お月見

お月見団子の作り方とアレンジレシピを紹介します!

暑い夏も一段落する9月、中秋の名月には月見団子を作ってススキの穂と一緒に飾り、ゆっくりと月見を楽しむ文化が私たちの国、日本にはあります。

このお団子を家族みんなやご近所さん、友達と仲良く食べた記憶のある方もたくさんいらっしゃることでしょう。

お月見のイラストには段々に積み重ねられた団子が必ずといっていいほど出てきます。
この月見団子にはいったいどんな意味があるのでしょうか。調べてみました。

お月見団子について

月見と月見団子の由来は平安時代までさかのぼります。
これは平安時代に中国から伝わった行事なのです。 平安時代には月は神様である、と考えられており、古来より神様に感謝の気持ちを示すために収穫物をささげていたようです。

私たちも月を見ると時としてたいへん神秘的な気分になりますから、当時の人たちがそのように考えたのも納得です。 お供え物が収穫物から団子に変化したのは江戸時代の少し前ではないかと言われています。 団子には穀物が収穫されたことを神様に感謝し、御礼としてささげる気持ちが込められているのです。

その時、団子をお月さまに見立ててささげるようになったようです。 お団子の原料はお米から作られた粉である上新粉がもっともふさわしいと考えられています。 日本人にとってお米は昔から切っても切り離せない大切なものですから、そのお米の粉が最上級だったようですね。


お供えするお団子の数

お月見をする日は旧暦の8月15日、中秋の名月です。別名を「八月十五夜」と言います。 十五夜とは満月の事を指しますが、この十五にちなんでお団子は十五個お供えします。

とある地方では旧暦の9月13日、「九月十三夜」にお月見する風習があるようですが、その地域ではお団子を十三個お供えするようです。


お供え団子の並べ方は?

月見団子は「三方」という白木の器に白い紙を敷いてお供えするのが正式なルールでした。 この「三方」もなかなか手に入れることも難しいですし、最近はそこまでこだわる必要もないようです。

なんといっても一番大切なのは気持ちです。 お盆やお皿に白い紙を敷いてお供えしましょう。

15個の場合の並べ方を紹介します。 まず3個×3列で9個並べます。 その上に2個×2列で4個並べます。 最後に上に2個置いて、正面から見たときに団子が1個に見えるように位置を調整します。

お供えしたお団子は最後にみんなで感謝していただきましょう。 家族団らんの楽しいひと時となることでしょう。

長い間お供えしておくと固くなってしまうので、できれば早めにいただくのがよいでしょう。 お供えが終わった後のお団子はあんこを付けたり、みたらしをつければおいしくいただけます。

お月見団子の基本的なレシピと作り方は?

お団子の簡単なつくり方を紹介します。

材料(15個分)

・上新粉150g
・水150cc たったこれだけでおいしい団子ができてしまうのです。

作り方

①ボウルに粉を入れ、少しずつ水を加えて練っていきます。このとき一度にたくさん水を加えてしまうとだまになってしまうので口当たりが悪くなります。
②耳たぶくらいの固さになるまで①を繰り返します。焦らず根気よく、がポイントです。
③出来上がった生地を15等分し、丸めて団子状にします。
④大きな鍋にたっぷりと水を沸かし、団子を少しずつゆでていきます。(お湯は多めがGOOD)
⑤団子は火が通ると浮いてきます。浮いてくるまで少し待ちましょう。
⑥浮いてきた団子をすくって冷水で冷やします。
⑦冷えたら取り出します。

家族で分担して作れば楽しいイベントになることでしょう。

人気のお月見団子アレンジレシピについて

そのまま食べても十分おいしいお団子ですが、アレンジレシピを紹介します。
まずはお団子の中でも人気なみたらし団子です。

◆みたらし団子のレシピ

・水100㏄
・片栗粉大さじ2
・砂糖大さじ2
・醤油大さじ2
・みりん大さじ2

以上の材料を鍋に入れ、弱火でじっくりと混ぜるだけです。 分量も簡単ですし、あっという間においしいみたらしソースが完成です。

先程紹介したお団子と組み合わせることで簡単にみたらし団子ができます。

その他にも市販のあんこを買ってきて一緒に食べてもおいしいですし、あんこをお湯に溶いてあげたものにお団子を落としてあげればぜんざいの完成です。 秋の夜は意外と冷えるので、あったかいぜんざいなんていかがでしょうか?

中秋の名月の由来は?2018年はいつなの?供える食べ物が知りたい

中秋の名月の由来とは?

「中秋の名月」とは、元々は秋の特定の日の夜の月を意味していましたが、現代では名月の鑑賞会やお月見の名の下に催される酒宴を指すことも多くなっています。

そもそも「中秋の名月」の「中秋」は旧暦8月15日のことであり、名月はその日限定の月を意味しています。旧暦というのは、日本で明治5年まで使っていた暦で、1月から3月を春、4月から6月が夏、7月から9月が秋、10月から12月を冬の季節と定めていました。

その中で8月は秋の真ん中の月にあたるのですが、更に月の半分にあたる8月15日については、秋の3か月の中日であることから特別に「中秋」と呼びました。ちなみに8月自体は秋3か月の内の真ん中の月であることから「仲秋」と呼ばれるため、「中秋」「仲秋」とも読み方が「ちゅうしゅう」であることから混同しがちですが、厳密には漢字により意味が異なります。

旧暦は月の満ち欠けの周期を基本にしており、月が全く見えない新月から次の新月まで(約30日)を1カ月と定めていて、その月の真ん中にあたる15日は、満月に近いことが多いです。

秋の夜に月を眺めるこの催しは、中国の「中秋節」や韓国の「秋夕」という慣習が由来になっていると言われています。中国では秋の中日である「中秋節」に盛大なお祝いをすることが知られており、月に見立てた丸いお菓子「月餅」は、そもそもこの中秋節におけるお供え物が起源となっています。

これらのイベントが、日本の平安時代ころに伝わってきて、貴族の風習として根付き、やがて日本各地に広がり、独自の発展を遂げていったとされています。


2018年の中秋の名月はいつ?

「中秋の名月」は、毎年日付が異なり、今年2018年の「中秋の名月」は9月24日となっています。

中秋の名月の日がいつなのか、例年カレンダーを見たりネットで検索したりされる方も多いと思います。毎年日付が異なる理由は、現代の我々が使っている太陽暦と、月の満ち欠けを基本にして作られた旧暦(太陰暦)との周期のズレからくるものです。

「中秋の名月」旧暦においては常に8月15日なのですが、我々が使っている太陽暦になおすと、昨年2017年は10月4日、来年2019年は9月13日とズレてしまうのです。

ここでちょっとした法則に気づかれる方もいらっしゃるかと思います。昨年(2017年)は10月4日、今年(2018年)は9月24日、来年(2019年)は9月13日ということで、毎年10日または11日早まっているということです。この前倒しになる状態は3年周期で、4年目には中秋はまた9月後半または10月初旬頃に戻ります。

ちなみに2020年にはこの3年周期がスタートし、2020年の中秋は10月1日、2021年は9月21日、2022年は9月10日となります。


中秋の名月の食べ物と言えば?

中秋の名月の食べ物は、十五夜の月に見立てた「月見団子」がよく知られています。ピンポン玉か、それより少し小さめの球に丸めたお団子を、三方(さんぽう)に白い紙を敷いた上に、複数個お供えするのがポピュラーです。地域によっては球状ではない、平べったいお餅をお供えするところもあるようです。

お団子やお餅の数は1年の月の数に合わせて12個とするところや、十五夜だから15個とする地域もあり、場所によってまちまちです。こと中秋の名月に関しては、こうしなければいけないという厳格なルールがあまり存在せず、地域や家によりさまざまな形で催されているというのが実態です。

お団子以外では、中秋の名月の食べ物には、丸いもの、球状のものが好んで使われる傾向があり、球状に握ったおにぎりや海苔巻きをお供えしたり、里芋や枝豆、栗、果物など、その時分の収穫物を供える地域も多いようです。またお月見は貴族により行われていた観月の宴に由来していることから、御酒を供えて月を見ながら酒を飲むことも多いです。

酒を用意する際は、器に注いだ酒に映る月を眺められるような盃も用意すると、より風雅な雰囲気を演出できます。