuicaとは

全国の鉄道、バスの乗車、また、お買い物でも使えて便利なSuicaは、JR東日本が発行しており、携帯電話でも使えるサービスを「モバイルSuica」と言います。

カード型Suicaの持ち運びが不要になり、フェリカ搭載のおサイフケータイで利用する事が可能です。

Suicaとは、「Super Urban Intelligent Card」の頭文字で、「スイスイ行けるICカード」という意味もあるそうです。

モバイルSuicaは、カード型のSuicaと同じように改札機にタッチするだけで電車に乗ることが出来ます。券売機の前に並ぶ必要もありません。

携帯電話からいつでもチャージすることが出来るので、残高不足の場合やチャージ機等が混んでいる駅ではとても便利です。


モバイルSuicaの使い方

モバイルSuicaを使う場合もカード型のSuica同様、あらかじめ入金(チャージ)しておく必要があります。チャージの上限は20,000円です。

スマートフォンアプリでは残高確認もできるので、その場で残高をチェックして、不足分は即座にチャージできます。これはカードタイプのSuicaにはないメリットです。

スマートフォンアプリで利用できる「Suica」では、クレジットカード登録が必要な「モバイルSuica」と、クレジットカード登録が不要な「EASYモバイルSuica」の会員があります。

「モバイルSuica」の年会費は、ビューカードで登録する場合は無料です。

その他のカードで登録する場合は、年会費1030円が必要になります。

「EASYモバイルSuica」では年会費が無料で、キャリア決済サービスを利用できます。1カ月に 3000円までの利用が可能です。キャリア決済サービスは「ドコモ ケータイ払い」「au かんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」に対応しています。

本体の使い方は、スリープ状態でアプリを起動する必要も無く、指紋認証も不要です。取り出したスマートフォンをそのまま自動改札の読み取り部分にタッチするだけで改札を通過できます。

ちなみに、AndroidスマートフォンのモバイルSuicaでは電源がオフでも利用できますが、iPhoneでは電源がオフの状態では使えないので注意が必要です。

 

モバイルSuicaの使える路線

モバイルSuicaはJR東日本エリアだけではなく、

・Kitaca

・PASMO

・TOICA

・manaca

・ICOCA

・PiTaPa

・SUGOCA

・nimoca

・はやかけん

以上の各エリアにおける鉄道やバス、北海道から九州まで利用する事ができます。

2017年10月1日には、岡山電気軌道の市内電車、バス、中鉄バス(国道53号線)、両備バス、下津井電鉄/バスでも利用が可能になりました。


モバイルSuicaチャージの注意点

モバイルSuicaは便利ですが、現金でチャージした場合、何も得はありません。利用時に付与されるポイントなども特にありません。

そこでお勧めなのが、ビューカードでチャージする方法です。年会費は無料で、クレジットカードのポイントが貯まります。

還元率は1.5%です。「クレジットカードは持ちたくない」という考えでない限りは、モバイルSuicaを使うならビューカードでのチャージがお得です。

ビューカードの中でもお勧めは、ビックカメラスイカカード

初年度だけ年会費が無料と表記されていますが、2年目以降でも前年度にクレジットカードを利用していれば年会費はかかりません。

年に1回でもモバイルSuicaをビックカメラSuicaカードからオートチャージすれば、年会費は実質無料です。

他の対応ビューカードは、ほぼ年会費がかかります。

また、年会費がかからないだけでなく、ビックカメラSuicaカードからのチャージでは1.5%のポイントも還元してくれます。

学生や社会人の方でも通学や通勤にSuicaを使う方は多いと思います。せっかく使うなら少しでもお得に使えたら嬉しいことです。ビックカメラSuicaカードからチャージすれば、毎回1.5%還元されポイントが貯まるのでお勧めです。

また、ビックカメラには通販サイトもあり、年末の福袋なども充実しているので、万が一近くに店舗が無くても作る価値はありそうです。

スケジュール帳やアプリで予定を管理する方法や共有方法を紹介

スケジュール帳について

スマホで仕事や趣味のスケジュール管理をする人が多くなってきたので、もう重たくて厚みのあるスケジュール帳は必要ないと思ってしまう人もいるでしょう。
ですが、スケジュール帳ならではのメリットというのもあるものです。まず、一つに充電が必要ないということがあります。どんなに細かく、詳しくスケジュールを入力したとしても、肝心な時に電池が切れてしまって見れないようであっては困るものです。紙のスケジュール帳であればいつでもどんな時でも確認することができます。紙の場合は雨に濡れてしまう、という心配もありますが、濡れてしまっても丈夫な革のカバーがついているものであれば重症にならないことが多いです。

また、スケジュール帳も手帳ブランドのものであれば紙も雨に強いものを使用していることが多いのでおすすめです。そして二つ目のメリットに、シールなどを貼ってアレンジする楽しみがあるということがあげられます。女性は特に可愛くアレンジしたりデコるのが好きなことが多いので、スケジュールをマスキングテープやシールでアレンジできるという楽しみも増えるものです。デジタルの時代になっても変わらない良さというのが紙のスケジュール帳にはあるでしょう。


スケジュールをアプリで管理

スケジュール帳は手帳じゃないと嫌、という紙派がいれば、そうじゃないデジタル派の人というのもいるものです。どちらがいけない、優れている、仕事がしやすいかというのは人それぞれの好みもあるので、一概にどちらがおすすめとも言えないものです。
ですが普段から書くよりも入力するほうが得意であったり、外に出歩いていることが多いような人であれば、紙よりもアプリのほうが使いやすいと感じることもあるでしょう。事務職であれば紙のスケジュール帳、営業であればアプリのほうが都合が良いということもあるものです。また、アプリのスケジュール帳であっても絵文字などで可愛くすることはできるので、自分が使いやすいと思うものを使っていくと良いでしょう。

紙の手帳タイプのスケジュール帳は日記のようにして毎年残していくことも可能です。スケジュール管理と共に写真も貼っているような人であれば、アルバムのように残しておくために紙の手帳を選ぶと良いです。手帳はサイズも大きさもそれぞれ違うので、どういったタイプのものを選ぶかでもその人の個性が出るでしょう。
また、飽き性の人であれば安い手帳を買って、飽きたら買い換えるといったようにファッション感覚で使っても楽しいものです。

 

スケジュールの共有方法

また、スケジュール帳は自分だけでこっそりと使うのが基本ですが、内容によっては他人と共有したい時もあるものです。特に女性は女子会を開催するのに、一人一人のスケジュールを聞いていたのであれば時間も手間もかかってしまうので幹事がとても大変になってしまいます。同じ会社、学校に通う人同士であればまだ良いですが、違う職種、学校であれば合わせるのも大変です。
なので、スケジュールも共有できたらありがたいでしょう。みんなが同じ画面にアクセスできれば、一人一人が誰が来れて誰が来れないかもわかって良いです。SNSやラインだと通知の音がうるさいということもありますが、共有であれば大丈夫です。各自いろいろな場所に住んでいる同窓会にも役立ちます。また、会社の会議に利用することができます。自分個人のスケジュールは内緒のことも多いので共有にはしたくないですが、みんなと合わせたい時は利用していくと良いです。

せっかく久しぶりに女子会を開く時は、誰かが幹事になることで負担が増えてしまうのを避けたいですから、こうした便利なサービスを使ってみましょう。みんなが幹事になることもできるものです。参加者みんなが同じように楽しむことができるでしょう。


スケジュールを管理する

スケジュール管理というのは、得意な人、不得意な人というのがいるものです。得意な人というのは大抵まめであるか、スケジュール管理というのが好きな人でもあります。真っ白な手帳がスケジュールで埋まっていて、空いていない状態だと安心するという人も多く、こうしたスケジュールが埋まっていないと気がすまないような人はせっかちで、のんびりしているのが苦手な人でもあります。

逆にスケジュール管理が苦手な人や嫌いな人は、マイペースで好きな時に好きなように行動するのが好きだということがあるものです。でしですが、スケジュール管理が嫌いな人はスケジュール表をみる癖すらついていないこともあるので、まずは見る癖をつけるようにしなければなりません。アプリでも良いですから、まずは自分が頻繁に見たくなるようなスケジュール表を作ってみましょう。

お気に入りのキャラクターがいるような人であれば、そのキャラクターをモチーフにしたスケジュール表でも良いです。見たくなるようなスケジュール表を作って、スケジュール管理できる習慣を身につけましょう。大雑把な人も多少変われるようなことがあるものです。自分なりの方法を取り入れることが大切でしょう。

ラジオアプリは無料?おすすめのアプリは?通信料と録音方法を解説

ラジオアプリは無料で使用できる?

スマートフォンアプリの中には無料で聞くことができるラジオアプリが多く存在しています。民放の放送はもちろんのことNHKのラジオもばっちり聞くことが可能です。NHKが公式で出しているアプリも存在しています。
そしてラジオアプリのほとんどは無料で活用できるというのが嬉しいポイントです。すぐに聞きたい。身近な者にしたいと思うからこそ、月額料金などが掛からないものがあると嬉しいです。

さらにスマートフォンアプリでラジオを聞くと既存のラジオで聞くよりもあるメリットがあります。それが音質がいいということなのです。ラジオ機器で聞こうとするとどうしても電波の状況などに音質が左右されて、屋内の場合は雑音が混じってしまうという場合があります。しかしラジオアプリならばその心配はありません。ラジオアプリでは電波を拾うのではなくインターネット経由でラジオの音声を取得しています。そのためにラジオ電波が届きにくい場所であってもインターネットに接続ができていればどんな場所であってもラジオを聞くことができます。無料で活用できてさらに使いやすいのがラジオアプリです。ラジオ好きならば何か一つはスマートフォンの中にラジオアプリを入れておきたいですね。


ラジオアプリのおすすめ

ラジオアプリは入れておくだけで様々な活用方法が可能です。そんな中でおすすめの使い方を見ていきましょう。まずはSNSアプリとの連動です。ラジオの中には放送中にメールなどから視聴者の意見を聞いたりすることがありますよね。ラジオアプリの中にはそのアプリの中から直接番組に投稿できる機能があるものがあります。それならば一々メールアドレスをメモして送るという手間がなくなるというわけです。その他にもSNSと連動することにより同じ番組を聞いている人の意見をすぐに見ることができたり、皆で意見を共有しながらラジオを聞くことができます。

この他にも聞き逃し機能がついているラジオアプリも便利でおすすめです。あの番組を聞こうとしていたのにどうしても時間が合わなかった、忘れてしまっていたという場合ありますよね。しかし聞き逃し機能を使えば大丈夫です。時間を遡り、聞きたい番組をいつでも再生することが可能なのです。この他にも夜ラジオを聞いていたらついうとうとしてしまって就寝、朝までラジオが点きっぱなしだったという経験はありませんか。そんな方にはオフタイマー付きラジオアプリが便利です。時間がくれば自動的にアプリが停止してくれます。このように便利機能が多くついているのがラジオアプリです。

 

ラジオアプリの通信料

ラジオアプリでは起動してラジオを聞いたからと言って追加で通信料金を取られる心配はありません。ただしラジオアプリには注意したい点もあります。それがパケット使用量です。ラジオならば音声だけだしそれほどパケットは掛からないのではと思いますよね。確かに動画と比べてラジオアプリのパケットは少ないです。しかし長時間使用したくなるのがラジオアプリです。1時間ラジオを聞いた場合使われる使用量は30MBから50MBだと言われています。差が出る原因はアプリ毎に差があるためです。1日1時間使用したとすると1ヶ月で約1GBの通信料を使用することになります。動画の場合はこの数倍のパケット量を使うため、ラジオのほうがパケット使用量は抑えられるようにはなっています。毎月使用できる量は契約条件によって変わりますが、気づいたらパケットを使いすぎていたとならないように気をつけましょう。

もしパケット使用量を抑えたいという場合はWi-fiを活用しましょう。自宅にネット環境やWi-fi環境を用意したり、公共Wi-fiが使える場ではそちらを活用したりするなどパケットを抑える手段は色々あります。使いすぎないようにそこは気をつけていきたいですね。


ラジオアプリで録音する

ラジオを聞くだけでなく録音をしたいという場合もありますよね。ラジオアプリでは録音機能が付いているものもあります。好きなラジオは保存して後で聞き直したいと場合もあるでしょう。そんな場合はラジオ録音アプリがおすすめです。アプリから予約録音をしておけばその時間になれば自動でアプリが作動し、録音を始めてくれます。その時間に録音ボタンを押す必要が無いというのは便利です。

さらに録音アプリでは海外ラジオの音声を録音できるものもあります。海外ラジオを録音しておき、じっくり聞くことで言語の勉強にも活用することができます。録音をする際の注意点ですが、ラジオアプリにはバッファリングといい、時間が少し送れている場合があります。そのために時間ちょうどに録音を開始すると冒頭部分が録音されていないという可能性があります。これを防ぐ方法ですが、録音開始時間を1分から2分ほど早めに設定しておくという方法です。これならば開始部分が録音されていないという心配もありません。
録音したいほどのラジオがある場合もラジオアプリを使っていきましょう。録音ファイルの管理もスマートフォンならば簡単なので、どんどん録音していっても大丈夫です。