不器用なオトコの特徴とは? 不器用な人におすすめの対処法もあわせて解説!

日常生活において、何かと要領の悪い不器用な人。
本人はいたって普通でも、見ている側がドキドキしたりハラハラしたり、時にはイライラしたりもします。
若いうちは許されるかもしれませんが、歳を重ねるにつれて「イタイ人」に見らえることも…。
そこで今回は、不器用な男性によく見られる特徴をはじめ、不器用な人におすすめの対処法もあわせて解説していきます。

不器用な男性によく見られる特徴3つ

不器用な男性によく見られる特徴
PIXTA

まずは、不器用な男性によく見られる特徴から見ていきましょう。

(1)環境が変わるとすぐにテンパる

はじめてのことや、いつもと違う環境に身を置くとすぐにテンパる人は、不器用な人の典型タイプと言えるでしょう。
ちょっとしたことで緊張したり、場所や環境が変わると落ち着かなかったりする男性は、そもそも精神面のメンタルが弱く、周囲が変化するといつもの力を発揮できません。

(2)同じことを何度も質問する

前に教えたことを何度も質問してくるような人は、そもそも脳のキャパシティ(容量)が狭いのか、それとも慎重すぎる性格が原因なのか、どちらかの可能性が高く、これも不器用な男性によく見られる特徴です。
何度も聞くことでミスを未然に防ぐことはできるかもしれませんが、それ以上に無駄な時間がかかったり、人の時間を奪ったりするため、どちらにせよ改善が必要でしょう。

(3)一度決めたことを頑なに変えない

誰が見ても明らかに非効率であるにもかかわらず、一度決めたからといってこれまでのやり方を変えられない男性も不器用な人に良く見られる特徴です。
一見、芯が通っていて意思が強いように見えますが、単に不器用で臨機応変に変えられないケースがほとんど…。
仮に自分の意思にそぐわない場合も、時には世の中の流れに合わせることも大切です。それができない場合は、将来的に世の中の変化に取り残されて損をすることが多いでしょう。

不器用な人におすすめの対処法とは?

不器用な人におすすめの対処法
PIXTA

何かと容量が悪いせいで、他人に多くの迷惑をかけたり人より大きいな損を被ったりと、いろいろなシーンで不利になりやすい不器用な男性。
続いてここからは、不器用な男性におすすめの対処法を紹介していきます。

整理整頓を徹底する

まずは、身のまわりの整理整頓を徹底しましょう。
不器用な人の特徴は、何といっても何をするにも効率が悪く、無駄に時間を浪費してしまうことです。
そんな非効率さも、デスク周りやパソコンの中身を定期的に整理することで、少しは作業スピードのアップに繋がるでしょう。また、頭の中を整理しやすくなるので、テンパることも少なくなるはずです。

デジタルを上手に活用する

不器用な人は、スマホやパソコンなどデジタル機器を上手に活用しましょう。
作業効率が悪い人は、結局のところアナログな環境が原因だったりするもの。
メモ書きや調べ物など、日常のちょっとした作業をデジタル化させることで、驚くほどの時間短縮につながるかもしれません。

どんなときも笑顔を忘れない

不器用な男性は、要領の悪さで周囲に迷惑をかけがちですが、裏を返せば素直でまじめな性格ともいえるでしょう。
まじめな性格ゆえ、自分の不器用さが原因で周囲が迷惑そうにしている状況に対して、焦ったり自己険悪に陥ったりと負のスパイラルを引き起こすのです。
そんな負のスパイラルに陥らないように、日ごろから笑顔で過ごすことが大切です。

サポートしてくれる女性を味方につける

不器用な男性は、自分の不器用さを自覚したうえでサポートしてくれる味方を作りましょう。
本来は不器用な男性に対して周囲はイライラする反面、女性の中にはドジでノロマ、そして要領の悪いダメ男に母性本能がくすぐられる人も少なくありません。
職場や身近な友達の中に味方が一人いれば、自分の至らない点や苦手なこと、つい目を背けてしまいたくなるような出来事でも、あっさり解決に導いてくれたりするものです。

論理的思考を習慣づける

普段から論理的思考を習慣づけることで、感情に振り回されるケースが少なくなり、自分の間違いや行動・考え方をあらためるキッカケになるでしょう。
例えば、人に嫌われているかも…と心配性な人も、論理的思考を身につけることでこれまでのやり取りを冷静に振り返ることできるようになり、結果的に嫌われていないことに気づけます。
また、環境が変わったときに自分がやるべきこと、変化すべきことを論理的に考えれば、テンパることも少なくなるでしょう。

知識を身につける

不器用な男性は、自分に自信がないため、なかなか行動に移せません。
自分に自信をつけるためには、それなりの経験が必要不可欠。しかし、経験はすぐに身につくものではありません。
そこで、経験のかわりに知識を身につけることが大切になるのです。
知識は、本を読む、ウェブメディアの記事を読むなどして、比較的すぐに身につけることが可能です。
その知識を元に、自分がやるべきことや考え方を決めていくことで、自然と自信へとつながるでしょう。

不器用な人から脱却しよう!

他人が迷惑を被ること以上に、自分自身が自己険悪に陥ることも珍しくない不器用な人。
あなた自身の性格や生活スタイルも考慮し、まずは自分がやりやすい形から改善の糸口を見つけていきましょう。