乙女は泣いてはいられない

ねえみんな、「強い風」のことを考えてみよう。それほど敬遠するような問題ではないと思うんだよ、「パティシエ」のことって。
HOME

雹が降った木曜の日没に想い出に浸る

あまりお肉をそこまで好物ではない食べるものはどうしたって魚が中心になる。
そのことから、夏の、土用の丑の日の鰻は、結構イベントごとだ。
東京の方でうなぎを開く場合、背開きという風習がある。
なぜか話すと、昔々武家社会なので、腹開きといえば切腹に通じてしまい良くないため。
対して、大阪を中心にする場所で開くうなぎには、腹開きである場合が普通。
というのも、関西は商業色の強い町なので、腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によってはタブーな時も。
というのも、関西は商業色の強い町なので、腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によってはタブーな時も。
上のお話は、旅行会社で働いていた時に、よく、ツアー客に言っていたお話です。
横浜駅から出発して、静岡県の浜名湖のウナギを食べるために行くという目的。

具合悪そうに跳ねる家族と花粉症
北方版水滸伝の人間味あふれていて男らしい人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立ったキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場キャラクターに現実の人の様なもろさが見えるのも加えて、没頭し読んでいたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に出来るだけ奮闘しているのが読破していておもしろい。
読みとおしていておもしろい。
でありながら、心ひかれる人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく描写も心にひびくものがあるから魅力的な歴史小説だ。

薄暗い月曜の明け方にカクテルを

このようにネットが普及するとは、幼かった私は予測ができなかった。
品物を売る商売の人はこれから厳しくなるのではないかと考える。
パソコンを使用し、できるだけ安価な物を発見することが可能だから。
争いが激しくなったところで、最近よく見れるようになったのが起業セミナーや商材販売だ。
もはや、手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

一生懸命跳ねる兄弟と冷めた夕飯
梅雨も終わり、今日蝉の鳴き声で目が覚めて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と感じた。
あと10日ほどで夏休みという休みの日のお昼前、少年は縁側で空を見ながらアイスクリームを食べていた。
頭の上では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、日差しが座った少年の足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンだった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近くにある市民プールのプール開きが待ち遠しかった。

ひんやりした火曜の朝は目を閉じて

私の息子がマルモダンスをおどっている。
私と妻は教えていないけれど、2歳だけど頑張って踊っている。
どこかでマルモの音楽が聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
保存したものをつけてあげると止まることなくずーっと見ている。
親だから、映像を見ているよりは本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりするほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

そよ風の吹く火曜の日没に散歩を
待ち合わせの時間つぶしに、花の美術館に入館して以来、あの場所に虜にされている。
意外だったのは、単独でゆっくり見にきている方も多かったこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、催し物がすごく以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物がとても海の見える横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品の展示がたくさんある。
彼は、有名な週刊誌、新潮の表紙を描いた人だ。
その他、日光にある、夢二美術館で大量のポスターを買った思い出も。
今までずっと、ミュージアムには日頃から魅力的な空間を過ごさせてもらっている。

汗をたらして体操するあの子と壊れた自動販売機

セミ鳴き声もやんだ夏の日の夜。
少年は家の縁側に座り、スイカを食べていた。
スイカをかじっては種を外に向けて吐き出していると、ときには種が遠くまで飛ばず、自分のお腹や胸に落ちる時もあった。
横に置いたかとり線香の匂いと、扇風機を浴びる暑い夜、それから口に広がるスイカの味。
少年はそんな事を感じながら、残りの夏休みは何をして遊ぼうか、と思っていた。

騒がしく叫ぶ弟とオレ
都内でも江戸の頃より有名な下町が、台東区にある浅草。
最も歴史のあるお寺が浅草寺だ。
つい近頃、参拝に行った。
久しく行く東京都の浅草。
一段と、自分自身の目でちゃんと確認して分かったのは、日本人じゃない観光客がたくさんいること。
世界中より旅行客の集まってくるここ浅草、少し以前よりどのように見ても増えた。
おそらく、世界で一番の電波塔である、スカイツリー完成の影響もあることは間違いない。
アジア諸国からは、羽田空港ハブ化に伴って便利になったという事から、プラスして、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来ているお客様が多数かもしれない。
ともかく、この先の未来も多くの外国人がやってくることを予想した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のあるご本堂が見える。
こちらの瓦屋根は、さびにくい性質を持つチタンを使用し、工事を行ったそう。
浅草寺で秘仏の観音様に日々の健康に感謝ししっかり御祈願してきた。
今年の頑張りが、いつか表れますように。

雨が降る月曜の日没は昔を思い出す

現在のネイルブースは、バイオなど、凄く難しい技が駆使されているようだ。
多少安くしてくれるインビテーションをいただいたのでサロンに向かった。
かなり、柄や雰囲気に対して、悩んでしまうので、決めるのに時間を使った。
薬指にちょっとネイルアートをしてもらって、その日はテンションが高くなれた。

悲しそうに口笛を吹く家族と穴のあいた靴下
タリーズコーヒーでも、マックカフェでもいろんな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、部屋でインスタントでも飲めるし、自動販売機で買う

私が好きなのがスターバックスコーヒーだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのは、煙の苦手な私にとってポイントが高い。
おかげで、コーヒーの匂いをより堪能できる。
値段も安いとは言えないが、最高の豆が使用されているのでコーヒー通にはたまらない。
甘いもの好きには毎回コーヒーとともに、ついついスイーツなど注文してしまうという落とし穴もある。

ラクダ

Copyright (C) 2015 乙女は泣いてはいられない All Rights Reserved.