お中元

お中元とは?時期は?誰に贈るの?お返しは必要?

お中元とは?その時期や意味について

お中元というのは日ごろお世話になっている人たちに対して、これからも良いお付き合いをしたいというメッセージを込めた、感謝を伝える行事になります。
お中元という言葉の由来は中国にあるのですが、中国では神にお供え物をするための行事があり、それぞれ上元、中元、下元という3つの時期があります。
このうち中元は7月15日にあたるのですが、この中元が日本に伝播する中で、日本は昔からこの時期に先祖にお供え物をしてきたという慣習があったため、それと重なる中元が日本でも定着したのです。

その後、中元は日本では日ごろお世話になっている周りの人たちに感謝を伝えながら、贈り物をするという行事に変化し、今日に至ります。
現代のお中元の時期に関しては地域によって差がありますが、関東は7月の上旬から中旬、関西は8月の上旬から中旬というのが慣習となっています。
住んでいる地域によって、お中元を贈るべき時期が異なっているので、そこは知っておきたいですが、人によって認識が違う部分もあるため、この時期が必ずしも守られているか?というと、そうとも言えない部分もあります。

ただ、目安としてはこういった時期になるというのは知っておいてほしいです。
お中元とはどういった由来なのか?といった部分を知ると、よりお中元の意味を理解できて、贈るときにも気持ちがこもるのではないか?と思うのです。


お中元とは誰に贈るのか

お中元を誰に贈るべきか?というのは、その範囲を決めづらい問題です。
曖昧な言い方をすれば、日ごろからお世話になっている人たちになりますが、基準があるとすれば自分がこれからも良好な関係を築いていきたいと思う相手になります。
お世話になっている人というのは挙げたらキリがないところもあるので、ある程度の範囲で決めないといけませんが、一般的には両親、兄弟、親戚、祖父母あたりが該当します。
結婚している場合には義理の両親も該当しますし、あとは会社で働いているケースでは職場の上司、同僚なども候補になるでしょう。
これからも長い付き合いをすることが想定されるような人に贈るべきなので、確実な正解はありませんが、一般的な正解といえばこういった相手になるのです。

したがって、それぞれの人によってお中元を贈る相手は異なります。
結婚している人や会社で働いている人の場合には贈るべき相手が多くなるということも言えますから。
誰にとっても共通する部分はありますが、人によって細かい部分で贈るべき相手は異なるので、自分目線で考えていかないといけないと言えます。

また、すでに挙げた人たち以外に贈ってはいけないということではないので、自分がこれからも良い関係でいたいと思う相手ならば、お中元を出してその思いを伝えるというのも悪くないと思われます。


お中元にお返しは必要なのか

お中元にお返しは必要なのか?というと、返事は出した方が良いというのが正解になります。
ただ、この場合の返事というのは商品を贈るということには限られられません。
返事というのは、結局はお中元に対する感謝を伝える行為なので、その思いが伝わればOKということで、電話をして直接お礼を言うとか、お礼状を出すなどの手段が一般的にとられています。
お中元は何らかの商品を贈るケースが多いのですが、それに対してこちらも商品をお返しとして贈るというのは、あまり行われていないです。
したがって、お中元では商品のお返しは必ずしも必要ではないが、お中元をいただいたことに対してのお礼を伝える返事は必要ということになります。
お中元が届いたら、その相手に対して電話をするまたはお礼状を書くといった方法で、そのことに対する感謝の気持ちを伝えておきましょう。
お中元が届いた相手というのは、自分にとっても必要な存在であることが多いと思いますから、きちんと適切な対応をしてもらいたいと思います。

人気のお中元を調査!上司・女性に喜ばれる商品は?

お中元に人気の商品について

夏のお中元、何を贈るか悩む人も多いと思います。お中元というのは気軽なものというよりも上司や親戚に贈る少しかしこまった贈り物です。かしこまっているからこそ、失礼のない喜ばれる贈り物をしたいものですね。

さて、どのようなものが人気の商品なのでしょうか。人気の商品というのはそれだけ喜ばれる商品です。相手を気遣う贈り物であるから人気なのでしょう。贈られる側の年齢や好み、家族構成などによっても、変わってくる贈り物です。個人宛というよりは、「ご家族でどうぞ」という考えで贈った方が良いでしょう。人気のものは食べ物ギフトや商品券などですが、食品ギフトは特に家族宛におすすめです。

ギフト券や商品券は、相手が自由に使えるし、食べ物のように消費を急ぐこともないので人気です。相手の都合がわからないときでも相手を焦らせることがないので、贈る側も送られる側も精神的負担が少ないものと言えるでしょう。せっかく贈るのなら、喜んでもらえるものが良いですよね。


上司に喜ばれる人気のお中元は?

上司へのお中元は特に気を遣うものです。どのような商品が好まれるのでしょうか。上司へのお中元では、食品ギフトが人気です。食品というのは食べてしまえば場所も取らないし、アレルギーさえ避ければ基本的に失礼にはあたりません。さらに好物だと大変喜ばれます。

人気なのが、飲み物や保存のきく肉類、海鮮ものです。相手のタイミングにもよりますが、暑い夏に冷やすだけでおいしく飲める飲み物、冷凍保存のできる食材は喜ばれます。消費に困る量のものを贈るのは、食材も無駄になりますし、何より相手の負担になります。

好みがわかれやすいお酒やジュースは、リサーチしてから贈るのが良いと思います。日本酒は飲めるけどビールは飲めない人もいます。洋酒が好きだという人もいます。上司の好みがわからない場合は、家族で消費してもらえるような食材の方が好ましいかもしれません。

上司が特に病気もしていない健康な年配者なら、漬物も喜ばれるようです。梅漬けはさっぱりしていて年配者に好まれます。ただ、病気をしている人だと、塩分量を気にして消費できない可能性もあるので、年配だから梅漬けという安易な考え方よりは、やはり喜ばれるものを選ぶべきだと思います。家族で消費するものと考えても、肝心の贈られる本人が食べられないものはとても失礼にあたります。


女性に喜ばれる人気のお中元は?

女性といえば甘いものが好きだと思いがちです。ただ、甘い物好きが多いとしても、そうではない人もいるので好みのリサーチは必須です。甘すぎないさわやかな食べ物なら無難だといえるでしょう。

人気なのはジュースやゼリーなど果物を使用した商品で、夏の暑い時期の贈り物なのでアイスも喜ばれるようです。
暑い中買いに行くとなると女性は特に日焼けなど気になるものです。そういうときにも、冷やすだけで手軽に食べられるものがあると、女性はとても助かります。そういう相手を気遣った贈り物がお中元では人気となるでしょう。

他に女性に喜ばれそうなのは、スープセットや可愛いものです。夏バテをしてもスープならば飲みやすいし、可愛いものはインテリアとしても楽しめるので喜ばれると思います。ホテルで楽しむものを自宅でも楽しめるようなちょっとした贅沢なものが人気のようです。相手の趣味がわかっているのであれば、食べ物以外のものも喜んでもらえるでしょう。

女性宛も基本的には相手の好み次第ですが、人気なもの、喜ばれるものというのは簡単に涼が取れるもののようです。相手に失礼のないものを選んで、喜んでもらえると嬉しいですね。

お中元の熨斗(のし)の書き方とは?名前は入れる?熨斗紙のテンプレートが便利です

お中元の熨斗(のし)とは

お中元を贈る、もらうシーズンですね。
お中元を贈る時にデパートの受付で熨斗はいかがしますか?と聞かれますよね。もちろん通販で商品を贈る時にも熨斗についてはどうするかと考えると思います。友人知人から頂く、お中元にも熨斗がついていると思います。

まず、熨斗っていったい何なのかをご存知でしょうか?
通常のしと呼んでいものは「熨斗(のし)」・「水引(みずひき)」・「奉書紙(ほうしょがみ)」の組み合わせでできています。
熨斗を含むこれらが印刷された紙を熨斗紙といいます。が、最近は、熨斗紙を熨斗という場合もあり、少しややこしいですね。
ざっとまとめますと、熨斗は、慶事や弔事の際の贈り物に意味をそえるものになります。

では、お中元の熨斗について考えてみましょう。
さきほど説明したように、熨斗には慶事なのか、弔事なのかで使うものが全く違います。
お中元ってどちらでしょう?そう、慶事になります。

かつ、婚姻関係以外の慶事となります。婚姻関係の慶事の場合は、一回という意味で、結びきりは使いません。
蝶結びの水切りを使った熨斗になります。蝶結びの水切りは、何回も使えるという意味が含まれています。
結婚や快気祝いなどは一回に限定されますので、結びきりですね。
いままでもらっていたり、贈る際に使っていた熨斗にはこんな風な使い分けが必要だったんですね。

お中元の熨斗(のし)の書き方とは?名前は入れる?

では、実際に熨斗をお中元につける際の書き方についてです。
中央に文字がきて、その上に蝶結びの水引がくるようにします。

中央上段にお中元あるいは御中元と書きます。
水引の下には、自分の名前を書きます。
名前を書く際の注意としては、心持ち、表書き(お中元、御中元)よりも小さい字で書くといいです。

この名前ですが、家族として贈るのか、個人として贈るのかで書き方を変えましょう。
家族全体として贈る場合は、「姓」のみを記入します。
あるいは、家長の名前でもいいです。
まあ、最近の若い方ならあまり家長の名前という感じでもないかと思いますので、「姓」でいいのではないかと思います。
また、お中元は、会社関連などで贈る場合もありますね。
その場合、連盟になりますが、その記載順に注意してください。
役職が上の人から、中央、右、左というように名前を書くのがマナーになります。
中央がより上で、左よりも右が上になります。
2名の場合は、右のほうが偉いので、右が役職が上の人になります。
なお、連盟で書く場合、多くても3人くらいまでが適当と思われています。

あと、本来は、毛筆で書くのが基本ですが、最近は毛筆でうまくかけないことも多いですよね。
その場合は、サインペンでもいいと思います。
くれぐれも、お中元の名前は、濃い色を使ってください。

お中元の熨斗(のし)紙のテンプレートについて

今は、とっても便利なお中元用の熨斗紙のテンプレートがあります。
水引の種類や熨斗紙の種類を指定して名前をどんな風にいれるかを指定すればいいんです。
これは、楽ですね。
難しいことをかんがえる必要もないですし、ちょっとくだけた相手に贈る場合は、台紙を選んで華やかなものにしてもいいと思いますよ。
ちょっと検索してみるだけで、いろいろな熨斗紙があります。
もちろん、基本となる水引の種類などは、説明したものを基準にしてください。
水引の本数も思い切って増やしても大丈夫です。

熨斗の本来の意味や使い方をきちんと理解した上で、便利なサービスを使うのが現代人としての常識ではないかな?と思います。
お中元を贈る際、水引きを蝶結びにすることをきちんと押さえていれば、テンプレートを使って、本当に便利に熨斗を書くことができると思います。

お中元のお礼状と例文とは?ビジネスにも使えるテンプレートやイラストも!

中元は、デパートの特設売り場や、最近ではネット通販などでも、毎年繰り返される年中行事です。一度も足を運んだことが無い人の方が、めずらしいかもしれません。

毎年、いくつものお中元を贈っていたという人もいるでしょう。そんな人が、ある年から、お中元をもらうようになったとしたら、うれしい気持ちになりますよね。たとえ、贈られた品物が好みのものでないとしても、何かお礼を言いたくなるのではないでしょうか。

そんなとき、もちろん、電話やメールですぐにお礼を伝えるというのも一つの案です。しかし、もともとお中元は、気軽な贈り物ではありません。
日ごろからの感謝を伝える大切な贈り物なのです。贈られた側も、少しかしこまった形でお礼状を出すことも、考えてみてはいかがでしょうか。

お中元のお礼状について

お礼状は、一般的には、次のような順番で書いていくのが良いでしょう

1季節についての言葉
2お中元へのお礼の言葉
3贈ってくれた相手を気づかう言葉

大きな流れはこの3つです。
これに「拝啓」といった頭語と「敬具」といった結語がつく場合が多いですが、親しい間柄やプライベートのときは、頭語、結語ではなく、堅苦しくない表現でも良いでしょう。

では、比較的親しい間柄の、お礼状の例文を見てみましょう。

今年は、本当に暑さが厳しいですね。(季節についての言葉)
本日、宝石のようにきれいなゼリーをいただきました。(お中元へのお礼の言葉)
果汁がたっぷり入っているらしく、果物好きの私どもは、大変喜んでいます。
暑いですから、冷したゼリーは冷たくておいしいでしょう。
○○さんは、今年の夏も、
休みの日は山登りを楽しんでいるのでしょうか。(贈ってくれた相手を気づかう言葉)
熱射病などには、気を付けてくださいね。
まずはお礼まで。(結びの言葉)

このように、贈られてうれしかったことや、相手への気づかいを普段より少し丁寧にするだけでも、充分伝わります。


ビジネスに使えるお中元のお礼状の例文とは

お中元には、ビジネスで贈られるものもあります。
ビジネスで贈られたものに対しても、お礼状を出すのが一般的です。

ビジネスでのお中元のお礼状は、次のような順番で書いていきます。
1.頭語
2.時候の挨拶
3.お中元へのお礼の言葉
4.贈ってくれた相手を気づかう言葉
5.結語

プライベートのときより、少し堅苦しい感じになります。

では、ビジネスでのお中元のお礼状の例文を見てみましょう。

拝啓(頭語)
盛夏の候、貴社におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。(時候の挨拶)
このたびは、ご丁重なお中元の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。(お中元へのお礼の言葉)
時節柄、皆様、お体ご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。(相手を気づかう言葉)
敬具(結語)

以上が、最もシンプルな例になります。
これ以外に、もう一工夫加えたい場合には、テンプレートを利用するのが便利です。


お中元のお礼状に使えるテンプレートについて

ビジネスで贈られるお中元が、たくさんあったりすると、各会社や取引先に対して別々の文章を考えるのは骨が折れます。
全ての会社や取引先に使えるような文章や、いくつかのグループに分けて文章を作りたい人には、テンプレートを使うととても便利です。

いくつかご紹介しましょう。

お中元お役立ちテンプレート 中元蔵
https://www.templatebank.com/chugen/kura4.asp?cat=bs
挨拶、感謝の言葉など、パートごとに選ぶことができるようになています。

[文書]テンプレートの無料ダウンロード
https://template.k-solution.info/cat940/
縦書き横書きそれぞれ、ワードでひな形が置いてあります。

超便利!冠婚葬祭マナー
http://www.best-manner.com/letter/season/chugen_reijo.html
ビジネスからプライベートまで、具体例が載っています。

使いやすいものを選んで、テンプレートを利用すれば、お仕事も早く終わりますね。

お中元のお礼状に使えるイラスト


お礼状に、何かワンポイント欲しい!
そう思う人も多いでしょう。
お中元のお礼状に使えるイラストも、ご紹介しておきます。

郵便局 フリーイラスト集
http://www.post.japanpost.jp/life/amusement/downloads/list.php
朝顔やひまわり、金魚などのポップな感じのイラストが多いです。

お中元の添え状と送り状
http://p-coco.com/gift/index.html
涼しげな花や風景。グラデーションもきれいです。

経費削減実行委員会
http://econavi.owners.ne.jp/template/tag/%E3%81%8A%E4%B8%AD%E5%85%83%E3%81%8A%E7%A4%BC%E7%8A%B6%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88/
文章とイラストが一体化されています。

いかがでしょうか。このようにテンプレートの文章やイラストを利用すれば、お礼状がきれいに早く仕上がりますよ。

お中元におすすめの品とは?高級品や人気のスイーツなどランキングをご案内

お中元のおすすめの高級品は?

お中元では、日ごろからお世話になっている人に対して、贈り物をして感謝の気持ちを伝えるということが重要ですが、こういった機会でしかもらえないような高級品を贈ると、喜ばれる可能性が高くなると言えます。高級品というのは一般家庭であれば、そうお目にかかれるものではないので、そういったものを贈られてくると非常に喜ばしい気持ちになると思うのです。

お中元でおすすめな高級品と言えば、1つは桃になると思います。桃というのは普段食べる機会がなかなかないと思いますし、果物の中では高級な方です。
桃の中でも値段は結構違いがあって、相対的に高いもの、安いものがありますが、高級な桃になると一般家庭ではなかなか手を出せない金額になっています。

そして、桃が嫌いな人というのはあまりいないと思いますから、貰って嬉しくない人はかなり少ないと思うので、そこもおすすめの理由です。
桃はお中元においてはある程度メジャーな品として、違和感がないと思いますから、高級品でお中元で何を贈ろうか?迷っている人は桃は非常におすすめだと思います。

お中元におすすめの人気スイーツとは

お中元におすすめなスイーツと言えば、やはりゼリーです。ゼリーはお中元の品としては定番で、家族全員で食べられますし、いろいろな味が入った詰め合わせを贈ることで、選ぶ楽しさも届けることができます。

そして、こういったお中元用の品でしかお目にかかれないような貴重な味のゼリーも存在しますし、そういったものが魅力にもなります。
スイーツにはいろいろな商品がありますけど、中でもゼリーはお中元の品としておすすめと言えると思うのです。

お中元 おすすめランキング

お中元の品としておすすめなものは何か?ランキングで紹介します。

5位は缶詰類の詰め合わせになります。
食品が入った缶詰はかなり重宝する品で、そういったものを取り出して食卓に並べるだけでも見事な料理に見える場合がありますから、主婦からするとかなりありがたい品になるのです。
缶詰もいろいろなバリエーションがありますし、さらに言えば賞味期限が非常に長いので、すぐに食べる必要がない、食べたいときに食べられるという点も魅力的です。
そこまで変わった商品ではないものの、貰った側としてはメリットの大きい品という評価ができると思います。

4位はそうめんなどの麺類です。
そばやうどんも該当しますが、特にそうめんは季節的にかなりぴったりの品になります。
そうめんを食べる家庭はこの時期非常に多いので、そこに有名なブランドのそうめんが贈られてくれば、非常に喜ばしい贈り物として感じてくれるでしょう。
スーパーで売っているものとは違う、こういった機会でこそ食べられる人気のそうめんを贈ると良いと思います。

3位は果物になると思います。
お中元に定番の桃もそうですが、あとはメロンなど比較的高級なイメージのある品はかなり喜ばれます。
こういった機会でしか食べられない果物があるので、そういったものは特別な印象を生むことができるのです。

2位はジュースの詰め合わせになるでしょう。
ジュースの詰め合わせも定番ですが、いろいろな味のものが入っており、飲み比べて見る楽しさも味わえます。
ジュースは子どもから大人までみんな飲めるはずですし、飲み物は日常的に絶対に買う品なので、お中元として貰えればその手間が省けるという意味でも失敗はまずしない品です。

1位はハム、ソーセージ、ウインナー類になります。
これはお中元としてよく受け取る機会があると思いますが、ハムやソーセージ、ウインナーはもらって困る家庭はまずないですし、いろいろな料理に使えるので、かなり重宝する可能性があります。
したがって、誰もが喜び、利用が可能という点から最もおすすめと言えます。

 

 

 

 

お中元はギフト券?カタログギフト?人気ランキングを紹介します

お中元に贈るギフト券について

お世話になった方にお中元を選ぼうと考える際、何を贈ろうか悩むものです。お相手の好みなどがわからない場合、特に食べ物などは選びにくいこともあるでしょう。そこでもらって困ることが無いギフト券を思い浮かぶのではないでしょうか?最近では実際にギフト券を贈り物に使う方が増えているのです。

しかし、贈ろうとしているお相手次第では失礼に当たってしまう可能性がありますので確認しましょう。基本的に目上の方へのお中元の場合、ギフト券は金券といいお金とほぼ同じ意味を持ってしまうため失礼に当たってしまいます。ただ、ちょっとした工夫をすることでギフト券でも大丈夫となります。それはギフト券と一緒に菓子折りを台として付けて贈るという方法です。この時、「お好みがわからないので」など一言添える事でよりお相手も納得していただけるはずです。

また、ギフト券ですと額面が付いていて抵抗があるという際には、有名ホテルやレストランで食事が出来るディナーギフト券や、各地の特産品を取り寄せできるグルメギフト券、そしてホテルのディナーや宿泊などで使えるホテルのギフト券などが良いでしょう。このように上手に使えばギフト券をお中元にというのは賢い方法となります。


お中元のカタログギフトについて

近年お中元に選ぶ方がとても増えているのがカタログギフトです。お中元としてカタログ冊子が贈られ、お相手がその中からお好きな商品を選ぶことが出来ます。しかし、冊子が贈られるということで目上の方の場合失礼に当たるのではないか?とお思いの方もいるでしょう。ですがカタログギフトの場合は問題ありません。

現金や金券は失礼とされておりますが、カタログギフトの商品は金額がわかりにくいですので目上の方にも贈りやすいと人気となっており、とある大手業者のもらって嬉しいギフトランキングでも上位にランクインされております。最近ではこのカタログギフトも種類が大変豊富となっており、総合的なタイプだけではなくテーマに特化したものもラインナップされております。

例えば人気があるのがグルメ限定のカタログギフトです。全国の老舗や名店の味が満載で、スイーツ限定や和牛限定など食べ物自体に特化したギフトもあります。もう1つは体験型カタログギフトです。温泉旅行やゴルフなど体験ものだけを揃えており、お世話になった目上の方へ貴重な思い出をプレゼント出来るということで人気となっております。


お中元人気ギフトランキング

前述しましたように、近年はお中元も随分と多彩になってまいりました。では今人気のギフトはどんなものなのでしょうか?人気ランキングトップ3を紹介しましょう。

まず第三位はジュースセットです。年代問わず誰もが喜ぶのはジュース。小さな缶のフルーツジュースセットや健康に配慮した野菜ジュースのセットも最近は人気です。

続いて第二位はお菓子ギフトです。お中元シーズンですと涼しげなゼリーや羊羹などが定番というイメージですが、意外に焼き菓子がギフトとしては人気なのが事実です。日持ちがして傷みにくいというのが魅力で、小分けになっている場合も多いため重宝します。また、最近ではカタログギフトでもお菓子やスイーツギフトに特化したものがあり、全国各地の有名店のロールケーキだけを特化したものや、ドーナツやカステラにチーズケーキなど見た目でオシャレなスイーツばかりを集めたカタログギフトもあり人気です。

そして人気ギフト第一位はやっぱりお酒です。お酒の中でも定番がビールで、人気商品のギフトだけではなく、最近ではやや高価なプレミアム系ビールを揃えた物や地ビールギフトなど選択肢も様々です。さらにカタログギフトでも人気なのがビール+グラスがセットになったもので、世界の人気ビールとグラスのセットの他にワインや果実酒にウイスキーなどもグラスと組み合わせたタイプがあります。

日頃の感謝と御礼に、お中元選びに迷いましたら参考になさってください。