AIスピーカーの使い方は?Google、LINE、Appleの各機種について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI(スマート)スピーカーとは?

スマートスピーカーとは、対話型の音声操作に対応したAI(人工知能)アシスタントを利用可能なスピーカーで、AIスピーカーとも呼ばれます。

殆どの方がインターネットを介して音楽鑑賞や調べ物、買い物といったサービスを利用していると思いますが、AIスマートスピーカーでは、そうしたサービスを、「音声」のみで操作する事ができます。

AIアシスタントは近年スマートフォンに搭載され、ちょっとした操作や調べ物などに利用できますが、やはり多少なりとも画面をタッチしたり、キーボードを叩いたりする必要があります。

しかし、AIスピーカーにはそれよりも速く、手軽に目的を達成することができるというメリットがあります。

スピーカーがAIアシスタントに対応することで、「リビング」や「寝室」といった日常生活の場において活用できる有能なスピーカーです。


AI(スマート)スピーカーの使い方

スマートスピーカーは音声対話型のAIアシスタントに対応しており、主にこちらから話しかけることで様々なアクションを実行できます。可能なアクションは、

・スケジュールや天気、ニュースの確認
・メモを取る、メモを確認する
・音楽の再生
・AIとの会話

が出来、私たちはAIスピーカーに話しかければ良いのです。

また、対応するスマート家電を持っていれば、AIスピーカーを通して声で操作することができます。たとえば「おやすみ」とつぶやくだけで家中の電気が消える、といったように。

大変便利な上に「未来」を感じる機能なのです。

また、多くのAIアシスタントでは、スマートフォンにおけるアプリと同様、様々な企業や個人が独自のアプリを開発できるようになっており、スマートフォンと同じようにアプリが増えれば増えるほどできることが増えていく仕様になっています。

 

 Google Home

CMでよく見かけるのがこちらのGoogle Home。音声認識AIとして「Google アシスタント」に対応しており、Android スマートフォンでおなじみ「OK Google」もしくは「ねぇGoogle」の呼びかけで起動します。ニュースや天気予報の読み上げ、対応する音楽サービス(Spotify、Google Musicなど)の利用が可能です。同社のテレビ向けアダプター「Chromecast」と連携して、呼びかけで動画を再生することも可能です。

日本では標準モデルの「Google Home」と、小型モデルの「Google Home Mini」がラインアップ。どちらもすでに入手可能です。バッテリーは搭載していないので、決められた場所に設置して使う仕様です。

ネットニュースやネットラジオ番組と連携した。ジャンルを指定することで、ジャンルに即したネットニュース番組が流れるようになっています。なので、忙しい朝などに話しかければ、身支度を整えながら最新の情報を得ることが出来ます。

どのニュース番組を再生対象とするかは、スマホアプリから設定することが出来ます。。

また、ラジオ再生としてradikoと連携しています。再生の際には、特に設定は不要で、「(番組名)を流して」で可能です。

また、「Google アシスタント」に対応したスマートスピーカーは家電メーカー各社からも発売予定なので気に入ったものを選べるのも嬉しいです。


LINE Clova WAVE

LINEのプライベートカンファレンスで発表されたスマートスピーカーです。自社グループで独自開発した音声AI「Clova」を採用しています。

コミュニケーションアプリ「LINE」との連動機能を強化。新着メッセージの通知や読み上げにも対応したほか、Clovaのアプリ上で「LINE家族アカウント」と呼ぶLINEアカウントを通じて、家族間でのメッセージのやり取りをすることも出来ます。

今後は声での話者認識や音声での多言語翻訳、カレンダー管理やメモ帳機能、ショッピングやデリバリー、タクシー配車といった機能も提供していく予定があるそうです

。また外部パートナーとの連携も進める。radiko提供のラジオ再生、ヴァル研究所提供の経路検索、レスキューナウ提供の鉄道運行情報、アイフリーク モバイル提供の童話朗読なども利用できるようになるそうです。

その他にも、赤外線でテレビのコントロールが出来たりと個性的なClova WAVE。もちろんスピーカーとして音質も意外と良いそうなので、検討している方は是非参考にしてください。

小さな声で「Alexa」と呼んでもきちんと起動する、7つのマイクによる音声認識・ノイズキャンセルはとても魅力的です。

独り言のつもりでも返事が返って来たらなんだか安心です。

「Alexa」との雑談では、定番である「元気?」などもきちんと受け答えしてくれるし、「歌って」といえば通常の自動読み上げではなくきちんとした「アレクサの歌」が再生されます。しかも、何パターンかあるようです。

日本上陸にあたり日本語の勉強をしっかりしてきたという感じでとても親しみやすい印象です。

スキルアップについては、Google Homeでは自動で更新され、Clova WAVEではスマートフォン向けアプリケーションを更新することで機能を追加していきますが、Amazon Echoでは「Amazon Alexa」アプリ上で「スキル」と呼ばれる追加機能を適用させることで、パートナー企業が提供する各種機能の利用が可能になります。これは、スマートフォンにアプリケーションを追加するのと同様です。

Google Home やLINE Clova WAVEのように自動更新では無く、いかに自分が使いやすいようにカスタマイズするか。というところが楽しみです。

 

Apple HomePod

appleのHOMEPODのスピーカー機能は、4インチの大型ウーファーで深くてクリーンな低音を出し、7個のビームフォーミングツイーターを搭載しているそうです。

ビームフォーミングという技術は、よくWi-Fiに搭載されていてWi-Fiの親機から子機に電波を届ける時に子機の場所や位置を正確に把握して親機から子機に電波を届ける技術の事です。

そしてHOMEPODには64ビットのA8プロセッサが内蔵されています。

これはiPhone6を稼働させている汎用プロセッサなので、HOMEPODの中にiPhone6が入っているような感じです。

もちろんSiriに対応しており、iPhoneやApple TV同様、Siri経由でできる多くのことをHomePodで使う事ができます。

しかし、発売延期のニュースもあり、まずはアメリカ、イギリス、オーストラリアに、2018年初頭に発売するそうなので、私たちが手に入れられるのはまだ少し先になりそうです。

 

まとめ

人によってこだわるポイントは違うとは思いますが、今後各社まだ未発売のデバイスも控えているのでおすすめデバイスは変わっていくと思いますが、

まだAI(スマート)スピーカー文化自体が浅いため、これから各製品がどういった動き、受け入れられ方をしていくかは未知数です。

今後も、様々な企業から参戦が期待されそうなAI(スマート)スピーカーですが、まずは選ぶ基準として、Androidを使っている人はGoogle Home、AppleはHomePod、Amazonプライムを使う人はAmazon Echo、LINEのサービスをよく使う人はLINE WAVE、という感じで良いのかもしれませんし、あせらず、各社の動向や、日本でどの製品が流行るか見極めながら選ぶのもいいかもしれません。

とても魅力的な商品ですが、いつどういったAI(スマート)スピーカーを手に入れるのか考えるのもまた楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。