アプリを使った偏差値の出し方を調査しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アプリを使った偏差値の出し方について

そもそも偏差値とは、ある集団の中でその人・物の位置を示す数値の事です。値は平均値と同じであれば50、それよりも上なら60や70、低ければ30や40というふうに示されます。そのため、偏差値を見ればすぐに自分の成績がいいのか悪いのかがすぐに分かるわけです。
この偏差値というのは電卓などを用いて計算するとなると平均点を求め、その後分散、標準偏差を求めたりと少々面倒な作業があるため時間がかかってしまいます。

しかし、この面倒な作業もアプリを使うことで簡単に計算することができます。google play storeで無料ダウンロードできる「中学のテストから偏差値を求め成績管理するアプリ」では、5教科合計得点から偏差値を出すことができ、得点の分布表に人数をそれぞれ記入(350~399は○人)し、自分の得点の偏差値をすぐに算出することができます。ただ、あくまで大まかな偏差値しか出せないので注意が必要ですが、かなり便利なアプリだと言えるでしょう。

また、今ではエクセルのアプリがあるため、そちらを用いることで細かな計算を行うことができます。ただし、この場合だと自分が所属している集団の全ての値を把握しなければならないので、あまりお勧めはできません。

そのため、前者のアプリを用いる方が値は大まかですが非常に簡単に算出できるのでおすすめです。
自分の偏差値を知ることで自分の目標がより分かりやすくなると思うので、是非活用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。